介護保険料と納め方

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1007938  更新日 2022年5月11日

印刷大きな文字で印刷

介護保険料は、本人の属する世帯の課税状況と、本人の収入や所得をもとに算定します。
40歳〜65歳未満の人と、65歳以上の人では保険料の納め方などが異なります。

65歳以上の人

保険料

保険料は、本人の属する世帯の課税状況と、本人の収入や所得に応じて15段階に分かれます。

基準額(令和3年度~令和5年度) 年額70,680円(月額5,890円)

※保険料は、6月に送付する納入通知書でお知らせします。
6月以降に資格を取得した人(65歳到達・転入)については、その翌月にお知らせします。

特別徴収

保険料は、原則年金からの天引きの特別徴収となります。
ただし、次の人は、普通徴収となります。

  • 65歳になられたばかりの人
  • 転入されてきたばかりの人
  • 年金の年額が18万円未満の人
  • 年金を担保として、貸付けを受けている人 など

詳しくは、介護保険料の納め方をご覧ください。

普通徴収

普通徴収の人は、以下のいずれかの方法で納めていただきます。

1.納付書払い(金融機関・市役所窓口)

(1)取扱金融機関

 帯広信用金庫、みずほ銀行、北陸銀行、北海道銀行、北洋銀行、北海道労働金庫、帯広市川西農業協同組合、

 帯広大正農業協同組合、十勝信用組合、北見信用金庫、網走信用金庫、釧路信用金庫、ゆうちょ銀行

(2)市役所窓口

 帯広市役所、川西支所、大正支所

2.納付書払い(コンビニエンスストア)

詳しくは、「コンビニエンスストアの納付」のページをご覧ください。

3.スマートフォン決済

詳しくは、「スマートフォン決済アプリの納付方法」のページをご覧ください。

4.口座振替

詳しくは、「市税等の納付は便利で確実な口座振替にしませんか」のページをご覧ください。

40歳から65歳未満の人(第2号被保険者)

医療保険分とあわせて納めていただきます。

金額や納め方は、国保や政府管掌健康保険など医療保険によって異なります。
詳しくは加入されている医療保険にお問い合わせください。
(国保加入の人は「国保 保険料の納め方」のページをご覧ください)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するご意見・お問い合わせ

市民福祉部福祉支援室介護高齢福祉課
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4150 ファクス:0155-23-0163
ご意見・お問い合わせフォーム