新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1003149  更新日 2021年6月15日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少した場合などについて介護保険料の減免が受けられる場合があります。申請は郵送で可能です。感染拡大防止の観点から郵送での申請にご協力ください。

1 新型コロナウイルスの影響による減免の要件

次の要件1または要件2のいずれかに該当する方について、保険料の一部または全額を免除します。

  • 要件1
    新型コロナウイルス感染症により主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った世帯に属する65歳以上の方
  • 要件2
    新型コロナウイルス感染症の影響により主たる生計維持者の事業収入・給与収入・不動産収入・山林収入のいずれかが令和2年中に比べて10分の3以上減少した(減少見込みの)世帯に属する65歳以上の方

2 減免対象となる保険料

  • 令和3年度の保険料
  • 令和2年度の保険料であって、令和2年度末に資格を取得したこと等により令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に納期限が設定されている保険料

3 減免額

  • 要件1に該当する場合 全額免除
  • 要件2に該当する場合 次の『対象保険料額』に『減免の割合』を乗じた額
    • 『対象保険料額』=A×B÷C
       A 第1号被保険者(65歳以上)の保険料額
       B 生計維持者の減少が見込まれる収入に係る令和2年中の所得の合計額
       C 主たる生計維持者の令和2年中の合計所得金額
    • 『減免の割合』
      • 主たる生計維持者の令和2年中の合計所得金額が210万円を超える場合・・・10分の8
      • 主たる生計維持者の令和2年中の合計所得金額が210万円以下の場合・・・10分の10
      • 主たる生計維持者の事業廃止や失業等の場合(合計所得金額を問わず)・・・10分の10

4 必要書類

要件1に該当する場合

  • 傷病等を証明する診断書等の写し

要件2に該当する場合

  • 介護保険料減免申請書
  • 収入申告書
  • 令和3年中の収入を確認できるもの(売上台帳、給与明細書等の写し)
  • 事業廃止や失業したことを確認できるもの(廃業届、離職票等の写し)

※ 保険金、損害賠償等により補填されるべき金額がある場合は収入額に含みます。

※ 特別定額給付金や持続化給付金は、収入額(保険による補填等)には含みません。

5 対象外となる場合

以下のいずれかに該当する場合は減免の対象外となることがあります。

  • もともと年金所得のみの場合
  • 令和2年中と比較して10分の3以上の減少が見込まれる収入以外の前年所得の合計が400万円を超える場合
  • 令和2年中において、今回減少した収入に係る所得額が0円以下である場合
  • その他収入の減少が新型コロナウイルス感染症の影響でないことが明らかな場合
    (懲戒解雇、感染症流行以前の離転職など)

6 申請期日

令和4年3月31日までに申請してください。

7 申請方法

  • 申請前に帯広市介護高齢福祉課 総務・保険料係にお電話でご相談ください。
    お問い合わせ先 0155-65-4150(直通)
  • ご事情を伺い申請書や返信用封筒を送付しますので、必要書類を揃えて返送してください。

※ できるだけ窓口への来所はお控えいただき、郵送での申請にご協力をお願いいたします。

8 提出先

〒080-8670
帯広市西5条南7丁目1番地
帯広市役所 介護高齢福祉課 総務・保険料係 宛

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するご意見・お問い合わせ

市民福祉部福祉支援室介護高齢福祉課総務・保険料係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4150 ファクス:0155-23-0163
ご意見・お問い合わせフォーム