葬祭費の支給

Xでポスト
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002696  更新日 2021年9月24日

印刷大きな文字で印刷

後期高齢者医療制度に加入されていた人が亡くなられたとき、葬儀を行った人(喪主または施主)に「葬祭費」が支給されます。詳細については、北海道後期高齢者医療広域連合ホームページ「葬祭費とは?」をご覧ください。

還付金詐欺にご注意ください「医療費の払い戻しがあるのでATMを操作してください」という電話は詐欺です!

医療費の払い戻しにあたっては、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることはありません。
「医療費の払い戻しがあるのでATMを操作してください」という電話は詐欺です。
いったん電話を切り、市役所国保課(0155-65-4138)までご確認ください。
※詳細は「還付金詐欺にご注意ください」のページをご覧ください。

支給金額

被保険者が亡くなられたときは、葬祭を行った方に葬祭費3万円が支給されます。
なお、葬祭費は、北海道後期高齢者医療広域連合が口座へ振り込みします。振り込まれるまで1ヶ月~2ヶ月程かかりますので、あらかじめご了承ください。

申請方法

次のものを国保課窓口に持参し申請してください。

  • 亡くなられた方の後期高齢者医療保険証
  • 喪主または施主の口座がわかるもの(通帳など)
  • 葬儀を行った方の氏名を確認できるもの(会葬礼状、葬儀の領収書、新聞のお悔やみ記事などのうちいずれか1点)
  • 直系の相続人の口座がわかるもの(喪主または施主が直系の相続人であれば不要)
  • 手続きに来る方の本人確認ができるもの
    • 1点確認:公的機関で発行された、顔写真付きで名前+生年月日又は住所が明記されているもの。
      (運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、障害者手帳など)
    • 2点確認:公的機関で発行された、顔写真がないもので名前+生年月日又は住所が明記されているもの。
      (健康保険証、介護保険証、年金手帳、高齢受給者証、限度額適用認定証、健康保険資格喪失証明書など)
    • 葬儀執行者ではない方が葬祭費を受け取る場合:「委任状 」が必要です。

申請書は国保課窓口で配付します。また以下からもダウンロードできます。

申請の期限

葬儀を行った日の翌日から2年間です。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するご意見・お問い合わせ

市民福祉部健康保険室国保課給付係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4138 ファクス:0155-23-0152
ご意見・お問い合わせフォーム