香りのエチケットについて(化学物質過敏症)

Xでポスト
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1014181  更新日 2023年7月13日

印刷大きな文字で印刷

香りのエチケットについて

香り付きの洗剤や柔軟剤、シャンプー、芳香剤、香水など、私たちの日常生活にあふれている様々な香りは、生活に彩りをもたらし、気分を変え、時にはその場の雰囲気をつくることもあります。

しかしながら、香りの感じ方には個人差があり、自分にとっては良い香りでも、他の人は不快に感じている場合があります。

中には、柔軟剤や香水などに含まれるわずかな化学物質に対して反応を起こし、頭痛や咳、吐き気、めまい、だるさなどの症状(いわゆる、化学物質過敏症)で悩んでいる人もいます。

皆さんの身近にも、このような症状で苦しんでいる方がいるかもしれません。大勢の人が集まる場所や施設、乗り物等を利用する場合は、周囲への配慮をお願いします。

「香りのエチケット」啓発ポスター

  • 帯広市では「香りのエチケット」について多くの市民の皆様に知っていただくために、啓発ポスターを作成しました。ダウンロードの上、ぜひご活用ください。
  • 消費者庁、厚生労働省を含む関係各省が、香りへの配慮に関する啓発ポスターを作成しています。あわせてご活用ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するご意見・お問い合わせ

市民福祉部健康保険室健康推進課健康第1係
〒080-0808 帯広市東8条南13丁目1番地 帯広市保健福祉センター内
電話:0155-25-9721 ファクス:0155-25-7445
ご意見・お問い合わせフォーム