高齢者の肺炎球菌感染症予防接種

Xでポスト
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1004874  更新日 2024年4月1日

印刷大きな文字で印刷

高齢者の肺炎球菌ワクチンは、平成26年10月から定期接種の対象となりました。

定期接種の対象者

帯広市に住民登録があり、

これまでに23価肺炎球菌ワクチン(商品名:ニューモバックスNP)の接種を受けたことがなく、

接種日時点の年齢が、

(1)65歳の方

(2)60歳以上65歳未満で、心臓・腎臓・呼吸器・免疫機能に障害を有する方(障害等級1級またはそれに準じる方)

定期接種の費用(自己負担額)

2,900円
※上記対象者のうち、生活保護法による被保護者は、生活保護受給証明書を持参すると自己負担額が免除になります。接種前に証明書を必ずご用意ください。接種後の払い戻しはできません。

 

接種の際の持ち物

【共通】本人確認書類(氏名、住所、生年月日が確認できるマイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等)

【生活保護受給者】生活保護受給証明書

【対象者(2)に該当する方】身体障害者手帳等の障害の程度を確認できる書類

 

定期接種実施医療機関

※予約が必要な場合がありますので、事前に医療機関に確認してください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するご意見・お問い合わせ

市民福祉部健康保険室健康推進課地域保健係
〒080-0808 帯広市東8条南13丁目1番地 帯広市保健福祉センター内
電話:0155-25-9720 ファクス:0155-25-7445
ご意見・お問い合わせフォーム