児童手当 令和6年度制度改正について

Xでポスト
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1017578  更新日 2024年6月5日

印刷大きな文字で印刷

令和6年10月1日(12月支給分)から児童手当の制度が一部改正となる予定です。
詳細が決まり次第、このホームページでお知らせしますので、しばらくお待ちください。

制度の改正項目

現在、国において児童手当の制度改正に向けての動きが進められています。

制度改正の内容(予定)は、以下のとおりです。

1 所得制限の撤廃

2 高校生年代までの支給延長

3 多子加算について第3子以降3万円とする(※)

4 支払月を年3回から隔月(偶数月)の年6回とし、拡充後の初回振込を令和6年12月とする

(※)多子加算のカウント方法については、現在の高校生年代までの扱いを見直し大学生に限らず、22歳年度末までの上の子について、親等の経済的負担がある場合をカウント対象とする。

制度改正により請求が必要になる場合があります

請求が必要となる方の請求受付開始日、受付方法については、広報おびひろ、市公式ホームページ等で随時お知らせします。

時期 内容 備考
令和6年9月中旬 郵送による案内送付 請求が必要となる可能性のある方に請求書を同封
令和6年9月頃から 請求期間 一定期間の猶予期間が設定され10月分まで遡って支給対象となる見込みです

※公務員の方は所属庁で実施されます。

このページに関するご意見・お問い合わせ

市民福祉部こども福祉室こども課手当医療給付係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4160 ファクス:0155-23-0155
ご意見・お問い合わせフォーム