高齢者虐待について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009456  更新日 2022年5月20日

印刷大きな文字で印刷

 近年、家族や親族などが高齢者の人権を侵害する「高齢者虐待」が問題となっています。高齢者の中にはつらくても声を出せない人がいます。
 あなたの身近にもそんな人はいませんか?

高齢者虐待とは

 「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」では高齢者(65歳以上)の虐待について、家族などの養護者による虐待、または要介護施設従事者などによる虐待と定義しており、「身体的虐待」「介護・世話の放棄・放任」「心理的虐待」「性的虐待」「経済的虐待」の五つが挙げられます。

このような行為は虐待にあたります

虐待の類型

具体例

身体的虐待 叩く、つねる、殴る、蹴る、身体を拘束する
介護世話の放棄・放任 栄養失調の状態のままにする、異臭がするほど入浴させない
心理的虐待 怒鳴る、ののしる、悪口を言う、排せつ失敗に対して恥をかかせる
性的虐待 みだらな行為をしたり強要する、懲罰的に裸にして放置する
経済的虐待 本人のお金なのに使わせない、本人の意思に反して年金を使う

虐待かなと思ったらまずは相談を

 虐待に気付いた人は、市町村への通報義務があることが法律で定められています。虐待は、早期に第三者が介入することにより、深刻化を防ぐことができます。虐待かなと思ったら、一人で抱え込んだり悩んだりせずに、介護高齢福祉課や、地域包括支援センターにご相談ください。

※地域包括支援センターとは 

ケアマネジャーや保健師などが中心となって、高齢者やその家族を支える機関です。虐待の早期発見・防止や、介護・福祉・健康・医療など、さまざまな相談を受けたり、支援を行っています。
地域包括支援センター
お住まいの地域 センター名 住所 電話
鉄南圏域 帯広至心寮 帯広市西5条南30丁目19番地 0155-24-1150
東圏域 帯広至心寮(東) 帯広市東13条南6丁目1番地23 0155-66-4613
西圏域 帯広市社会福祉協議会

帯広市公園東町3丁目9番地1

グリーンプラザ内

0155-21-3292
川北圏域 帯広市社会福祉協議会(北)

帯広市西14条北1丁目1番地18

アディ14 A-1

0155-66-4535
広陽・若葉圏域 愛仁園

帯広市西16条南28丁目2番地1

0155-49-2338
西帯広・開西圏域 愛仁園(西) 帯広市西24条南1丁目33番地17 0155-61-1616
川西・大正圏域 帯広けいせい苑 帯広市川西町西1線47番地3 0155-53-4771
南圏域 帯広けいせい苑(南)

帯広市西5条南37丁目1番7号

0155-67-8437

※地域包括支援センターのホームページは下記、関連情報をご覧下さい。

高齢者が安心して暮らしていくために

 地域の皆さんの理解と支えがあれば、高齢者も介護する家族も、安心して自分らしい暮らしを続けやすくなります。 

 さりげない手助けや見守り、声掛けなど、ちょっとした勇気や優しさが、安全・安心なまちづくりにつながります。

帯広市高齢者虐待防止ネットワーク会議

 高齢者虐待の予防対策と早期発見、早期対応、再発防止対策等のため、関係する行政機関、民間団体等との緊密な連携と相互の協力によって高齢者虐待防止対策の促進を図ることを目的として設置しています。

 

このページに関するご意見・お問い合わせ

市民福祉部福祉支援室介護高齢福祉課高齢者福祉係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4145 ファクス:0155-23-0163
ご意見・お問い合わせフォーム