認知症サポーター養成講座

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1004989  更新日 2022年4月27日

印刷大きな文字で印刷

認知症を理解し、認知症の人とその家族を見守り応援者となる「認知症サポーター」を養成する講座です。
「認知症」は、誰でもなる可能性がある病気です。自らの問題であるという意識を持ち、自分たちは何ができるかを考えてみましょう。

認知症サポーターとは

認知症に対する正しい知識と理解を身につけた認知症の人やその家族の応援者です。
なにか特別なことをするのではなく、認知症の人や家族に対して温かい目で見守ることから始めます。サポーターが増えることで、認知症の人が地域で安心して暮らすための支えとなります。

サポーターの役割

  • 認知症を正しく理解し、偏見をもたない。
  • 認知症の人やその家族に対して温かい目で見守る。
  • 近隣の認知症の人やその家族に対して、自分なりにできる範囲でお手伝いを実践する。

サポーターになるには

認知症サポーター養成講座の受講で認知症サポーターになることができます。

  • 所要時間:1時間半程度
  • 内容:「認知症を理解する」「認知症サポーターとは」「身近な相談窓口」ということを分かりやすく説明します。

※講座受講者には、オレンジカードを差し上げています。また、企業の場合は希望がありましたら窓口や受付に貼付できるA4サイズのステッカーを差し上げています。

写真:認知症サポーターオレンジカード
オレンジカード
写真:認知症サポーターキャラバンステッカー
ステッカー

写真:講座受講者
講座を受講したおおたき歯科の職員や実習生の皆様。

認知症サポーター

ロゴ:サポーターキャラバン

帯広市の認知症サポーター数
累計23,811人(令和4年3月末現在)

認知症サポーター養成講座の開催日程・会場

日付

時間

会場

令和4年6月28日(火曜日)

午前10時~午前11時30分

緑栄福祉センター(西9南28) 集会室A・B・C

令和4年9月22日(木曜日)

午後1時30分~午後3時

帯広市図書館(西2南14) 多目的視聴覚室

令和4年10月15日(土曜日)

午前10時~11時30分

南町福祉センター(西15南36) 集会室A・B・C

令和4年12月15日(木曜日)

午後1時30分~午後3時

自由が丘福祉センター(自由が丘3) 集会室A・B・C

令和5年1月18日(水曜日)

午前10時~午前11時30分

緑西福祉センター(西17南4) 中集会室

令和5年3月6日(月曜日) 午後6時30分~午後8時 帯広市役所(西5南7) 10階第6会議室

※1回の受講でサポーターになることができます。 

定員

各回先着15名

申し込み

各開催日の2日前まで申込みを受け付けます。申込みは地域福祉課地域包括ケア係(電話 0155-65-4113)まで。
また、広報にも募集記事を掲載します。

認知症サポーター養成講座を開催することができます

どなたでも、認知症サポーター養成講座を開くことができます。
地域の集まり(町内会、老人会、女性部、PTAなどの会合など)のほか、民生委員の集まりやボラ ンティアグループなど、市民の皆さんが主催する催しに、講師が出向いて実施します。また、企業の研修として実施していだくことも可能です。

認知症サポータ養成講座開催の様子

写真:認知症サポータ養成講座開催の様子1

写真:認知症サポータ養成講座開催の様子2

北海道帯広三条高等学校3年生が認知症サポーター養成講座を受講しました。対応例を見て、学生同士でどのような関わりがよいか話し合いも行いました。

写真:認知症サポータ養成講座開催の様子3
フコク生命帯広支社で開催。
写真:認知症サポータ養成講座開催の様子4
北海道社会事業協会 帯広看護専門学校で開催。

写真:認知症サポータ養成講座開催の様子5
北海道理容生活衛生同業組合帯広支部で開催。
写真:認知症サポータ養成講座開催の様子6
寸劇をとおして認知症の方への対応を説明しました。

写真:認知症サポータ養成講座開催の様子7
帯広消防署職員の皆様と認知症高齢者の方への接し方などを学びました。

対象

  • 町内会、老人会、民生委員等、地域住民の集まりで、おおむね10名以上
  • 小学校(高学年)、中学校、高校、大学および教職員
  • 事業者、会社等の団体

開催時間・場所

原則、平日9時〜17時の、1時間半程度です。(祝日除く。)
土曜日、日曜日、夜間については、相談に応じます。
開催場所は市内に限ります。

会場の手配

会場の手配や会場費負担、参加者への通知などにつきましては主催者側でお願いします。

講師料

無料

申し込み

開催予定日の1ヶ月前までに、担当地区の地域包括支援センターにお申込みください。

担当地区の地域包括支援センターがわからない場合は、以下の申込書に必要事項を記入し、地域福祉課地域包括ケア係までお申込みください。

担当地区

地域包括支援センター

所在

電話

東、鉄南 帯広至心寮 帯広市西5条南30丁目 0155-24-1150
川北、西 帯広市社会福祉協議会 帯広市公園東町3 0155-21-3292
広陽・若葉、開西・西帯広 愛仁園 帯広市西16条南28丁目 0155-49-2338 
南、川西・大正 帯広けいせい苑 帯広市川西町西1線47番地 0155-53-4771

地域包括支援センターの所在や担当圏域など詳細は「地域包括支援センター」をご覧ください。 

申込み時にお尋ねする事項

以下の事項についてお尋ねしますので、事前に準備をお願いします。

  1. 団体名
  2. 代表者氏名と連絡先(電話・Eメールなど)
  3. 開催日程( 年 月 日 曜日 ○時から○時)
  4. 会場名(住所・電話)
  5. 予定人数
  6. 講座に関する希望

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するご意見・お問い合わせ

市民福祉部地域福祉室地域福祉課地域包括ケア係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4113 ファクス:0155-23-0158
ご意見・お問い合わせフォーム