緊急通報システム

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1004977  更新日 2020年12月14日

印刷大きな文字で印刷

自宅で急に体調が悪くなったり緊急の事態が発生したときに、通報装置のボタンを押すと、24時間体制で助けを求めることができるサービスです。

通報装置の種類

通報装置は、携帯電話型(位置情報付)です。

サービス内容

  • ボタンひとつでコールセンターに発信できます。
  • 24時間、専門の職員が対応します。
  • 急病などのときは救急車の手配をするほか、入院等の情報をご家族にも連絡します。
  • 月に1回程度「お元気コール」があり、健康状態などを確認します。
  • 健康相談や話し相手のサービスが受けられます。

対象者

次のいずれかに該当する方が対象になります。

  • 65歳以上のひとり暮らしで、身体上日常生活に注意を要する方
  • 65歳以上の高齢者のみの世帯で、ねたきり及び認知症の人を病弱な高齢者が介護している世帯

自己負担

  • 当初の設置費用は無料。ペンダント型と据置型は、転居による移設費用は利用者負担(1回1万3千円程度)
  • 通報装置に関わる通話料金は無料
  • 機器類を破損または紛失したときは、かかる費用を自己負担していただきます。

申請方法

利用の流れは次のとおりです。登録は初年度のみです。

  1. 市役所介護高齢福祉課に利用の希望についてご連絡ください。
  2. お住まいの区域にある地域包括支援センター職員がご家庭を訪問して生活状況をお聞きし、ひとり暮らし登録またはねたきり・認知症登録を行うとともに、申請のお手伝いをします。
    ※平成28年度までは市職員(訪問指導員)がご家庭を訪問していましたが、平成29年度より地域包括支援センター職員による訪問に変わりました。
  3. 審査して利用登録の可否を決定し、登録された人に緊急通報装置を設置します。

このページに関するご意見・お問い合わせ

市民福祉部福祉支援室介護高齢福祉課高齢者福祉係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4145 ファクス:0155-23-0163
ご意見・お問い合わせフォーム