市・道民税の申告受け付け(令和3年4月15日まで延長)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002482  更新日 2021年2月25日

印刷大きな文字で印刷

市民税課では令和3年度の市・道民税の申告を受け付けます。
期間内に申告をお願いします。

新型コロナウイルス等の感染拡大防止対策については、以下のページをご覧ください。

市・道民税の申告期間を延長します

新型コロナウイルス等の感染拡大防止等の観点から、市・道民税の申告期間を4月15日(木曜日)まで延長します。
3月16日(火曜日)から3月31日(水曜日)の申告会場につきましては、引き続き 市庁舎1階 市民ホールになります。
4月1日(金曜日)以降の申告会場につきましては、 市庁舎2階 市民税課になりますので、ご注意ください。
詳しくは、下記「申告受付期間・受付場所」をご覧ください。

※令和3年3月16日(火曜日)以降に申告書を提出した場合、その内容を市民税・道民税の当初決定通知に反映できない可能性があります。その場合、改めて変更通知を送付させていただくことになりますので、ご了承ください。

市・道民税の申告

受付期間

写真:市・道民税の申告

令和3年2月8日(金曜日)~4月15日(木曜日)
8時45分~16時30分 (土曜日、日曜日、祝日を除く)
 

受付場所

  • 2月8日から3月31日 市庁舎1階 市民ホール
  • 4月1日から4月15日 市庁舎2階 市民税課
    (担当:市民税課、0155-65-4120)

申告が必要な人

1月1日現在市内に住んでいて(住民登録に関係なく実際に帯広市内に住んでいた人)、次のいずれかに該当する人です。

  1. 所得税のかからない人で、給与所得以外の所得がある人
  2. 所得税のかからない給与所得者及び年金所得者で、雑損控除、医療費控除、各種所得控除を受けようとする人
  • ※ただし、所得税の課税対象となる人や、所得税の還付を受けようとする人につきましては、確定申告になりますので、市・道民税の申告は不要です。
  • ※国民健康保険や後期高齢者医療制度に加入されている人は、収入がなくても、保険料算定のため申告が必要となる場合があります。

申告が不要な人

勤務先で年末調整をしていて、他の所得や所得控除がない人、または、税務署で所得税の確定申告をする人

申告に必要なもの

  • 印鑑(代理の方が申告する場合はその方の印鑑も必要)
  • 申告書が送付された人は申告書

所得の分かる次のもの

(令和2年年1月1日から12月31日までの全ての収入)

  • 給与収入・公的年金収入のある人
    給与・公的年金の源泉徴収票または給与明細
  • 事業・不動産等の収入のある人
    収入および必要経費などの明細がわかる帳簿や書類

申告で各種控除を受ける場合に必要なもの

  • 社会保険料控除
    国民健康保険料、後期高齢者医療保険料、介護保険料、国民年金保険料などの納付確認書・控除証明書・領収書
  • 生命保険料控除・地震保険料控除
    控除証明書
  • 医療費控除
    医療費の明細書または領収書(平成30年度から提出資料が明細書になり、領収書はご自身で5年間保管していただく必要があります。令和2年度までは経過措置により領収書での申告もできます。)
    ※申告時に「医療費のお知らせ」(原本)を添付すると明細書の記入を省略できます。お手持ちの「医療費のお知らせ」が申告に使用できるかは各保険者にお問合せください。
  • 医療費控除特例(セルフメディケーション税制)
    「健康診断や予防接種等一定の取組」を行ったことを証明するものおよび、明細書または特定一般用医療品等の領収書
    ※健(検)診の証明書には氏名、受けた年、保険者や医師の署名、領収書には控除の該当である明記がされているものが必要です。
  • 障害者控除
    障害者手帳または障害者控除対象者認定書
    ※扶養親族が国外居住の場合は、海外居住がわかるもの(パスポートなど)・送金などがわかるもの(クレジットカードの明細など)が必要になります。
    詳しくは国税庁のホームページ、「国外居住親族に係る扶養控除等の適用について」より確認ください。

マイナンバーの記載にご協力ください。

平成29年度市民税・道民税・国民健康保険料の申告書より、マイナンバーの記載欄が設けられました。
また、マイナンバーの確認及び身元の確認を行います。なお、本人または代理人が窓口や郵送による申告など、
申告書の提出方法によって確認方法が異なります。

本人が申告する場合

  • 番号確認書類…マイナンバーカード(裏面)、通知カード(氏名、住所等が住民票と一致して最新になっているもの)、住民票(マイナンバー記載のもの)などいずれか1点
  • 代理人の身元確認書類…マイナンバーカード(表面)、帯広市郵送の印字済申告書、運転免許証などいずれか1点
  • 郵送による申告の場合…上記の確認書類のコピーを1点ずつ

代理人が申告する場合

  • 本人の番号確認書類…マイナンバーカード(裏面)、通知カード(氏名、住所等が住民票と一致して最新になっているもの)、住民票(マイナンバー記載のもの)などいずれか1点
  • 代理人の身元確認書類…マイナンバーカード(表面)、帯広市郵送の印字済申告書、運転免許証などいずれか1点
  • 代理権確認書類…帯広市郵送の印字済申告書、委任状、税務代理権限証書などいずれか1点
  • 郵送による申告の場合…上記の確認書類のコピーを1点ずつ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するご意見・お問い合わせ

政策推進部税務室市民税課市民税係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4120 ファクス:0155-23-0154
ご意見・お問い合わせフォーム