転籍届(本籍を移すとき)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002431  更新日 2020年12月14日

印刷大きな文字で印刷

帯広市以外の市区町村から転籍するときは戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)が必要です。

届け出の期間

なし(届け出た日から効力が発生します)

届け出をする人

戸籍の筆頭者および配偶者

必要なもの

  • 転籍届書
  • 戸籍謄本(戸籍全部事項証明書) ※帯広市内で転籍するときは必要ありません。
  • 届出人の印鑑(筆頭者と配偶者別々の印鑑)

届け出地

次のいずれかです。

  • 現在の本籍地、住所地または所在地
  • 新しい本籍地、住所地または所在地

ご注意ください

  • 新しい本籍地を設定するとき、土地の表示(番地)または、住居表示区域では「街区符号(番)」も使うことができます。詳しくはお問い合わせください。
  • 届出の際、すでに除籍になっている方は、新しい戸籍に記載されません。ただし、筆頭者が除籍の場合は、名のみ記載されます。
  • 筆頭者および配偶者でない方が本籍を移したいときは「分籍届」ができますが、いったん分籍届を提出すると再び元の戸籍には戻ることができませんのでご注意ください。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するご意見・お問い合わせ

総務部総務室戸籍住民課戸籍係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4142 ファクス:0155-27-0326
ご意見・お問い合わせフォーム