帯広市環境基金

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1003699  更新日 2022年3月30日

印刷大きな文字で印刷

環境基金創設の背景 帯広市環境モデル都市行動計画 5本柱の1つ「エコなくらし」

低炭素化社会の実現に向けて、帯広市は中長期CO2削減目標を定め、5つの視点と将来像を掲げました。その1つの視点である、「エコなくらし」の取り組みとして、環境基金は創設されました。

本基金は、環境モデル都市推進協議会、帯広市民エネルギー基金分科会における検討結果を受け、平成22年7月1日施行の帯広市環境基金条例に基づき設立されました。
新エネ・省エネの取り組みを推進し、環境対策の費用に充てることを目的としています。

環境基金の仕組み

本基金は、市の取り組みや企業や個人からの寄付を積み立てた基金を取り崩して、環境活動を支援することにより「資金循環」を実施しています。

基金の積立

(1)市の取り組み

CO2削減の認証(クレジット化)

帯広市は、以下の事業で達成されたCO2排出削減効果をクレジット化し、
国内クレジット、Jークレジット制度を利用して承認を受けたクレジット売却益を、環境基金に積み立てました。 

  • ESCO事業(市庁舎・とかちプラザ)(平成21年度、平成23から25年度)
  • 道路・コミュニティーセンター照明の省エネ化(平成25年度)
  • 帯広の森市民プールへの地中熱ヒートポンプの設置(平成25年度)
  • 一般家庭への太陽光発電の設置(平成28から令和3年度)
公共施設省エネ化事業

平成23年度から、公共施設の省エネ設備導入による光熱費の削減分の一部を基金に積み立てています

太陽光発電事業用貸地

平成25年度から、太陽光発電事業用貸地料収入の50%を基金に積み立てています。

(2)企業・個人からの寄附

環境基金は市の取り組みにより確保した財源の他にも、企業・個人様からいただいた寄附金を積立の財源としています。
環境基金への寄附は、市民の皆様が気軽に参加できる環境活動の一つとなっています。

寄附受納状況

令和3年(1月から12月)にお寄せいただいた寄附の状況をお知らせいたします。
たくさんのご支援をありがとうございました。

基金の取崩し

環境活動の支援

市の取り組みによる積立金、そして企業・個人様よりいただいた寄附金をもとに、環境基金は現在までに、主に以下の取り組みを支援するために使用されています。

  • 各種の環境活動をサポート
  • 省エネ啓発チラシの作成(平成26年度~)
  • 新エネルギー設備の導入をサポート→新エネルギー導入促進補助事業(平成27年度~)
  • 自然環境保全事業(平成28・29・令和元年度~)
  • 環境保全連携促進事業(令和元年度)

帯広市環境基金寄附金の申込み方法について

現在、帯広市では環境基金への寄附金を募集しています。地球温暖化対策の推進をはかり、帯広市全体の環境活動をさらに発展していくため、皆様のご支援をお待ちしております。
帯広市環境基金への寄附の方法などにつきまして、詳しくは下記までお問合せください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するご意見・お問い合わせ

都市環境部環境室環境課環境保全係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4135 ファクス:0155-23-0159
ご意見・お問い合わせフォーム