帯広の森づくり40周年記念 ティーチ・イン

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002939  更新日 2020年12月14日

印刷大きな文字で印刷

写真:帯広の森づくり40周年記念 ティーチ・イン

帯広の森づくりが始まり40周年を迎えます。

市民植樹祭や市民育樹祭などにより、市民の手で植え、育てられた樹木が大きく成長してきました。帯広の森は、人の手によって作られた森ではあるものの、古くから綿々と引き継がれてきた豊かな生物多様性が残された場所とのつながりによって、自然度の高い森林らしい景観を形成している場所も増えてきました。

また、森の成長とともに拠点施設である「帯広の森・はぐくーむ」や、園路などの施設整備も進み、市民の憩いや癒しの場などとして、帯広の森は本格的な利活用のステージを迎えます。

この40年の節目に、多くの市民の皆さまとともに、これまでの帯広の森づくりを振り返るとともに、100年計画で進められている帯広の森の未来の姿を思い描くため、記念ティーチ・インを開催しました。

ティーチ・イン

  • 2014年11月30日(日曜日)
  • 午後2時〜
  • ホテル日航ノースランド帯広
  • 帯広市西2条南13-1
  • 入場無料
  • 申し込み
    ※お申し込みの受付は終了しました。

タイムテーブル

  • 午後2時~ 開会
    • 帯広市長あいさつ
    • 帯広の森40周年記念事業実行委員会委員長あいさつ
  • 午後2時10分~ 情報提供
    • 帯広の森づくりの概要
    • 日本自然保護協会の取り組み 講師・高川晋一氏
  • 午後2時50分~ ティーチ・イン
    講師や帯広の森に関係するスピーカー、会場の参加者とともに帯広の森の将来、市民との関わりなどについて討論します。
  • 午後4時20分~ 閉会

講師紹介

写真:講師
高川晋一氏

公益財団法人日本自然保護協会保全研究部 農学博士(保全生態)
公益財団法人日本自然保護協会保全研究部に在職。東京大学農学生命科学研究科にて博士号を取得後、2006年4月より現職。主にモニタリングサイト 1000里地調査をはじめとした市民による里山のモニタリング調査の運営・普及や、都市近郊の里山の保護問題に取り組む。専門は保全生態学。

このページに関するご意見・お問い合わせ

都市環境部環境室みどりの課みどりと花の係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4186 ファクス:0155-23-0159
ご意見・お問い合わせフォーム