東日本大震災関係 市民の方へ

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002386  更新日 2021年1月27日

印刷大きな文字で印刷

被災地からの住民の受け入れ

被災地からの住民の受け入れ人数(平成28年3月11日現在)

被災各県から帯広市内に来られている人数です。(※総務課防災係に相談のあった件数です。)

避難元の県 岩手県

  • 帯広市に来られた方:3件 8人
  • 既に帯広市を離れられた方:2件 4人
  • 現在帯広市にお住まいの方:1件 4人

避難元の県 宮城県

  • 帯広市に来られた方:9件 22人
  • 既に帯広市を離れられた方:4件 11人
  • 現在帯広市にお住まいの方:5件 11人

避難元の県 福島県

  • 帯広市に来られた方:23件 71人
  • 既に帯広市を離れられた方:18件 58人
  • 現在帯広市にお住まいの方:5件 13人

避難元の県 千葉県

  • 帯広市に来られた方:3件 8人
  • 既に帯広市を離れられた方:1件 2人
  • 現在帯広市にお住まいの方:2件 6人

避難元の県 東京都

  • 帯広市に来られた方:1件 2人
  • 既に帯広市を離れられた方:1件 2人
  • 現在帯広市にお住まいの方:0件 0人

合計

  • 帯広市に来られた方:39件 111人
  • 既に帯広市を離れられた方:26件 77人
  • 現在帯広市にお住まいの方:13件 34人

帯広市の支援の取り組み

義援金の受付

帯広市では、東日本大震災の被害が甚大かつ広範囲に及んでいることから、皆さまからの義援金を「東日本大震災義援金」として、次のとおり受け付けております。お預かりした義援金については、日本赤十字社を通じて被災者に届けられます。

今後とも皆様のご協力をお願いいたします。

写真:募金箱

  • 日本赤十字社
    【郵便振替】
    • 義援金の名称 「東日本大震災義援金」
    • 口座番号 「00140-8-507」
    • 口座名義 「日本赤十字社 東日本大震災義援金」
      ※郵便局窓口での取り扱いの場合、振替手数料は無料です。
      ※半券をもって受領証を兼用します。
  • 募金箱設置場所
    総合案内(市庁舎1階)

義援金受付状況(平成28年3月11日現在)

日本赤十字社帯広市地区受付分

491,000,859円
日本赤十字社北海道支部へ送金しております。
※平成28年3月31日まで受け付けております。(1年間再延長となりました。)

帯広市共同募金委員会受付分

18,638,323円
(社)北海道共同募金会へ送金しました。
※受付は平成26年3月31日をもって終了しました。

ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます

支援物資

市民の皆様からの支援物資の提供

東日本大震災における被災者の生活を支援するため、市民・企業の皆さまから被災地に対する支援物資を受け付けたところ、800人を越える市民の皆さまからご協力をいただきました。

物資の受け入れと仕分けには多くの市民ボランティアの方々にご協力いただき、提供いただいた物資は、平成23年4月13日に出発した職員派遣隊が宮城県南三陸町をはじめとする被災地にお届けしました。

皆さまからのたくさんのご支援、誠にありがとうございました。

写真:支援物資の受け入れの様子

写真:支援物資

市からの支援物資の提供

おびひろ極上水(ペットボトル)9960本、毛布1000枚、非常用乾燥米3000食、簡易トイレ60個を北海道を通じて、被災地に支援。
食料品、調味料、使い捨て食器等を宮城県南三陸町に支援。

平成23年12月7日

市内で生産された、じゃがいも、長いも、豆などの農産物およそ3トンを、福島県浪江町の方が避難している二本松市に支援。

写真:JR貨物

写真:農産物が入った支援物資

平成23年12月15日

仮設住宅や集会場で使用するための除雪道具(スコップ124本)を、福島県浪江町の方が避難している二本松市に支援。

写真:スノーブッシャーの箱を持った方

写真:スノーブッシャーを手に持つ方

平成23年12月19日

仮設住宅や在宅被災者が使用するための暖房器具(電気カーペット60枚)を、宮城県多賀城市に支援。

平成24年2月10日

福島県浪江町の方が避難している二本松市の小学校のみなさんから、お届けした農産物のお礼が届きました。

写真:ボードに飾られたお礼の手紙1

写真:ボードに飾られたお礼の手紙2

人的支援

緊急消防援助隊派遣(派遣先/宮城県石巻市)

  • 救急隊 隊員3人、高規格救急車1台 平成23年3月16日~3月22日
  • 消火隊 隊員5人、消防車1台 平成23年4月1日~4月7日

応急給水隊(派遣先/宮城県仙台市)

  • 第1班 職員2人、帯広管工事業協同組合2人 平成23年3月21日~3月30日
  • 第2班 職員2人、帯広管工事業協同組合2人 平成23年3月26日~4月4日
  • 第3班 職員2人、帯広管工事業協同組合2人 平成23年4月1日~4月10日

職員派遣隊(派遣先/宮城県南三陸町)

  • 職員3人、帯広建設業協会1人 平成23年4月13日~4月19日
    市民から提供いただいた物資の運搬と、避難所の支援業務。

建築物応急危険度判定士(派遣先/宮城県多賀城市)

  • 職員1人 平成23年4月17日~4月22日

応急仮設住宅 設計・施工監理業務(派遣先/宮城県仙台市ほか)

  • 職員1人 平成23年6月15日~6月30日
  • 職員1人 平成23年6月30日~7月16日

被災地現状視察、被災自治体訪問(派遣先/宮城県、宮城県仙台市、東松島市ほか)

  • 市長 他職員4人 平成23年7月11日~7月12日 (一部7月9日~7月15日)

保健師(派遣先/福島県二本松市ほか、福島県浪江町を支援)

  • 職員1人 平成23年10月10日~10月25日
  • 職員1人 平成23年10月23日~11月8日

一般事務職(派遣先/福島県郡山市)

  • 職員1人 平成23年11月13日~11月26日

一般事務職(派遣先/宮城県名取市)

  • 職員1人 平成24年10月1日~12月31日
  • 職員1人 平成25年1月1日~3月31日
  • 職員1人 平成26年1月1日~12月31日
写真1
緊急消防援助隊
写真2
応急給水隊
写真3
職員派遣隊出発式
写真4
被災地での物資受け入れ

震災関係の情報提供

東日本大震災に便乗した詐欺にご注意ください

東日本大震災に便乗して、実在する団体の名前をかたり、被災者支援の募金などと称して特定の口座に振り込ませようとするなどの詐欺事件や、市職員を装い耐震補強工事を勧めるなどのトラブルが発生しています。市職員が戸別訪問して義援金を募ったり、耐震補強工事を勧めることはありません。
不審な場合は警察へ通報、相談してください。

東日本大震災対策 関連中小企業者等金融・経営相談窓口の設置

東日本大震災の影響を受けた市内の中小企業等の早期復旧と経営安定化を図るために、金融・経営相談窓口を設置しています。

問合せ先:市庁舎7F 商工観光部 商業まちづくり課 電話0155-65-4165

その他関連情報

このページに関するご意見・お問い合わせ

総務部危機対策室危機対策課危機対策係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4103 ファクス:0155-23-0151
ご意見・お問い合わせフォーム