資源ごみの持ち去りについて

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002782  更新日 2020年12月14日

印刷大きな文字で印刷

ごみステーションに排出された資源ごみから新聞や缶類などを持ち去る行為について、多くの方からご意見をいただいています。

帯広市では市とその委託業者以外の者が、ごみステーションから資源を持ち去る行為は認めていません。

市と市民の皆さまの協働で、持ち去りのしにくい環境をつくることも必要と考えていますので、ご協力をお願いします。

資源ごみの持ち去りに関する市の取組

  • 町内会などでの資源集団回収の促進
  • 市職員によるパトロールの実施
  • 持ち去り行為者に対する直接指導

※ このほかにも、下記の取組を試行的に実施しています。

  • ごみステーションなどへの持ち去り行為禁止の表示
  • 持ち去り行為に対する警告用シールの配布

市民の皆さまへのお願い

  • 家庭から出る新聞や缶類など有価で取引される資源は、できる限り町内会などの資源集団回収にお出しください。(ごみステーションに出す資源ごみを減らすことが、より効果的な持ち去り対策になります。)
  • 資源の持ち去り行為を見かけたときは、時間、場所、車のナンバー等を清掃事業課までご連絡ください。パトロールの際の貴重な情報として活用させていただきます。
  • 資源の持ち去り行為を見かけたときの声かけは、危険を伴う場合があります。持ち去り行為者に対して直接声をかけたりすることはおやめください。

このページに関するご意見・お問い合わせ

都市環境部環境室清掃事業課指導係
〒080-2464 帯広市西24条北4丁目1番地
電話:0155-37-2311 ファクス:0155-37-2313
ご意見・お問い合わせフォーム