ヒグマの出没に注意!

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1003094  更新日 2022年8月26日

印刷大きな文字で印刷

令和4年度ヒグマ出没最新情報

令和4年8月12日と16日の、つつじが丘霊園内にてヒグマの糞を発見したとの通報につきましては、

帯広市鳥獣被害対策実施隊が霊園内や周辺を調査した結果、新たな痕跡が発見されなかったことから、26日(金曜日)17時30分をもちまして調査を終了いたしました。

今後、新たな情報等が得られましたら、改めて調査いたします。

令和4年度ヒグマ出没情報一覧

令和4年度ヒグマ出没情報
No 日時 場所 内容
1

令和4年4月22日 午前4時50分頃

帯広市拓成湖周辺

 

ヒグマ1頭目撃
2 令和4年8月12日 午後2時00分頃 帯広市つつじが丘霊園 ヒグマの糞発見
3 令和4年8月16日 午後2時15分頃 帯広市つつじが丘霊園 ヒグマの糞発見

 

ヒグマの出没に注意!

岩内や拓成、八千代方面の山間部には、ヒグマが生息しています。また、時折、農村部においても目撃や足跡、食害等の情報があります。野山に入り、ヒグマの足跡やフンなどの痕跡を見つけたら、速やかにその場から離れるようにしてください。

4月から11月まで、ヒグマは場所と日時に関係なく出没しますので、農作業や山菜採り(キノコ採り)などで、外出する際には十分注意し、ヒグマと出会わないように鈴やラジオ等で音を立てて、なるべく単独行動はやめましょう。

みなさまのご協力をお願いします。

令和3年度のヒグマの目撃、足跡情報は、下記の添付ファイルをご覧ください。

住民の皆様の安全確保や人身事故、農業被害の軽減を図るため、帯広市鳥獣被害対策実施隊(北海道猟友会帯広支部所属のハンターにて構成)による定期パトロールや情報収集に努めています。

また、ヒグマの目撃や足跡情報があった際は、臨時で調査活動や周辺パトロールを実施しています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するご意見・お問い合わせ

農政部農政室農村振興課林業振興係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4173 ファクス:0155-23-0160
ご意見・お問い合わせフォーム