多重債務になってしまったら

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002416  更新日 2020年12月14日

印刷大きな文字で印刷

多重債務になってしまったとき、債務を整理する方法は次のようなものがあります。

任意整理

借り主と貸し主が話し合いで返済方法や返済金額を決め直し、支払いを継続する方法です。
利息制限法の制限金利を超えている場合は利息を再計算して、支払うべき金額を確定します。一般的に弁護士や司法書士に依頼して整理してもらうことが多いです。

特定調停

債務整理の合意を簡易裁判所の調停手続きを利用して行う方法です。
調停委員が、借り主と貸し主の間に立って利息の再計算を行い、支払うべき金額を確定し、借り主の収入の範囲の中で分割または一括で返済することで和解します。

個人再生手続き

一定の収入のある債務者が、多額の借金のために支払不能になりそうな場合、債務元金を減額した上で3年程度返済することにより、残りの債務が免除される制度です。
住宅ローンがある場合、住宅ローンを払い続けることで住宅を手放さなくてもすみます。

自己破産

支払い不能になった場合は、地方裁判所に自己破産の申し立てをします。
土地や建物などの資産がある場合は、お金に換えて債権者に配当します。
免責の手続きを終わると支払いが免除されます。
ただし、借金の原因がギャンブルや遊興費などの場合は免除されません。

相談窓口

多重債務は必ず解決できます。一人で悩まず、まずは相談してください。

  • 帯広市消費生活アドバイスセンター 電話0155-22-8393
  • 市民相談室 電話0155-65-4200

日本司法支援センター(法テラス釧路) 電話0570-078374

※日本司法支援センター(法テラス)とは

  • 平成18年4月に総合法律支援法に基づいて設立した政府全額出資の法人です。
  • 法的トラブルをかかえた人に、解決へのきっかけとなる情報やサービスの提供を行います。

北海道財務局(多重債務者無料相談窓口) 電話011-807-5144

このページに関するご意見・お問い合わせ

経済部商業労働室商業労働課労働消費係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4132、0155-65-4168 ファクス:0155-23-0172
ご意見・お問い合わせフォーム