ZOOレター 令和元年度

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1006462  更新日 2020年12月14日

印刷大きな文字で印刷

フラミンゴ 広報おびひろ令和元年12月号

写真:フラミンゴ1
園長賞 takaya_p03さん提供

フラミンゴは、生まれた時は灰色で、餌のプランクトンや藻に含まれる色素を取り込むことで、ピンクや紅色といった鮮やかな色に変わります。
そんなフラミンゴが、10月にピンクリボン大使に任命されました。フラミンゴを見ながら乳がんについて理解を深めてみてはいかがでしょうか?


写真:フラミンゴ2
2axsl.pppさん提供
写真:フラミンゴ3
calpiparisさん提供
写真:フラミンゴ4
Riho Fさん提供

アメリカビーバー 広報おびひろ令和元年10月号

写真:アメリカビーバー1
園長賞 p3hy1qさん提供

野生のビーバーは木をかじり倒し、川にダムや巣を作ります。動物園のビーバーたちも、自分たちの住家に枝や木を敷き詰め、巣を作ろうとします。中にはビーバーが持って運んだとは思えないくらい大きな木もあり、ビーバーたちのパワーに驚かされます。


写真:アメリカビーバー2
12345katsuraさん提供
写真:アメリカビーバー3
mimu_mfさん提供
写真:アメリカビーバー4
ringo_1301さん提供

エゾタヌキ 広報おびひろ令和元年8月号

写真:エゾタヌキ1
園長賞 takehiro.1さん提供

モフモフした冬毛からスラリとした夏毛に移り変わったタヌキたち。野生のエゾタヌキを見ることは難しく、タヌキの姿を知らない人も多いと思います。ぜひ、2頭が仲睦まじく暮らしている様子をご覧ください。


写真:エゾタヌキ2
yqa_tさん提供
写真:エゾタヌキ3
m8131iさん提供

アミメキリン 広報おびひろ令和元年6月号

写真:アミメキリン1
園長賞 12112honokaさん提供

今年もメープルの健康管理のために採血や削蹄をするトレーニングが始まりました。飼育員とメープルが奮闘中です。見かけたら静かに見守ってくださいね。


写真:アミメキリン2
おもちさん提供
写真:アミメキリン3
polarbearさん提供
写真:アミメキリン4
kawasemanamiさん提供

インドゾウ 広報おびひろ平成31年4月号

写真:インドゾウ1
園長賞 2axsl.pppさん提供

高齢になった「ナナ」にとって、冬の寒さは身に沁しみましたが、冬が終わって、段々と暖かくなり、活動するようになってきました。
動物園は4月27日から夏期開園です。暖かな日差しを浴びて伸び伸びと過ごすナナに、今年も会いに来てください。


写真:インドゾウ2
2axsl.pppさん提供
写真:インドゾウ3
2axsl.pppさん提供
写真:インドゾウ4
takaya_p03さん提供

このページに関するご意見・お問い合わせ

生涯学習部生涯学習文化室動物園管理係
〒080-0846 帯広市緑ヶ丘2番地
電話:0155-24-2437 ファクス:0155-24-2439
ご意見・お問い合わせフォーム