秋のリサイクルまつり

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002805  更新日 2020年12月14日

印刷大きな文字で印刷

今年(令和2年)の「第27回秋のリサイクルまつり」は、実行委員会で協議した結果、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために中止することになりました。

以下は、これまでに開催した「秋のリサイクルまつり」の概要です。

写真:青空フリーマーケット

写真:古布・古紙回収

写真:使用済小型家電回収

写真:ダンボールコンポスト

写真:ごみ収集車の乗車体験

写真:野菜市・食べ物販売

秋のリサイクルまつりでは3Rを推進しています

3RとはReduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の3つの頭文字をとった言葉です。
ごみの排出量を減らし、ものを繰り返し使い、資源や製品として再び利用することで、環境に配慮した循環型社会を構築するためのキーワードです。
秋のリサイクルまつりでは、この3Rを促進するためのイベントを実施しています。

イラスト:3Rのイメージ

Reduce : ごみになるものを減らす

関連イベント

生ごみ減量についてのパネル展示/ダンボールコンポストの展示・お試しキットの無料配布/生ごみ堆肥化容器・電動生ごみ処理機の展示・助成受付/食品ロスについてのパネル展示/フードドライブ/ディスポーザの展示・実演

Reuse : 同じものを繰り返して使う

関連イベント

青空フリーマーケット/古布・古着の回収

Recycle : 資源ごみをもう一度生まれ変わらせて使う

関連イベント

圧縮した資源物・リサイクル品の展示/パソコン・携帯電話の回収/使用済み小型家電の回収/不要なおもちゃの回収

その他

野菜市/ポップコーン、わたあめ、飲み物販売/赤い羽根ピンバッジ募金/わけすけの紙飛行機作り/ごみ収集車の乗車体験/カラスよけサークル展示/分別クイズ

おもなイベント

イラスト:3つのRを実践し、身近に感じることのできるイベントです!!楽しくごみ減量に取り組むお祭りに参加しませんか

青空フリーマーケット

不用になった衣類・日用品などのフリーマーケットを開催します。
出店希望者は、当日8時から会場で受付を行いますので、直接会場におこし下さい。
出店は無料です。
なお、薬品類・食料品の販売や、リサイクルに関連のない出店はお断りします。

古布・古着の回収

ご家庭で不要になったシーツなどの古布や、衣料品を回収します。
布団・枕類・汚れやにおいの酷いものは回収できません。

※詳しくは「古布・古着の回収情報」のページをご覧ください。

パソコン・携帯電話の回収

ご家庭で使用されていたパソコン・携帯電話を無料で回収します。ブラウン管式モニターは除きます。

※詳しくは「使用済み小型家電の回収について」のページをご覧ください。

使用済み小型家電の回収

ご家庭から出た使用済みの小型家電を無料で回収します。
※30センチメートル×30センチメートルの回収箱投入口に入る大きさで、下記の品目に限ります。

電話機・ファクシミリ、ラジオ、デジタルカメラ・ビデオカメラ・フィルムカメラ、映像用機器(DVDレコーダー等)、音響機器(MDプレーヤー等)、カー用品(カーナビ等)、補助記憶装置(USBメモリ等)、ゲーム機、電子辞書・電子手帳・電卓・ワープロ、電子書籍端末、モデム・ルーター・パソコン周辺機器、電子血圧計・電子体温計、理容用機器(ヘアドライヤー等)、懐中電灯、時計等、これらの付属品

※詳しくは「使用済み小型家電の回収について」のページをご覧ください。

フードドライブ

家庭で余っている食べ物はありませんか? 

  • お中元やお歳暮でいただいたものの「うちでは食べないよね」というもの。
  • 安売りやまとめ買いで買い過ぎてしまったもの。
  • 備蓄していたが、使わなかったもの。
  • 冠婚葬祭でいただいた茶葉や菓子、海外旅行のお土産でいただいたもの。 など

帯広市でフードドライブを実施している団体の皆様に協力いただき、ご家庭で余ってしまい、賞味期限までに食べきれそうにない食品を集めて、必要とする施設に寄附するフードドライブを実施します。

対象となる食品

1か月以上賞味期限が残っている常温保存が可能な食品例:お米(白米・玄米・アルファ米)、パスタや素麺などの乾麺、缶詰・レトルト食品・インスタント食品、海苔・お茶漬け・ふりかけ、粉ミルク・離乳食・お菓子、調味料(醤油・食用油)など
また、今回会場では洗剤なども受付いたします。
以下の食品は受付できません。

受付できない食品

賞味期限が1か月を切っているもの、開封されているもの、生鮮食品(生肉、魚介類、野菜類)、アルコール(みりん、料理酒除く)
会場では、団体の皆様からフードドライブの現状やフードドライブボランティア募集について直接お話を伺うことができます。

ディスポーザの展示・実演

一緒に下水道に直接排出する装置ディスポーザの展示・実演を行います。帯広市内でディスポーザを取り扱っている業者様にご協力いただき、生ごみの代わりに氷を使用して、ディスポーザが生ごみを破砕する様子を実演します。会場では、ディスポーザを使用するメリット・デメリットや帯広市内での普及状況などについて、直接お話を伺うことができます。

※詳しくは「ディスポーザの導入について」のページをご覧ください。

不要なおもちゃの回収

ご家庭で使用しなくなったおもちゃを回収します。回収したおもちゃは帯広おもちゃ病院様にお渡しし、修理・メンテナンス等を行い、将来発生するかもしれない災害時に被災地の子ども達に寄附するなどして活用いただきます。
以下のおもちゃは受付できません。

受付できないおもちゃ

ひどく壊れたり汚れたりしているもの、部品や付属品が不足しているもの、哺乳瓶やハーモニカなど口をつけるもの、ハウスダストアレルギーが心配なもの、学用品、衣類、ぬいぐるみ、エアガン・ガスガン・電動ガン、浮き輪・浮き袋・子ども用プール、AC100Vに直結するおもちゃ、机や遊具など大きいもの

ダンボールコンポストの展示・お試しキットの無料配布

ご家庭で手軽に生ごみを減量できる、ダンボールコンポストを展示します。さらに、ご家庭でダンボールコンポストを実践したい方のために、分かりやすいマニュアルとお試しキットを無料で配布します(数量限定)。

※詳しくは「ダンボールコンポストの作り方」のページをご覧ください。

生ごみ堆肥化容器・電動生ごみ処理機の展示・購入助成受付

ご家庭の生ごみ減量に効果的な生ごみ堆肥化容器と電動生ごみ処理機を展示します。また、生ごみ堆肥化容器と電動生ごみ処理機の購入を助成しており、臨時の受付窓口を設置します。

※詳しくは「生ごみ堆肥化容器・電動生ごみ処理機の購入助成」のページをご覧ください。

ごみ減量などについてのパネル展示

生ごみの減量や食品ロス、リサイクルについてのパネルを展示します。

カラスよけサークルの展示

ごみステーションにおけるごみの飛散防止に効果がある「カラスよけサークル」を展示します。

※詳しくは「カラスよけサークルの普及について」のページをご覧ください。

ごみ収集車の乗車体験

会場にごみ収集車がやってきます。実際に運転席に乗って、記念撮影が出来ます。

赤い羽根ピンバッジ募金

赤い羽根ピンバッジ募金を行います。

圧縮した資源物・リサイクル品の展示

リサイクルについて理解を深めていただくため、収集後に圧縮した資源物やリサイクル品を展示します。

紙飛行機で遊ぼう!

広い会場で紙飛行機を作って飛ばします。

ごみ分別クイズ

イメージキャラクター「リサイクル忍者わけすけ」とごみの分別クイズを行います。参加賞もあります。

野菜市

生産者の皆さんが、新鮮な地場農産物を販売します。

食べ物の販売コーナー

ポップコーンや綿あめ、ジュースなどを販売します。

会場

主催団体

第26回秋のリサイクルまつり実行委員会

(帯広市・(社福)帯広市社会福祉協議会・一般社団法人帯広消費者協会・帯広友の会・十勝圏複合事務組合・十勝資源リサイクル事業協同組合)

このページに関するご意見・お問い合わせ

都市環境部環境室清掃事業課管理係
〒080-2464 帯広市西24条北4丁目1番地
電話:0155-37-2311 ファクス:0155-37-2313
ご意見・お問い合わせフォーム