マンドリル

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005320  更新日 2020年12月14日

印刷大きな文字で印刷

霊長目 オナガザル科 マンドリル属

写真:マンドリル1

カメルーン南部から、ガボン、コンゴに生息しています。メスに比べオスは体が大きく、顔とお尻に鮮やかな色彩の模様を持っています。地上性のサルで、その食性は多様です。木の実や、果実、昆虫、は虫類に、小動物、さらにはキノコやコケ類もエサとします。

おびひろ動物園では

写真:マンドリル2

カンガルーポケットの横にある「新サル舎」でオスの「キーボー」とメスの「サラサ」の2頭を飼育しています。
キーボーは釧路市動物園で生まれ、人工哺育で育てられました。

マンドリルのエサ

写真:マンドリル餌

  • 野菜、果物
  • チーズ、落花生
  • サル用ペレット

この他にサプリメントなど

このページに関するご意見・お問い合わせ

生涯学習部生涯学習文化室動物園管理係
〒080-0846 帯広市緑ヶ丘2番地
電話:0155-24-2437 ファクス:0155-24-2439
ご意見・お問い合わせフォーム