コモンリスザル

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005319  更新日 2020年12月14日

印刷大きな文字で印刷

霊長目 オマキザル科 リスザル属

写真:リスザル1

名前のとおり、リスのようにとても小さな体を持つサルです。主に樹上性で木から木へ身軽に飛び移ることができます。
中米から、アマゾン川流域の森林に生息し、10数頭から、数100頭の集団を作って暮らしています。
エサは雑食性で、木の実や、昆虫、小鳥まで食べます。

おびひろ動物園では

写真:リスザル2

新サル舎の南側で飼育しています。
暖かい時期は外に出ていますが、寒さには弱い動物なので気温が下がってくると室内に帰ります。また冬になると温かな室内ですごしています。

コモンリスザルのエサ

写真:リスザル餌

  • 果物、野菜、卵
  • サル用ペレット
  • ミルワーム など

このページに関するご意見・お問い合わせ

生涯学習部生涯学習文化室動物園管理係
〒080-0846 帯広市緑ヶ丘2番地
電話:0155-24-2437 ファクス:0155-24-2439
ご意見・お問い合わせフォーム