動物園日記 2023年(令和5年)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1014128  更新日 2023年2月3日

印刷大きな文字で印刷

1月

1月31日 イイズナの「雪月」が死亡しました

写真:イイズナの雪月

1月31日(火曜日)にキタイイズナの「雪月(ゆづき)」(性別不明・3歳以上)が死亡しました。

朝まで元気にしていたのですが、14時半頃給餌に行ったところすでに死亡しているところを確認しました。

解剖の結果、明らかな異常はありませんでした。

なお、野生個体の寿命は1-2年程度といわれています。

 

2019年2月に保護されてから、小さいながら非常にすばしっこく動く姿を見せ続けてくれました。

これまで、会いに来てくださったみなさまに心から感謝申し上げます。

日本の動物園で唯一の展示個体でしたが、これによりおびひろ動物園のイイズナの展示は終了となります。

1月19日 アカカンガルーの「ロジャー」が死亡しました

写真:アカカンガルーのロジャー

1月19日(木曜日)にアカカンガルーの「ロジャー」(オス・14歳)が死亡しました。

12月11日に切歯(前歯)を折る外傷が認められ、展示を中止し治療を行いながら室内で保温と安静に努めておりました。食欲はあるものの徐々に体力の低下や衰弱が見られ、1月19日の午前11時半ごろに死亡を確認しました。

解剖の結果、歯根の一部に化膿が見られたほかに明らかな異常はなく、主たる死因は老衰によるものと考えています。

 

ロジャーはおびひろ動物園のカンガルーの中で最年長の個体でした。加齢により数年前から視力がほとんどなくなりましたが、食欲旺盛で群れの中で穏やかに暮らしてきました。

これまであたたかく見守っていただき、ありがとうございました。

1月12日 ビジターセンターと南門券売所の寄附をいただきました

福原朋治様(株式会社 福原 名誉会長)から、動物園の施設充実やイメージアップに

役立ててほしいと、(仮称)ビジターセンター(来園者休憩所 兼 管理事務所)と、

南門券売所の寄附をいただく運びとなり、1月12日に寄附(目録)の贈呈式が行われました。

ビジターセンターは令和5年3月に着工し9月オープン予定、南門券売所は令和5年中の

建設を予定しています。

今回の寄附により、正門近くの休憩施設やインフォメーション機能が充実し、

より快適に動物園をご利用していただけることとなり、今から施設の完成が楽しみです。

贈呈式の様子
福原様(左)から米沢市長へ目録が贈呈されました
ビジターセンターの外観
(仮称)ビジターセンターの完成イメージ

このページに関するご意見・お問い合わせ

生涯学習部生涯学習文化室動物園管理係
〒080-0846 帯広市緑ヶ丘2番地
電話:0155-24-2437 ファクス:0155-24-2439
ご意見・お問い合わせフォーム