おびZoo寺子屋

Xでポスト
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005290  更新日 2023年12月19日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 催し・イベント 教育・子育て 動物園

動物の生態について、飼育員のガイドを聞きながら、実際に見たり、触ったり、においを嗅いだりなど、体験をしながら学びます。

※事前のご応募が必要です。
※体験中は飼育員の指示に従わないと怪我や事故につながる危険性があります。飼育員からの注意をよく聞き、楽しく安全な体験にしましょう。

開催日

2023年8月26日(土曜日) 、9月9日(土曜日) 、10月15日(日曜日) 、12月16日(土曜日)

開催時間

午後1時30分 から 午後2時30分 まで

(雨天・雪決行)

開催場所

おびひろ動物園
動物園

対象

小学生以下は保護者の同伴が必要です。

申込み

必要

  • ニホンザル編:2023年8月26日(土曜日)(募集期間:7月27日(木曜日)〜8月10日(木曜日)必着)
  • ホッキョクグマ編:2023年9月9日(土曜日)(募集期間:8月10日(木曜日)〜8月24日(木曜日)必着)
  • ラマ編:2023年10月15日(日曜日)(募集期間:9月14日(木曜日)〜9月28日(木曜日)必着)
  • ばん馬編:2023年12月16日(土曜日)(募集期間:11月16日(木曜日)〜11月30日(木曜日)必着)
募集人数
各回20名(応募多数の場合抽選)

応募方法

メールフォームから応募

下記の応募フォームに必要事項をすべてご入力の上、送信してください。※グループでのご応募が可能です。

※令和5年度の募集は終了しました。

 

郵便はがきで応募

必要事項を明記して、
【〒080-0846 帯広市緑ヶ丘2番地 おびひろ動物園 「おびZoo寺子屋 ○○編」宛】に郵送してください。

必要事項 ※郵便はがきで応募の際は以下の事項をすべて記載してください。

  • 応募イベント名「おびZoo寺子屋 ○○編」
  • 代表者氏名(ふりがな)
  • 代表者年齢
  • 代表者郵便番号・住所
  • 代表者電話番号
  • 緊急時連絡先
  • 参加者全員の氏名(ふりがな)
  • 参加者全員の年齢

当選・落選のご案内

当選者のみに当選通知とイベントのご案内を郵便はがきにて行います。
落選された場合は、通知がありませんので、ご了承ください。
ご不明の方は、おびひろ動物園(電話0155-24-2437)までお問い合わせください。

2023年度開催報告

おびZoo寺子屋ばん馬編を開催しました

おびZoo寺子屋ばん馬編の様子

12月16日(土曜日)におびZoo寺子屋ばん馬編を開催しました。

15名の方が参加され、ばん馬についてワークシートを用いながら飼育員の説明を受けました。

当日は降雪の中ではありましたが、実際にばん馬の大きさや温かさに触れ、十勝開拓のパートナーだった歴史と生態について学んでもらいました。

令和5年度のおびZoo寺子屋は終了しました。

おびZoo寺子屋ラマ編を開催しました

おびZoo寺子屋ラマ編の様子

10月15日(日曜日)におびZoo寺子屋ラマ編を開催しました。

17名の方が参加され、ラマについてワークシートを使用しながら飼育員の説明を受けました。

当日は天候にも恵まれ、実際にラマの行動や採食の様子を観察しながら、アルパカとの違い、家畜としての役割などを学んでもらいました。

次回のおびZoo寺子屋ばん馬編は、12月16日(土曜日)の開催を予定しています。

おびZoo寺子屋ホッキョクグマ編を開催しました

おびZoo寺子屋ホッキョクグマ編の様子

9月9日(土曜日)におびZoo寺子屋ホッキョクグマ編を開催しました。

17名の方が参加され、ホッキョクグマについてワークシートを使用しながら飼育員の説明を受けました。

ホッキョクグマ舎ではプールの中に入れた人参を水中で捕らえる姿や探している姿などを観察してもらいました。

次回のおびZoo寺子屋ラマ編は、10月15日(日曜日)の開催を予定しています。

おびZoo寺子屋ニホンザル編を開催しました

おびZoo寺子屋ニホンザル編の様子

8月26日(土曜日)におびZoo寺子屋ニホンザル編を開催しました。

16名の方が参加され、ニホンザルについてワークシートを使用しながら飼育員の説明を受けました。

最後に新鮮な葉付きのヤナギを給餌し、上手に枝をつかんだり、樹皮を剥いて食べる様子などを観察してもらいました。

なお、当日は最高気温33度の厳しい猛暑となったため、熱中症のリスク等に配慮し、
前半は冷房の効いた動物園センター内で行い、後半に15分ほど時間を絞ってサル山で実際に観察等を行うこととしました。

次回のおびZoo寺子屋ホッキョクグマ編は、9月9日(土曜日)の開催を予定しています(募集期間は終了しました)。

2022年度開催報告

おびZoo寺子屋エゾモモンガ編を開催しました

写真:講義中の様子

12月11日(日曜日)におびZoo寺子屋エゾモモンガ編を開催しました。

21名の方が参加され、エゾモモンガについてワークシートを使用しながら飼育員の説明を受けました。

現在、エゾモモンガは展示中止のため、実際に観察することはできませんでしたが、エゾモモンガ、エゾリス、シマリスの仮剥製を用いて北海道に暮らすリスの仲間について学びました。ほかにも、糞、食痕、巣箱などを手に取って観察することができました。

なお、当イベントは新型コロナウイルス感染症対策として、マスク着用や手指消毒と換気をしたうえで実施しました。

2022年度のおびZoo寺子屋は、これで全5回を終了しました。

おびZoo寺子屋ミニチュアホース編を開催しました

写真:ミニチュアホースとふれあう様子

10月15日(土曜日)におびZoo寺子屋ミニチュアホース編を開催しました。

19名の方が参加され、ミニチュアホースについてワークシートを使用しながら飼育員の説明を受けました。

ワークシートではミニチュアホースのほか、道産子やばん馬も紹介し、人と共に生きてきたウマについて学びました。

また、ばんえい競馬で使用している馬具やくらなど、馬にまつわる道具に触れ、最後にミニチュアホースとのふれあい体験をしてもらいました。

なお、当イベントは新型コロナウイルス感染症対策として、マスク着用や手指消毒と換気したうえで実施しました。

次回のおびZoo寺子屋エゾモモンガ編は、12月11日(日曜日)の開催を予定しています。

おびZoo寺子屋ヘビカメ編を開催しました

写真:カメを観察する様子

9月10日(土曜日)におびZoo寺子屋ヘビカメ編を開催しました。

19名の方が参加され、ヘビとカメについてワークシートを使用しながら、飼育員の説明を受けました。

爬虫類について説明したあと、アオダイショウとクサガメを紹介し、外来種問題についても学びました。

脱皮したヘビの皮を見てもらったり、実際にクサガメに触れて、説明した内容を肌で感じてもらいました。

なお、当イベントは新型コロナウイルス感染症対策として、マスク着用や手指消毒、換気をし、
クサガメに触れる際は使い捨て手袋を装着したうえで実施しました。

次回のおびZoo寺子屋ミニチュアホース編は、10月15日(土曜日)の開催を予定しています。

おびZoo寺子屋アミメキリン編を開催しました

おびZoo寺子屋ライオン編開催の様子

8月20日(土曜日)におびZoo寺子屋アミメキリン編を開催しました。

19名の方が参加され、キリンについてワークシートを使用しながら、飼育員の説明を受けました。

雨天のため、キリンを観察することができませんでしたが、屋内でキリンの動画を見ながら、体の特徴や子育てについて学んだ後、糞の封入標本、体毛、乳歯などを手に取って観察することができました。

なお、当イベントは新型コロナウイルス感染症対策として、マスク着用や手指消毒、換気をした上で実施しました。

おびZoo寺子屋ライオン編を開催しました

おびZoo寺子屋ライオン編開催の様子

7月24日(日曜日)におびZoo寺子屋ライオン編を開催しました。

16名の方が参加され、ライオンについてワークシートを使用しながら、飼育員の説明を受けました。

ライオンの生態や、野生での生息数減少とその要因について学んだ後、抜け落ちた体毛や爪とぎで剥がれた爪を触ってもらいました。

なお、当イベントは新型コロナウイルス感染症対策として、マスク着用や手指消毒の上、密接した環境にならないよう屋外で実施しました。

 

このページに関するご意見・お問い合わせ

生涯学習部生涯学習文化室動物園管理係
〒080-0846 帯広市緑ヶ丘2番地
電話:0155-24-2437 ファクス:0155-24-2439
ご意見・お問い合わせフォーム