観光スポット

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1007988  更新日 2021年2月4日

印刷大きな文字で印刷

いつまでも変わらない王道の観光スポットを満喫しよう。

写真:ばん馬
ばん馬たちの迫力あるレースは見逃せない。

昔からある王道の観光スポットには、いつ訪れても変わらない楽しみがある。
走るばん馬を応援したり、幸福駅で写真を撮ったり、みずみずしい花が咲くガーデンに癒されたり。
見どころ満載なコンテンツで、帯広の魅力を感じよう。


写真:ディーゼル車
オレンジが映えるディーゼル車は、人気のフォトスポット。
写真:紫竹ガーデン
撮りたい場所がたくさん!

世界唯一のばんえい競馬を見よう。

写真:ばんえい競馬
ばんえい競馬

体重1トン以上の馬たちが騎手を乗せたソリを曳き順位を競う「ばんえい競馬」。
馬たちの圧巻の戦いを見ることができます。


写真:マスコットキャラクター「リッキー」くん
マスコットキャラクター「リッキー」くん

ばんえい十勝

帯広市西13条南9丁目(帯広競馬場)
電話.0155-34-0825(ばんえい十勝 広報)
4月~11月はナイターレース開催
帯広駅から1.8km、車で6分

※開催情報等は社会的情勢により変更になる場合がございます。


写真:ふれあい動物園
ふれあい動物園
ばん馬やポニーに出会える
ふれあい動物園。
園内の動物にエサやりがで
きます。

営業時間/
帯広競馬場開門時間~
17時(火曜定休)
写真:プレミアムラウンジ
プレミアムラウンジ
テラスでの観戦も可能な
ワンランク上の有料席です。
※2日前までのご予約が必要です
(1席500円・指定席)。

電話.0155-34-0825
(ばんえい十勝 広報)
写真:ばん馬イルミネーション
ばん馬イルミネーション
暗くなると点灯する3体の
ばん馬イルミネーション。
季節を問わず通年見ることが
できます。
そりの上に乗って記念撮影も。
写真:馬の資料館
馬の資料館
農耕馬や農機具について
学べます。

営業時間/10時~16時
(夏季繁忙期は18時まで)
(冬季水曜休館)
入場無料
電話.0155-34-7307

とかちむら

産直市場や食&お土産のショップ、カフェが集う「とかちむら」。
アウトドアで十勝の魅力を発信する楽しいイベントも行われています。

帯広市西13条南8丁目(帯広競馬場敷地内)
電話.0155-34-7307
営/10時~
(営業時間は各店舗により異なりますのでご確認ください)
※水曜全店定休
(年末年始は営業時間、定休日が変更になる場合がございます。)
帯広駅から1.7km、車で6分

写真:紫竹ガーデンカフェ
紫竹ガーデンカフェ
絶品スイーツやお花の雑貨が揃う。
写真:産直市場
産直市場
十勝の特産品や採れたての
野菜が買える「産直市場」。
写真:ディスティネーション十勝ストア
DESTINATION TOKACHI STORE
アウトドアギアの販売、レンタルショップ。

写真:ペイストリーストーブハウス
ペイストリーストーブハウス
ケーキや焼き菓子などこだわりの
スイーツが並ぶ。
写真:マテナ珈琲
マテナ珈琲
焙煎豆を使った本格珈琲が楽しめる。
写真:ぶた丼きくちや
ぶた丼きくちや
とかち名物豚丼専門店。

馬の資料館や輓馬神社も立ち寄ろう!

写真:馬の資料館
馬の資料館
写真:輓馬神社
輓馬神社

野外デッキやキッズルームも!

写真:キッズルーム

写真:キッズルーム

写真:野外デッキ

本物の畑で、心を育む。

写真:農場
普段は入ることのできない農場で、日本で唯一の畑ガイドが案内する農場ピクニックや、
収穫体験、トラクター見学を期間限定で開催しています。

いただきますカンパニー(農場ピクニック)

写真:いただきますカンパニー

電話.0155-29-4821 期間/7月~9月
※前日17時までに要予約。
※季節によってピクニックの会場は異なります。

十勝ガールズ農場

写真:十勝ガールズ農場

帯広市以平町西8線1 トライアグリ以平の丘
電話.090-6445-0370 期間/6月中旬~10月末
※前日正午までに要予約。

花々に囲まれ、癒しのひとときを。

写真:チューリップ畑
自然豊かな帯広ではガーデン観光もおすすめ。
市内にある2つのガーデンは、いずれも北海道ガーデン街道に登録されている、道内でも有名なスポットです。

紫竹ガーデン

写真:紫竹ガーデン

「一日中、花と遊んでいたい…。」と、紫竹おばあちゃんが始めたお花畑には、季節ごとに約2,500種の花々が咲き誇ります。自然のまま育てられる花たちはいつも元気いっぱい。

帯広市美栄町西4線107
電話.0155-60-2377
営業期間/4月中旬~11月末 営業時間/8時~18時
帯広駅から22km、車で35分

写真:紫竹おばあちゃん

真鍋庭園

写真:真鍋庭園

世界各国から輸入された植物による日本初のコニファーガーデンです。25,000坪の広大な敷地に現れる3つのテーマガーデンは、まるで「おとぎの国」に迷い込んだかのような美しい世界。

帯広市稲田町東2線6 電話.0155-48-2120
営業期間/4月下旬~11月末
営業時間/8時30分~17時30分(最終入園17時)※10、11月は時間短縮あり
帯広駅から4.4km、車で10分

写真:なつぞらの舞台 十勝・帯広

なつぞらの舞台 十勝・帯広

連続テレビ小説「なつぞら」に登場した山田天陽のロケセットが無料エリアで見られます。

北海道ガーデン街道

大雪~富良野~十勝と北海道を彩る美しい8つのガーデンを結ぶ全長約250kmの街道です。
そのうち十勝には5つのガーデンがあります。

電話.0155-23-6403
(とかち観光情報センター)

写真:紫竹ガーデン
紫竹ガーデン
写真:真鍋庭園
真鍋庭園
写真:十勝ヒルズ
十勝ヒルズ

写真:十勝千年の森
十勝千年の森
写真:六花の森
六花の森

幸せを探しに、レトロな駅を訪ねよう。

写真:電車の座席

帯広市幸福町にある旧駅舎。その縁起の良い名前から、同じ路線の愛国駅とあわせ、「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズで、一大ブームを巻き起こしました。
廃駅から30年以上経った今でも「恋人の聖地」として、帯広で人気のスポットです。

写真:幸福駅の旧駅舎に展示されている車両


ハッピーセレモニー

写真:ハッピーセレモニー

幸福駅を訪れた記念にウェディング体験ができるイベントです。

参加費/1組3,000円~(衣装代含む)
申込み/幸福村
電話.090-6211-0746
※要予約

幸福駅

写真:幸福駅

幸福駅は、帯広随一の観光名所。
「幸福の鐘」の音が鳴り響きます。

帯広市幸福町東1線
帯広駅から22km、車で27分

写真:切符のキーホルダー
人気のお土産。
「愛国から幸福行き」切符のキーホルダー。

愛国駅

写真:愛国駅

交通記念館として残る駅舎の外には、切符型のモニュメントやハート型の噴水も。

帯広市愛国町基線39-40
開館時間/9時~17時(3~11月は毎日、12~2月は日曜のみ開館)
※冬期間SLの見学不可
帯広駅から11km、車で17分

写真:ハート型の噴水



このページに関するご意見・お問い合わせ

経済部観光交流室観光交流課観光係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4169 ファクス:0155-23-0172
ご意見・お問い合わせフォーム