アメリカビーバーの「ビービー」が死亡しました


  • アメリカビーバーの「ビービー」(オス・18歳)が2020年10月20日に死亡しました。
    アメリカビーバーの寿命は20歳前後であり、高齢な個体でした。
    冬ごろから徐々に体重が落ちており、検査や投薬治療を行っていましたが、食欲はあり元気に動き回っていました。
    10月20日は、午前中餌を求めて歩き回る姿を見せていたものの、15時頃水中からうまくあがれなくなっており、
    獣医師による治療を行いましたが、16時21分に死亡を確認しました。
    解剖の結果、胃に腫瘍が認められ、詳しい検査を実施中です。

  •  ビービーは2002年6月に釧路市動物園から来園しました。
     両手いっぱいに餌を抱えて運んでいく姿が印象的で、たくさんのお客様に可愛がっていただきました。
     ダブとの間に、ナツとソラ、今年生まれの2頭の子が産まれ、今も元気に育っています。
     これまで会いに来てくださった皆様に心より感謝を申し上げます。


  • 「ビービー」の死亡により、アメリカビーバーの展示は5頭となります。

 

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • ドッグフードの神様
  • ホンダカーズ帯広
  • フージャースコーポレーション
  • 株式会社 新生(コロナ)
  • 広告を募集しています