アメリカバイソンの「メアリー」が死亡しました

アメリカバイソン

アメリカバイソンの「メアリー」が死亡しました。
2019年8月7日に歩行の不調がみられ、8日に起立不能になったため 治療を行っておりましたが、
9日 午前10時半ごろに死亡を確認しました。
解剖を行い、循環障害や加齢による歯の摩耗の所見などが認められましたが、死因の特定には至らず
帯広畜産大学による病理検査でさらに詳しく調べているところです。

これまで「メアリー」を可愛がっていただきありがとうございました。
「メアリー」の死亡により、アメリカバイソンの展示は2頭になります。


メアリーについて

2001年6月3日生まれ(18歳)、メス
おびひろ動物園で生まれ、人工哺育により育ちました。
バイソンの寿命は約18〜22年といわれています。

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • ドッグフードの神様
  • 株式会社 新生
  • 広告を募集しています