「アイヌ語で動物園かんさつ」をおこないました

 動物の生態や、動物園ならではのお話を交えながら、

 アイヌと動物との関わりを学ぶイベントが開催されました。

 

 まず、ゴマフアザラシがホッケを食べる様子を観察。

アイヌ語で動物園かんさつ

 一方、アイヌはどのようにアザラシを利用してきたのでしょうか。

 帯広百年記念館の内田祐一学芸員からのご紹介です。

 

カリスマ内田氏

 肉や皮だけでなく、胃袋なども加工され、余すところなく利用していたのですね。
 (写真のアザラシの皮でできたブーツは、アイヌのものではありません。)

 さて、同じく帯広百年記念館の池田亨嘉学芸員からは

 動物の形態や生態について伺いました。

ありし日の池田氏

 ここでは、エゾフクロウの足や羽に隠されたヒミツに迫りました。

 

 そして、「サル山」を観察。

内田氏の講義

 意外にも「サル」という言葉は、アイヌ語に由来しているという説が有力だそうです。

 思いもよらないところに、アイヌとのつながりがあるのですね。

 

 「アイヌ語で動物園かんさつ」は来年度も開催されます。

 ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

 

 

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

おびひろ動物園

  • 所在:〒080-0846 帯広市字緑ヶ丘2
  • 電話:0155-24-2437
  • FAX:0155-24-2439

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 帯広泌尿器科
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • 株式会社 新生
  • 広告を募集しています