オオサンショウウオがなくなりました

 

おおさんしょううお
 
 

オオサンショウウオは世界最大の両生類であり、国の特別天然記念物に指定されています。

当園の飼育個体は1965(昭和40)年5月25日に、当時の帯広畜産大学山極学長より

ご寄贈いただきました。

今年で飼育歴45年を迎えましたが、食欲の減退が観察されるようになり、 8月8日午前10時に死亡を確認しました。

解剖の結果、顕著な病症はなく、加齢による循環器不全が死亡原因と推測されます。

当個体は国内の動物園・水族館で飼育されているオオサンショウウオの中で

年齢(推定55歳以上)・飼育年数ともに最長であり、

また体長も2番目に大きい126cmでした。

このように大変貴重な個体であることから、 現在標本の作製及び展示を検討しているところです。

 

 

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

おびひろ動物園

  • 所在:〒080-0846 帯広市字緑ヶ丘2
  • 電話:0155-24-2437
  • FAX:0155-24-2439

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 帯広泌尿器科
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • 株式会社 新生
  • 広告を募集しています