アイヌ語で動物観察実施

 本日、おびひろ動物園・帯広百年記念館合同企画である「アイヌ語で動物園かんさつ」が行われました。

 この催しは昨年に続いて2回目の開催となります。

 おびひろ動物園の職員に加え、帯広百年記念館からは2名の学芸員がご案内させていただきました。

アイヌ語1

 まずはアザラシです。

 エサを食べる様子を見てもらいながら、アザラシの生態についての話があり、

 その後アイヌ民族や北方民族におけるアザラシとのかかわりが説明されました。

 
アイヌ語2
 

 これは、北方のニヴヒ族のおばあさんから購入したアザラシの皮でできた子供靴だそうです。

 履き口に見える模様がアイヌ文様によく似ていました。


アイヌ語3

 

 続いてはフクロウへ。実際にフクロウに触れてもらいながら解説を聞きました。

 当園ではシロフクロウの横にアメリカワシミミズクを展示していますが、

 アイヌ文化においてワシミミズクは偉い神様とのこと。

 しかし、それ以外のミミズクの仲間は化け物なんだそうです。


アイヌ語5

 


 エゾシカでは獣道ツアーを敢行です

 気分はエゾシカになりきれたでしょうか。

 このとき、百年記念館の学芸員の方が簡易のシカ笛(本来は木にシカの膀胱をかぶせたもの)を鳴らしました。

 シカ笛は、シカの発情期である秋になると猟をするためにシカの鳴き声に似せた音を鳴らし、

 シカを誘き寄せるために使われた道具です。

 もちろん、当園のエゾシカたちもばっちり反応していました。

 

内田先生の講義

 

  ツアー後は、餌を食べる様子を見ながら再びアイヌ文化とのつながりを解説。

  実際のシカ皮を触れてみたり、頭骨を使いながらドコをどう使ったなど教えていただきました。

 

アイヌ語6

 

 こちらではオオワシについて解説。

 矢羽根として用いることができるため、本州への交易品として狩猟されていたと聞き、驚きました。

 そして、その捕獲方法を聞いてさらに驚き。

 アイヌ民族は狩猟民族ですから動物によってさまざまな手法で猟をしています。

 なお、帯広百年記念館内のアイヌ民族文化情報センター『リウカ』ではこうしたアイヌ文化を

 本やビデオなどでも紹介しています。


uchida-GOD

 

 

 最後はエゾタヌキとキタキツネを解説して終了となりました。

 もちろん、ここでご紹介した以外の動物についてもいろいろなお話があり、

 非常に面白い観察会となりました。時間も約20分ほどオーバー。

 それでも途中からスピードを上げ、飛ばしてしまった動物もあったんです。

 新しい動物の見方はいかがだったでしょうか。

 動物を文化的側面から見てみるのもとても面白いと感じた一日でした。

 

 


 

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

おびひろ動物園

  • 所在:〒080-0846 帯広市字緑ヶ丘2
  • 電話:0155-24-2437
  • FAX:0155-24-2439

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 帯広泌尿器科
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • 株式会社 新生
  • 広告を募集しています