ここにはりつけ

10月30日午後、人工哺育中だったアシカの赤ちゃんが亡くなりました。

アシカの赤ちゃんは6月26日に誕生し、明るい話題を提供してくれました。

アシカの親子 

しかし、生後6日目に母親が急死し、その後飼育員による人工哺育が続けられました。

当初、哺乳瓶からミルクを飲むことを拒んでいたものの、飼育員の試行錯誤の末、無事に哺乳瓶からの授乳に成功しました。

夏には泳ぎの訓練が行われ、徐々にアシカらしく成長していきました。

ところが、9月の末頃からミルクを飲んだり飲まなかったり、体調も一進一退を繰り返すようになりました。

獣医、飼育員が懸命の治療にあたりましたが、残念ながら衰弱により死亡しました。

これにより、当園でのアシカはタケル(オス19歳)1頭の展示となります。

生後約三週間の頃 

2009.7.15 生後約3週間の頃

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

おびひろ動物園

  • 所在:〒080-0846 帯広市字緑ヶ丘2
  • 電話:0155-24-2437
  • FAX:0155-24-2439

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 帯広泌尿器科
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • 株式会社 新生
  • 広告を募集しています