「夜の裏側探検隊」を開催しました。 

8月23日(日)に、第2回「夜の裏側探検隊」を開催しました。
定員を超える応募の中、当選された20名の参加者が獣舎のバックヤードを見学し、飼育員によるガイドを聞きました。
今回はホッキョクグマ、エゾタヌキ、アカカンガルー、アメリカビーバーの獣舎を回りました。
ホッキョクグマ舎では、獣舎の裏側に入り、エサを食べている姿を間近で観察しました。ホッキョクグマとの距離の近さに驚く声が上がっていました。
エゾタヌキ舎では、今年の5月に保護された仔タヌキ達がじゃれ合う様子を観察しながら、飼育員のガイドを聞いてもらいました。
アカカンガルー舎では、独特の臭いに驚く方々もいましたが、普段は入れない外放飼場に入り、室内でくつろぐカンガルーを見学しました。
アメリカビーバー舎では、夜行性ということもあり、昼間はあまり見られないビーバーの泳ぐ姿や、餌を食べている姿を観察しました。また、今年の7月に誕生した2頭の仔ビーバーが外に出てくる様子も見られました。
ホッキョクグマ

 

 

 

 

※「夜の裏側探検隊」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、定員を30名から20名に変更しました。
また、当日は換気やアルコール消毒、マスクの着用などの対策を行い、イベントを開催しました。

今年度の夜の裏側探検隊は、今回が最後となります。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • ドッグフードの神様
  • ホンダカーズ帯広
  • フージャースコーポレーション
  • 株式会社 新生(コロナ)
  • 広告を募集しています