動物園内に暮らす野生エゾモモンガの観察会

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009739  更新日 2021年8月27日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 講座・教室

 おびひろ動物園で飼育されている「エゾモモンガ」は、山地だけでなく、帯広周辺の防風林、河畔林や市街地の緑地といった身近な環境にも生息しています。しかし、夜行性であることから、観察できる時間は限られており、なかなか野生の姿を見たことない方も多いのでは?

 おびひろ動物園の園内にも野生のエゾモモンガが生息しています。エゾモモンガのお話しを聞いた後、外に出てエゾモモンガを探してみませんか?

 

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、9月11日(土曜日)の「動物園内に暮らす野生エゾモモンガの観察会」は中止いたします。

開催日

2021年9月11日(土曜日)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、9月11日(土曜日)の「動物園内に暮らす野生エゾモモンガの観察会」は中止いたします。

開催時間

午後5時 から 午後7時 まで

受付16時30分〜

開催場所

おびひろ動物園
※閉園中ですが、動物園正門から入園できます。
動物園

内容

エゾモモンガに関する講義の後、屋外で観察会

※雨天決行ですが、天候によっては屋外での観察会を中止することがあります。

※野生動物のため、観察できない場合があります。ご了承ください。

申込み

必要

おびひろ動物園に電話 0155-24-2437

費用
無料
※開園時間に入園する際は、券売所でイベント名とお名前をお伝えいただくと入園無料となります。
募集人数
定員10組(1組2名まで 先着順
参加資格
小中学生とその保護者
参加条件

・十勝管内在住の方

・必ずマスクを着用していただくこと

・当日の2週間前以内に海外又は国内の新型コロナウイルス感染拡大地域へ行っていない方

・当日の2週間前以内に新型コロナウイルスに罹患又は濃厚接触者に該当しない方

・当日37.5℃以上の発熱又は風邪症状がない方

講師
帯広畜産大学 栁川久教授、浅利裕伸准教授
持ち物
足元を照らすための懐中電灯、虫よけ、(必要であれば)雨具、飲み物

野生エゾモモンガ観察会

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するご意見・お問い合わせ

生涯学習部生涯学習文化室動物園管理係
〒080-0846 帯広市緑ヶ丘2番地
電話:0155-24-2437 ファクス:0155-24-2439
ご意見・お問い合わせフォーム