春の裏側探検隊を行いました

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1008421  更新日 2021年3月23日

印刷大きな文字で印刷

3月7日(日曜日)に、「春の裏側探検隊」を開催しました。
定員を超える応募の中、当選された30名の参加者が動物舎のバックヤードを見学し、担当の飼育員から動物に関するガイドを受けました。
今回はホッキョクグマ、アカカンガルー、コモンリスザル、マンドリルの獣舎を回りました。
ホッキョクグマ舎では獣舎の裏側に入り、エサを食べている姿を間近で観察しました。ホッキョクグマの迫力に驚く声が上がっていました。
アカカンガルー舎では、普段入ることのできない外放飼場から、寝室にいるアカカンガルーを観察しました。袋から子どもが顔を出した様子をタイミングよく観察できたグループもありました。
新サル舎では、マンドリルを外の展示場に出すための扉の操作を体験し、リスザルとマンドリルについて餌などを見ながらガイドを聞いていただきました。
 

写真:リスザル前のガイドの様子

写真:マンドリル前のガイドの様子

写真:ホッキョクグマの檻の前でのガイドの様子

写真:外放飼場から寝室のカンガルーを観察する様子


※「春の裏側探検隊」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、定員を45名から30名に変更しました。
また、当日はオリエンテーション会場を屋外に変更し、アルコール消毒、マスクの着用などの対策を行い、イベントを開催しました。
参加いただいた皆様、ありがとうございました.


令和2年度の裏側探検隊はすべて終了しました。

このページに関するご意見・お問い合わせ

生涯学習部生涯学習文化室動物園管理係
〒080-0846 帯広市緑ヶ丘2番地
電話:0155-24-2437 ファクス:0155-24-2439
ご意見・お問い合わせフォーム