質問

 家屋の固定資産税が下がらないのは・・・
 家屋については年々老朽化していくのに、固定資産税が下がらないのはおかしいのではないでしょうか?

回答

 家屋は3年に一度、建築資材価格等の変動を反映させて評価替え(再評価)を行います。

 具体的には、評価替え時点の建築費に相当する額(再建築価額)を算出し、建築後の経過によって生じる減価率を乗じて評価額を求めます。

 そのため、家屋の建築費の上昇率が著しい場合は、古くなってもその価格が減少せず上昇することもあります。

 この場合は原則として評価替え前の価格に据え置くことになっています。

 このように、古い家屋の固定資産税は必ずしも下がるということにはならないのです。

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市総務部資産税課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4122
  • FAX:0155-23-0154

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 帯広泌尿器科
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • 株式会社 新生
  • 広告を募集しています