UIJターン新規就業支援事業

1.事業名

UIJターン新規就業支援事業

2.事業の目的

東京圏からのUIJターンによる新規就業を促進するため、帯広市に移住して就業・起業した者に対し、移住支援金を給付するものです。

3.事業の内容

下記5.実施要領で示す支援対象者の要件を満たす者に対し、移住にかかる経費として次の金額を支援金として支給します。

・単身での移住の場合:60万円

・世帯での移住の場合:100万円

4.事業の対象

次の1、2いずれも該当する方が対象となります。

1 次のいずれかの方

 (1)移住元に関する要件

・直近5年以上東京23区の在住者

・直近5年以上、東京圏※1 (条件不利地域※2を除く)に在住し、かつ、東京23区に通勤していた方※3

 

 (2)移住先に関する要件

・平成31年4月1日以降に帯広市に転入したこと。

・移住支援金の申請時において、転入後3か月以上1年以内であること。

・ 転入先の市町村に、移住支援金の申請日から5年以上、継続して居住する意思を有していること

・申請者を含む2人以上の世帯員がいずれも、暴力団等の反社会的勢力又は反社会的勢力と関係を有する者でないこと。
 

 

2 移住支援事業を実施する都道府県が、マッチングサイト(https://jp.stanby.com/feature/hokkaido-jobformigrationsubsidy)に移住支援金の対象として掲載する求人に新規就業した方又は起業支援事業による起業支援金の交付決定を受けた方

※1 東京圏      東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県  

※2 条件不利地域 次の(1)〜(5)のいずれかの対象地域・指定地域を有する市町村のうち、政令市を除いた市町村を「条件不利地域」とする。

  (1).過疎地域自立促進特別措置法(一部過疎を含む)、(2).山村振興法、 (3).離島振興法、(4).半島振興法、(5).小笠原諸島振興開発特別措置法

※3 通勤     雇用者としての通勤にあっては、雇用保険の被保険者としての通勤に限る。

5.実施要領

こちらをご参照ください(令和元年6月27日改訂)。

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • ドッグフードの神様
  • 株式会社 新生
  • ECCジュニア
  • 広告を募集しています