市長への手紙 回答(防災・消防・防犯)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1004159  更新日 2021年4月2日

印刷大きな文字で印刷

防災・消防・防犯

公共施設の防犯対策を強化してほしい

Q.公共施設の防犯対策を強化してほしいです。

A.帯広市では、施設の運営体制や利用状況などを踏まえ、施設ごとに防犯カメラの設置を判断しています。設置にあたっては、「帯広市の公共施設に係る防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン」に沿って管理・運用をすることで、市民のプライバシーを保護するとともに、犯罪の防止に努めています。

担当:安心安全推進課(令和2年4月以降 危機対策課)

 市庁舎、各コミュニティセンターにおいては、防犯カメラを設置していません。市庁舎では防犯対策として、業務時間外・閉庁日は警備員が定期的に巡回しています。今後、市庁舎に防犯カメラを設置する予定はありませんが、犯罪発生傾向などを踏まえ、犯罪を防止する抑止力となる方法を検討するなど、引き続き必要な対策を講じてまいります。各コミュニティセンターでは開館中は常駐の事務員や管理人が、不審者の出入りがないか注意を払っています。今後も、犯罪抑止効果のある啓発ポスターなどの掲示や、薄暮時の照明点灯なども行うほか、警察などの関係機関と連携して防犯に努めてまいります。

担当:総務課、市民活動推進課(令和2年4月以降 市民活動課)

 市内の小・中学校においては、録画機能があるカメラ付きインターホンと、人感センサー付きライトを、全ての小・中学校に設置しています。また、防犯カメラの設置が1校あります。施設整備だけでなく、不審者情報など緊急連絡を保護者などにEメールで一斉配信する仕組みを活用した注意喚起や、地域の皆さんの協力による登下校の見守り活動、警察などの関係機関との連携など、ソフト面での安全対策にも引き続き取り組むことにより、児童・生徒が安心して学校生活を送ることができる教育環境を維持してまいります。

担当:企画総務課

 とかちプラザ、図書館においては、防犯カメラを設置しているほか、警備員による館内外の巡回、職員による館内の巡回を行っています。

担当:生涯学習課(令和2年4月以降 生涯学習文化課)、空港事務所

(平成29年11月現在)

交通量の多い道路を改善してほしい

Q.交通量の多い道路を改善してほしいです。

A.ご意見をいただきました西16条通は、帯広市の南北を結ぶ幹線道路のため交通量が多い道路の一つとなっています。
 現在、帯広市では、帯広警察署や帯広市交通安全推進委員連絡協議会などの関係機関などと連携して、交通安全の啓発活動を実施していますが、今後もいただいたご意見を関係機関に伝えるなど、情報を共有しながら継続的に交通安全活動を実施します。
 そのほか、制限速度の遵守など、交通ルールやマナーについて、広報おびひろやSNSなどにより周知を図ってまいります。
(平成30年7月現在)

担当:安心安全推進課(令和2年4月以降 危機対策課)

帯広は運転が荒い人が多く、運転マナーがなっていない

Q.帯広は運転が荒い人が多く、運転マナーがなっていないのではないでしょうか。

A.帯広市では、悲惨な交通事故の防止を図るため、帯広警察署など関係機関や帯広市交通安全推進委員会など地域住民の皆さまと連携・協力しながら、各種イベントなどさまざまな機会を通じて、交通ルールや運転マナーの遵守などの交通安全啓発事業を実施しています。
 ルール違反やマナー違反を見るたびに不快な思いをされているとのご指摘をしっかりと受け止め、今後も取り組みを粘り強く進めていく考えですので、ご理解とご協力をお願いします。
(平成30年12月現在)

担当:安心安全推進課(令和2年4月以降 危機対策課)

関連情報

このページに関するご意見・お問い合わせ

政策推進部広報秘書室広報広聴課広報広聴係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4109 ファクス:0155-23-0156
ご意見・お問い合わせフォーム