市民協働アクション

このサイトは、帯広市民の市民活動・ボランティアを応援するポータルサイトです。


関連団体リンク

コミセンへ行こう

お問い合わせ
帯広市市民活動推進課

0155-65-4130

平日8時45分~17時30分
(年末年始・土・日・祝祭日はのぞく)

帯広市市民活動推進課公式facebookページへ

あなたの∞のチカラをトコトン応援します!

経済活性

帯広市内で【経済活性】活動を行っている団体を紹介いたします。

NPO法人 小田豊四郎記念基金

 お菓子の街をつくった男

団体PR

北海道帯広市に本社を置く六花亭製菓株式会社の創業者であり、お菓子作り一筋に歩み続け「お菓子の街をつくった男」小田豊四郎(1919-2006)の「食を通しての街づくり」と「北海道の食文化の発展」の願いを込めて設立。
項目
内容
代表者名 小田 豊
活動地域 道内全域
活動目的 (1)北海道の食に携わる者に対して、その業績の顕彰に関する事業等を行い、地域興しと地元の食文化づくりを推進する。(2)児童の詩心を育成することを通し、豊かな情操を育む仕組みづくりを推進する。
活動内容 <特定非営利活動>(1)学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動(2)まちづくりの推進を図る活動(3)経済活動の活性化を図る活動(4)消費者の保護を図る活動 <事業>(1)北海道の食及び食文化の発展に功績のある人、又は団体の顕彰(2)食に関する文献、写真、フィルム等の収集、保管及び展示(3)児童詩誌サイロを発行する同人会「サイロの会」の後援(4)その他目的達成に必要な事業
会員数 75人
会費 年10,000円
入会条件 北海道の食文化の向上、食の安全に真剣に取り組む意志のあるもの。
団体PR およそ70余年にわたり、お菓子作り一筋に歩み続けた小田豊四郎(1919-2006)。北海道帯広市に本社を置く六花亭製菓株式会社の創業者であり「お菓子の街をつくった男」と言われています。「その町の文化の程度はその町のお菓子でわかる」を文字通り実践。現役を退くに際し、今までの「食を通してのまちづくり」と同じく「北海道の食文化の発展」を願い寄与することを目的に当基金を設立。2003年9月に北海道より認証されました。
担当者 稲田 博一
所在地 〒080-0012 帯広市西2条南9丁目6
電話番号 0155-37-6666
FAX 0155-37-6750
Eメール なし
団体HP http://www.oda-kikin.com/index.html
サイロ  小田賞ブロンズ像「day」坂東優作

NPO法人 とかち馬文化を支える会

写真なし

団体PR

とにかく馬好き、動物好きな方が集まって楽しい地域づくりに少しでも寄与したいと考えています!
項目
内容
代表者名 三宅 陽一
活動地域 道内全域
活動目的 北海道十勝に根付く有形無形の馬文化に関しての情報発信や馬の多面的機能の実証・普及に関する事業を行い、馬とふれあいを通した情操教育・福祉など馬資源を活用したまちづくり・経済活性化に寄与することを目的とする。
活動内容 帯広競馬場を中心に、「チャグチャグ馬コin帯広」「北海道和種馬祭」など、馬文化を紹介するイベントを積極的に展開。また、かつての馬との暮らしを聞き取り調査しまとめた「馬文化新聞」を発行したり、「ばん馬」と共に小・中学校に出かけ様々な学習を行う「出前授業」の実施、更に、百年記念館と帯広競馬場間の馬車運行、共進会などに賞品を提供する生産者支援、馬学セミナーの開催など、あらゆるスタイルで馬文化の啓発・普及活動を展開しています。
会員数 305人
会費 年3,000円
入会条件 特になし
団体PR 様々な種類の馬や馬文化が花開く十勝。ばんえい競馬が、この地に残ったのもこの地域性あればこそだったと確信します。北海道開拓や、その後の発展に大きく寄与した馬達の姿を今に残す「ばんえい競馬」を核として、多くの人たちに馬文化を体感してもらいたい・・・という堅い理想は理想として、とにかく馬好き、動物好きな方が集まって楽しい地域づくりに少しでも寄与したいと考えていますので、皆様も是非ご入会の上ご支援ください。
担当者 旋丸 巴
所在地 〒080-0020 帯広市西11条南16丁目1-6
電話番号 0155-67-6890
FAX 0155-67-6891
Eメール info@umabunka.com
団体HP

http://umabunka.com/

- - -

NPO法人 環境リサイクル肉牛協議会

写真なし

団体PR

地域の農産加工副産物を活用し、輸入穀物飼料の消費を抑制した資源循環型牛肉生産技術の普及を図ります。
項目
内容
代表者名 左 久
活動地域 道内全域
活動目的 地域の農産加工副産物を活用し、輸入穀物飼料の消費を抑制した資源循環型牛肉生産技術の普及を図る。
活動内容 1.資源循環型牛肉生産シンポジウムの開催 2.e-びーふ認証制度 3.飼養技術研修会 4.機関誌の発行 5.ホームページによる情報の公開
会員数 28人
会費 個人 年 6,000円、団体 年 20,000円
入会条件 なし
団体PR なし
担当者 左 久
所在地 〒080-0858 帯広市大空町7丁目14-2
電話番号 0155-48-3096
FAX 0155-48-3096
Eメール kanrikyo@grape.plala.or.jp
団体HP

http://www.recycle-gyu.com/

- - -

帯広市農業青年団体連絡協議会

収穫祭搾乳体験

団体PR

25歳以下の大正・川西地区の農業青年団体です。

帯広の農業の発展の為に日々頑張っています。

これからも、おいしい農作物をたくさん作りますので、応援してください!

 

項目
内容
代表者名 会長  小椋 瑛弘
活動地域 帯広市内
活動目的 青年の親睦を図り良き青年の社会参加に努め明るい郷土を築くため、農業青年団は、相互の提携を密にすることを目的とする。
活動内容

毎年11月に「大正・川西収穫祭」、小学生の親子を対象に「親子ピザづくり教室」を実施し市民との交流を図っている。

また、1月には、帯広市主催行事の「成人の集い」・「子ども雪合戦」の運営協力もボランティアで行っている。

他、ボウリング交流会や、年に数回会員間の交流を行っている。

会員数 41人
会費 -
入会条件 25歳以下の川西・大正地区の農業青年
団体PR 帯広の農業の為に日々頑張っています。これからも、おいしい農作物をたくさん作りますので、応援してください。
担当者 -
所在地

-

電話番号 -
FAX -
Eメール -
団体HP -
収穫祭
親子ピザづくり教室
トラクターに乗ってみよう

夢降夜運営委員会

写真なし

団体PR

おびひろ平原まつりで『夢降夜』を開催しています。帯広・十勝を若い力で盛り上げます!
項目
内容
代表者名 運営委員長 佐々木 剛志
活動地域 帯広市内
活動目的 本事業は、若者たちが、自然の恵みと先人の偉業に感謝しながら、新たな未来を切り拓く挑戦として祭りを創造するものである。本事業を通じて、十勝・帯広の短い夏に賑わいを演出するとともに、わが街・わが故郷を愛する心を育て、明日の十勝・帯広に夢と活力を生み出すことを目的とする。
活動内容 おびひろ平原まつり初日の夜に、十勝の祭り『夢降夜』を開催する。太鼓の音に合わせ、男御輿、女御輿が踊り子とともに平原通りを練歩く。
会員数 20人(十勝の20代〜40代)
会費 -
入会条件 -
団体PR -
担当者 運営委員長 佐々木 剛志
所在地
電話番号 080-1878-7590
FAX -
Eメール yumefuruya@yahoo.co.jp
団体HP

HP:http://www.yumefuruya.jp/

ブログ:http://www.mytokachi.jp/yumefuruya/
夢降夜太鼓 夢降夜集合写真 夢降夜麦

帯広まちなか歩行者天国

フラワーフェスティバル

団体PR

中心市街地活性化を図り、最終的には「地域コミュニティの再生」につなげることを目標に活動しています。「オビヒロホコテン」の運営など、一緒に楽しく交流の輪を広げていきましょう!
項目
内容
代表者名 実行委員長 細川 吉博
活動地域 帯広市内
活動目的 まちなかにかつての賑わいを取り戻し、中心市街地の活性化を図ることにより、「まちを訪れる人が増え、人と人との交流が盛んになること」、「まちに住む人が増えること」、そして最終的には「地域コミュニティの再生」につなげることを最大の目標としています。
活動内容 例年の実績では、レギュラーシーズンとして7月から9月までの毎週日曜日に計12回の歩行者天国を実施。また、秋、冬のスペシャル開催として、10月〜12月の間に2回実施。このほか、中心メンバーで構成する基幹会議及び幹事会を原則として毎週、全体会議を年に数回開催し、活動内容を決定しています。
会員数 数10名(幅広い年代の様々な立場の人々が参画)
会費 -
入会条件 -
団体PR 実行委員会ボランティアスタッフは年間を通じ随時受け付けています。会場・食環境・広報の3つの部会と音響チームなどで、シーズンを通じスタッフどうし楽しく交流をしながらホコテンを支えるスタッフになってみませんか?
担当者 帯広まちなか歩行者天国実行委員会事務局
所在地
電話番号 0155-23-4510
FAX -
Eメール office@hokoten.net
団体HP http://www.hokoten.net/
オープニング ボランティアメンバー 幹事会

帯広ローターアクトクラブ

チャリティーフリーマーケット

団体PR

18歳〜30歳の社会人が集まり、チャリティーイベントや楽しい例会などを通し

て、異業種交流、国際交流、世代間交流を行っています!

就職や転勤などで、仕事以外の繋がりを持ちたい人、自分を成長させたい人

、将来起業したい人、人脈・友達を増やしたい人には特におすすめです。

是非、一度ゲストで参加してみませんか?お気軽にご連絡下さい!
ローターアクトクラブ(団体紹介ポスター) (1429KB)

項目
内容
代表者名 会長 川瀬 千尋
活動地域 主に帯広市内(年に数回道東、道内、全国の大会等あり)
活動目的

ロータリークラブから提唱を受けて活動しているクラブ。

青年男女が個人個人が成長し、社会から必要とされていることに取り組み、

親睦と奉仕活動を通して、会員に広い世界での信頼関係を築く機会を提供する事。

活動内容

毎月2回、基本第1・3木曜日19時30分からホテル宮崎にて例会を行っています。

内容は食事をしながら親睦を深め、その後各自が所属する委員会が持ち回りで年度初めに自分たちで考えたプログラムを行います。

毎年行っている行事としては、イカダ下りの参加、12時間チャリティーソフトボール大会、おびひろ氷まつりの雪像作り参加、3.11シンポジウム、チャリティーフリーマーケットなどがあります。

ローターアクトクラブは道東の2500地区だけでも釧路北、美幌、斜里、北見、根室、旭川、網走、稚内、名寄、帯広、富良野と11クラブあり、さらに全道、全国、全世界にクラブがあります。

会員数 24人  (平成30年2月22日現在)
会費

 年会費 18,000円 (年20回程度の通常例会食事代も含まれています)

 入会金3,000円(初年度のみ)

入会条件

・18歳〜30歳までの社会人

・善良な性格と指導者の素質を備えた青年男女

(持っている自信がなくてもOK。自然と身に付きます。)

団体PR

会員自身がプログラムを考えて行えるので成長の幅は無限大です。

会員同士の同世代異業種交流や、JICAや畜大の留学生との国際交流、

ロータリークラブとの世代間交流など、個人の視野を広げられる機会が沢山あります。

●友達を増やしたい  ●ボランティアに参加してみたい 

●地域行事に参加してみたい  ●視野や価値観を広げたい

●いろんな事を勉強・チャレンジしてみたい  ●人前で話せるようになりたい 

●自分を見つめ直すきっかけが欲しい  ●自分の力を試してみたい

例会にはゲストとして参加が可能です。

ひとつでも当てはまったら1度見学に来てみませんか?

担当者 幹事 濱谷 隆弘
電話番号 -
FAX -
Eメール rid2500obihirorac@gmail.com
団体HP

http://rac.sub.jp/

Facebookページへのリンク

ソフトボール大会 総会 交流会

TOKACHI大学

講座1

団体PR

とかちをもっと元気に!!とかちに住む様々な立場の人たちの「対話の場」をつくります。

異業種の色々な人とつながりたい、新しい学びや出会いを求めている方、参加してみませんか?

 

項目
内容
代表者名 沖田  泰範
活動地域 十勝管内
活動目的

”地域密着型の生涯学習と新コミュニティづくり”をテーマに、現在・過去・未来の『十勝の魅力(資源・人材・歴史等)』を発見・発信する活動を行います。

継続的な活動で『十勝の魅力』を体系的・有機的に繋ぎ、十勝全体の地域振興を牽引し、貢献することを目的とします。
活動内容

 

月1回程度活動しています。

・地域で活躍している人たちとの対話セッション開催

・参加した人々の対話セッション開催

・コミュニケーションを深めるためのスキルセッション開催

・帯広市、北海道とのワークショップ等の協力

会員数 25人 (参加型のため回によって変動する)
会費 1,000円/回
入会条件

・十勝を愛するすべての人

・学びたい人
団体PR

SNS等のツールで遠方の人と簡単に繋がることができる時代になりました。

一方地域づくりには、そういったつながりを前提に、そこに住む者同士の連携が不可欠であり、価値観が多様化している現代においては、立場を超えた連携が必要となります。

しかし、日々向上心や問題意識を持ちながらも、それを発散し、発展に結びつける機会が、十勝に住む住民の日常に少ないのが現状です。

TOKACHI大学が、今後の十勝の活性化のために様々な立場の人が集まる”話し合いの場”になれればと考えます。
担当者 沖田 泰範
所在地 -
電話番号 -
FAX -
Eメール tatami424@outlook.jp
団体HP Facebookページ:https//www.facebook.com/Tokachi.University
講座2 集合写真 講座3

NPO法人 緑ヶ丘スポーツクラブ

緑ヶ丘SC集合写真

団体PR

サッカーを中心としたスポーツ活動の中で、スポーツ本来の持つ楽しさを地域社会のスポーツ愛好家や青少年へ様々な交流の中から伝え、誰でも手軽に継続していける活動を目指しています。
項目
内容
代表者名 代表  下川原 久
活動地域 道内全域
活動目的 十勝・帯広地域のスポーツ愛好家に対して、誰もが参加しやすく関わりやすい各種スポーツに関する事業を行い、青少年の健全な成長と育成及び技術の向上を担い、健康と福祉の増進に寄与することを目的としている。
活動内容 ・スポーツ活動推進と、生涯スポーツに関する普及啓発事業 ・スポーツ教室及びサークルの企画・運営 ・スポーツ指導者の養成
会員数 60人
会費 年5,000円
(カーリング)月1,500~2,500円
(サッカー) 月3,000~3,500円
入会条件 入会へ条件定めなし
団体PR サッカーを中心としたスポーツ活動の中で、スポーツ本来の持つ楽しさを地域社会のスポーツ愛好家や青少年へ様々な交流の中から伝え、誰でも手軽に継続していける活動を目指しています。
担当者 下川原 久
所在地 〒080-0026 帯広市西16条南4丁目13-3
電話番号 080-5594-9227
FAX 0155-33-1016
Eメール
団体HP http://midorigaokasc.web.fc2.com/index.html
ジュニアカーリングスクール 練習風景

帯広宣隊 ジバサンダー委員会

ジバプロフ

団体PR

身近に会えるローカルヒーロー、ジバサンダー!!
項目
内容
代表者名 代表  岩田 博樹
活動地域 道内全域
活動目的 ・帯広市における、ゆるキャラに次ぐ新たなヒーローキャラクター創出によるまちおこし活動。
・ヒーロー像という、ゆるキャラとは違ったアプローチによる食育の推進や、治安維持、いじめ撲滅などキャラクターの性格を活用した地域活性化活動を通じた他町村との交流や観光資源の発信活動。
・名称は、「地場産品を推進」から「ジバサンダー」と命名しました。
活動内容  食育○×クイズショーの開催や、帯広警察署との防犯啓蒙活動、帯広市の「Motto おび広がる プロジェクト」の支援を受けた食育やいじめ撲滅をテーマとしたポスター製作など。
会員数 会員数 5人 ボランティア 4人
会費 なし
入会条件 地域活性化活動に意欲のある方。紹介制。
団体PR  テレビでお馴染みのヒーローを地元に特化したローカルヒーロー(ご当地ヒーロー)として身近に触れ合い、感じることができます。
 ヒーローは子どもたちの憧れの存在として、抜群の求心力を発揮します。プレゼンターやサプライズゲストとしての活用が期待できます。
担当者 代表  岩田 博樹
所在地 -
電話番号 -
FAX -
Eメール
団体HP http://zibathunder.wixsite.com/zibathunder
ジバ警察
ジバクイズ  ジバショー 

団体紹介のお申し込み・更新・修正について

 日頃の活動を紹介していただける団体を募集しています。
 また、現在紹介している情報の更新・修正のご連絡もお待ちしています。

新たに団体紹介を希望する場合

現在紹介している情報の更新・修正・廃止を希望する場合

 修正内容が分かるものを郵送・FAX・Eメール・ご持参のいずれかの方法で下記問合せ先までご連絡ください。
 活動写真も3枚まで掲載・追加・更新できます。

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民活動部市民活動推進課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4130 
  • FAX:0155-23-0156

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • ドッグフードの神様
  • 株式会社 新生
  • 広告を募集しています