市民協働アクション

このサイトは、帯広市民の市民活動・ボランティアを応援するポータルサイトです。


関連団体リンク

コミセンへ行こう

お問い合わせ
帯広市市民活動推進課

0155-65-4130

平日8時45分~17時30分
(年末年始・土・日・祝祭日はのぞく)

帯広市市民活動推進課公式facebookページへ

あなたの∞のチカラをトコトン応援します!

子どもの健全育成

帯広市内で【子どもの健全育成】活動を行っている団体を紹介いたします。

 

 NPO法人 帯広NPO28サポートセンター

写真なし

団体PR

十勝の市民活動にエール!市民の市民による市民のための市民活動のお手伝いをしています!
項目
内容
代表者名 千葉 養子
活動地域 道内全域
活動目的 市民自らが社会の主役であることを認識し、社会的課題の発見や解決する力を高めことで、すみやすい社会(地域)を自らがつくっていくという、「豊かで楽しい市民社会の実現」を目指す。市民の市民による市民のための市民社会の実現。
活動内容 非営利市民活動団体の情報交換・連携強化を図り、地域に根ざした新しい価値を創造することを目的として、以下の活動を行っています。

1.高齢化社会生涯学習の推進
2.自然体験学習・環境学習の実施・支援
3.文化活動支援
4.まちづくり活動・支援
5.団体間交流による連携強化

会員数 -
会費 正会員 年12,000円、賛助会員 1口3,000円から
入会条件 なし
団体PR 「もっと、こうだったら・・・」「こんなことで、困っている・・・」など、一人一人の「思い」を形にしていくことで、豊かで楽しい社会(地域)を市民自らがつくる。そんな、市民社会の実現、市民の市民による市民のための市民活動のお手伝いをしています!
担当者 -
所在地 〒080-0011 帯広市西1条南28丁目4番地
電話番号 0155-25-1455
FAX 0155-25-1459
Eメール obinpo28@m2.octv.ne.jp
団体HP http://www.npo28.com/index.html
- - -

NPO法人 十勝文化会議

写真なし

団体PR

あらゆるジャンルの芸術文化を愛好する人々が横断的に連携し、交流を深め、地域文化を振興しています!
項目
内容
代表者名 林 光繁
活動地域 十勝管内
活動目的 あらゆるジャンルの芸術文化を愛好する人々が横断的に連携し、交流を深め、地域文化を振興すること。
活動内容 平成24年は本会創立30周年の節目の年で、11月に記念事業を盛大に開催します。昨年まで10回続けた「とかち文化まつり」の総合芸術祭を継続開催するほか、青少年育成のための書道や絵画、俳句、短歌などの公募展、管内の史跡をめぐる「郷土史ツアー」、教育講演会、美術や書道、写真の企画展など市民参加を得て幅広い芸術活動を展開しています。
会員数 315人
会費 年2,000円
入会条件 なし
団体PR 名称の十勝文化会議というのは、現在進行形の意味をもち、活発に論議するというフォーラムを取り入れて名付けられました。異なったジャンル(全13部会)の人々が互いに交流し、刺激し合って個展ではできない、共同制作によるチャレンジ的な創作活動を展開しています。広く十勝全域を対象とした文化活動にみなさんと一緒に取り組んでいきましょう。
担当者 -
所在地 〒080-8688 帯広市東1条南8丁目2
電話番号 -
FAX -
Eメール -
団体HP -
- - -

NPO法人 コミュニティシンクタンクあうるず

ロングトレイル

団体PR

地域づくりの意識啓発活動や、地域発展のための施策立案、地域のシンクタンクとして地域が求める施策の行政等への提言、実践的行動によって地域づくりに寄与しています!
項目
内容
代表者名 梅津 一孝
活動地域 道内全域
活動目的 地域づくりの主体者である住民に対して意識啓発活動を行うと同時に、住民ニーズを把握し地域の発展にかかる施策の立案に寄与することを目的とする。また、行政等に対しては地域のシンクタンクとしての機能を発揮し、地域が求める施策を提言すると共に、実践的行動によって地域づくりに寄与することを目的とする。
活動内容

(1)地域施策と住民ニーズの整合を図るための調査研究事業

(2)まちづくりに係わる調査・研究

(3)地域の課題解決のために貢献する運動体形成事業

(4)地域振興に寄与するための住民の啓発を目的としたシンポジウム・イベントの企画、運営

(5)子どもが地域の産業や文化・生活の知恵に対する理解を深めるための地域連携支援策の研究・企画・運営

(6)諸外国からの留学生や研修生と地域住民の文化的交流を促進するための企画・支援
会員数 30人
会費 個人 年3,000円
入会条件 会の趣旨を理解し賛同することができる者
団体PR あうるずでは、様々な分野のスペシャリストと連携をとり、単なる意匠のみではなく、思想を型にしていくプロセスにより地域の向上を図っています。また、十勝ソーシャルビジネスネットワークでは、より安心・安全な食料生産を目指す農業者や加工事業者と食や農業に関心の高いユーザーとの結びつきを図り、手間のかかる有機農産物の高付加価値化をすすめ、高いレベルの安心を提供する有機ブランドの形成を目指しています。さらに、十勝を100km歩く旅『とかちロングトレイルクラシック』を開催し、通過型観光では得られない「農村と共感・共鳴する旅」として地産地消の食と大規模畑作・酪農などここにしかない交流を行っています。
担当者 菊池 優子
所在地 〒080-0802 帯広市東2条南4丁目10
電話番号 0155-67-6305
FAX 0155-67-6307
Eメール kikuchi-y@biomass-research.com
団体HP http://www.owls.ne.jp/
パッケージデザイン 十勝ソーシャルビジネスネットワーク -

NPO法人 子どもと文化のひろばぷれいおん・とかち

写真なし

団体PR

子どもの「あそび」は成長発達に不可欠です。「あそび」の[時間・空間・仲間]を創り出し、豊かな子どもや子どもを見守る地域社会づくりを目指しています!
項目
内容
代表者名 今村 江穂
活動地域 帯広市と近郊町村
活動目的 主に十勝の子どもと大人に対して、芸術文化や自然環境を含む生活体験などの場づくりを通して、子どもと大人が共に学び合い育ち合えるぬくもりある豊かな地域文化環境をつくる。
活動内容 1.芸術文化体験事業:乳幼児〜大人まで、年齢に応じた、プロの劇団による優れた舞台芸術公演を主催。 
2.生活文化体験事業:あそびのひろば、キャンプ、こどもまつりなど、子どもの年齢に合った様々な体験活動の場を主催。 
3.子育て支援事業:就園前の乳幼児と保護者対象の子育てサロン。親子での季節の遊びや生活体験を実施。  
4.地域ネットワーク事業:明和小学校にて、週2回放課後のあそびプログラムを実施。<帯広市こどもの居場所づくり事業>
5.広報誌発行事業:子育て応援情報誌「ぷれいおんTime」を季刊発行。
会員数 370人
会費 個人会員 月1,200円
入会条件 いつでも誰でも入会できます。正会員は主催公演・イベントに優先的に会員価格で参加できます。賛助会員は舞台鑑賞優待券を進呈します。
団体PR 子どもの「あそび」は食事や睡眠と同様に人として成長発達するため不可欠なものです。ぷれいおん・とかちは、あそびの[時間・空間・仲間]を創り出しています。また、異年齢での活動を通じて、豊かな子どもの世界、子どもの育ちを見守る地域社会づくりを目指している非営利の民間団体です。 前身の「十勝おやこ劇場」1973年の設立以来、地域に根ざした活動を続けています。
担当者 羽賀 陽子
所在地 〒080-2470 帯広市西20条南5丁目18-2
電話番号 0155-36-0560
FAX 0155-36-0560
Eメール info@play-on-tokachi.net
団体HP http://play-on-tokachi.net/
- - -

NPO法人 とかち馬文化を支える会

写真なし

団体PR

とにかく馬好き、動物好きな方が集まって楽しい地域づくりに少しでも寄与したいと考えています!
項目
内容
代表者名 三宅 陽一
活動地域 道内全域
活動目的 北海道十勝に根付く有形無形の馬文化に関しての情報発信や馬の多面的機能の実証・普及に関する事業を行い、馬とふれあいを通した情操教育・福祉など馬資源を活用したまちづくり・経済活性化に寄与することを目的とする。
活動内容 帯広競馬場を中心に、「チャグチャグ馬コin帯広」「北海道和種馬祭」など、馬文化を紹介するイベントを積極的に展開。また、かつての馬との暮らしを聞き取り調査しまとめた「馬文化新聞」を発行したり、「ばん馬」と共に小・中学校に出かけ様々な学習を行う「出前授業」の実施、更に、百年記念館と帯広競馬場間の馬車運行、共進会などに賞品を提供する生産者支援、馬学セミナーの開催など、あらゆるスタイルで馬文化の啓発・普及活動を展開しています。
会員数 305人
会費 年3,000円
入会条件 特になし
団体PR 様々な種類の馬や馬文化が花開く十勝。ばんえい競馬が、この地に残ったのもこの地域性あればこそだったと確信します。北海道開拓や、その後の発展に大きく寄与した馬達の姿を今に残す「ばんえい競馬」を核として、多くの人たちに馬文化を体感してもらいたい・・・という堅い理想は理想として、とにかく馬好き、動物好きな方が集まって楽しい地域づくりに少しでも寄与したいと考えていますので、皆様も是非ご入会の上ご支援ください。
担当者 旋丸 巴
所在地 〒080-0020 帯広市西11条南16丁目1-6
電話番号 0155-67-6890
FAX 0155-67-6891
Eメール info@umabunka.com
団体HP

http://umabunka.com/

- - -

NPO法人 障害者家族地域生活支援事業所てぃんくる

NPO法人障害者家族地域生活支援事業所てぃんくる

団体PR

障がい児者や不登校児またそれらのご家族に対して、利用者ニーズに応じた幅広い支援を行っています!
項目
内容
代表者名 理事長 松田 之志
活動地域 帯広市と近郊町村
活動目的 障がい児者又はその家族が障がいをもっていても普通の生活が送れるよう地域生活支援の充実に寄与する。また、不登校児に対して自らの意思で過ごせる場を提供するなどの教育支援を目的とする。
活動内容 帯広市内6カ所及び清水町にて障害者自立支援法に基づく障害福祉サービスを提供しています。例えば障がい者の家事援助や入浴介助、買い物やプール等の付添やレクレーション等の余暇活動の支援、また、障がい児の放課後支援等障がい児者とその家族への幅広い日常生活支援を行っています。帯広市内1カ所において、何らかの理由で学校へ行けずに悩まれている児童生徒に対する支援(フリースクール)を行っています。
会員数 169人
会費 年3,000円
入会条件 -
団体PR てぃんくるでは、障がい児者や不登校児またそれらのご家族に対して、利用者ニーズに応じた幅広い支援を行うことで、地域の福祉や教育に貢献できるよう努めております。てぃんくるの8つの事業所がそれぞれの特色を生かした運営を行っていますので、ぜひ一度お気軽に遊びに来てみませんか。個性ある職員が笑顔でお待ちしております。
担当者 総務担当 澤谷 千晶
所在地 〒080-0023 帯広市西13条南13丁目1番地
電話番号 0155-20-5751 (平日9時-18時)
FAX 0155-20-5752
Eメール
団体HP http://npotinkle.web.fc2.com
- - -

NPO法人 教育支援協会北海道

放課後イングリッシュ

団体PR

将来を担う子どもたちの健全育成と、そのために必要な教育改革の実現を目指します!
項目
内容
代表者名 榎本 尚世
活動地域 道内全域
活動目的 将来を担う子どもたちの健全育成と、そのために必要な教育改革の実現。
活動内容 将来を担う子どもたちの健全育成と、そのために必要な教育改革の実現を目的として、内閣府から認証を受けた教育分野最初の全国組織のNPO法人が教育支援協会です。教育支援協会も全国に22の支部を設置し、国からさまざまな事業を受託し、自治体や教育委員会と事業を進めて参りました。社会が中央集権体制から地方分権の時代へと大きく変わろうとしていることを受けて、道からの認証を受けて地域NPOとして独立することとなりました。こうして生まれたのが教育支援協会北海道です。全国の教育支援協会、自治体、教育委員会と連携して、全国組織としての特色を生かしながらも、北海道の教育ニーズへ対応して活動を進めてまいります。
会員数 約100人
会費 年2,000円
入会条件 協会の活動に賛同・協力頂ける方
団体PR 主な活動内容(2017年4月現在)
 ■自主事業…地域子ども教室「放課後イングリッシュ」「放課後おもしろサイエンス」
 ■委託事業…音更町「小学校英語活動サポート事業」「放課後子ども教室」本別町「小学校英語活動サポート事業」「中学校英語指導助手コーディネート事業」上士幌町「土曜学習推進事業」ほか
 ■助成金事業…【国立青少年教育振興機構/子どもゆめ基金】「だがしや楽校ほっかいどう」「土曜学習教育サポーター育成事業」「見て学ぶ!英語でコミュニケーション活動~子ども向け教材開発・普及活動」
 ■出前事業…幼児・小学生向け英語およびサイエンス(自治体の社会教育活動、PTAイベント、親子レク、家庭教育学級ほか)、教員向け英語指導研修
担当者 白石 友柄
電話番号 0155-33-3033(事務所)
所在地 〒080-2470 帯広市西20条南3丁目13-4
FAX 0155-33-3010(事務所)
Eメール
団体HP http://kyoikushien-h.com/
だがしや楽校
放課後イングリッシュ
放課後おもしろサイエンス

NPO法人 馬事公苑帯広セントラルスポーツ倶楽部

写真なし

団体PR

帯広競馬場南側運動広場を活動拠点として、地域に根ざした住民の生涯スポーツをめざし、サッカーを中心とした各種スポーツ活動を普及推進しています!
項目
内容
代表者名 金澤 耿
活動地域 帯広市と近郊町村
活動目的 サッカーを中心とした地域住民のためのスポーツ活動等の場を提供する。
活動内容 サッカー活動を中心とした地域スポーツクラブとして会員の日常活動とサッカーファミリーの拡大事業。
会員数 500人
会費 年1口10,000円
入会条件 年会費を納入された方で健康な方
団体PR 人工芝夜間照明付フットサルコート2面、天然芝サッカーコート少年用2面
担当者 野杉 登
所在地 〒080-0018 帯広市西8条南18丁目3番地
電話番号 0155-67-5644
FAX 0155-67-5644
Eメール bos-n@rose.plala.or.jp
団体HP http://www7.plala.or.jp/bos/
- - -

NPO法人 北海道放射能分析センター

写真なし

団体PR

「皆様が安心して暮らせる環境づくり」をテーマとし、放射能測定をはじめ、地域安全活動、まちづくり推進活動、子供の健全育成活動に取り組んでいます!
項目
内容
代表者名 栗田 律子
活動地域 -
活動目的 地域住民をはじめ多くの人々に対して、安心して暮らせる環境を守るため、社会的、環境的なニーズにあった活動をとおして、生活環境の保全、次世代の健全な育成促進に関する事業を行い、安心安全な生活に寄与
活動内容

1)生活環境の中の放射能測定(地域で生産された農畜産物の放射能測定実施)

2)学校給食の食材の放射能測定(管内の学校給食センターより食材の放射能測定実施)

3)健康を害する恐れのある食品・商品等の注意喚起

4)安心・安全な生活・まちづくり企画立案、研修、啓発活動(24年6月講演会開催「原発事故の日常生活への影響」)

5)その他、東北地方より移入された食材等、地元の熊、鹿肉等の測定
会員数 12人
会費 年1,000円
入会条件

入会申込書により、理事長へ申し込む

理事長は、入会を拒否する正当な理由がない限り、入会は認められる

団体PR 北海道放射能分析センターは「皆様が安心して暮らせる環境づくり」をテーマとし、放射能測定をはじめ、地域安全活動、まちづくりの推進を図る活動、子供の健全育成を図る活動事業に取り組む帯広市の特定非営利活動法人です。北海道放射能分析センターの放射能分析サービスでは、食品・水・土壌(汚泥は除く)・肥料・飼料等測定対象となるものは多岐にわたります。又、高感度な測定を実現する測定機器を用意しております。「放射能汚染の影響によって野菜やお魚は安全なのか」、「子供を公園などで遊ばせてもいいのか」といった不安を抱えている方々がたくさんいらっしゃいます。当センターでは、一人でも多くの方に安心を届けてまいりたいと考えておりますので、お悩みの方は、是非、北海道放射能分析センターまでお気軽にお問合せください。
担当者 廣瀬 裕鴻
所在地 〒080-0802 帯広市東2条南16丁目11番地1
電話番号 0155-27-4100
FAX 0155-64-2233
Eメール hokkaido@housyanou-bunseki.com
団体HP http://housyanou-bunseki.com/
- - -

大山緑地と若葉の森を愛する会

写真なし

団体PR

「ゴミ拾いから」をモットーに、周辺の子供たちやお年寄りが住みやすい環境づくりを目指します!
項目
内容
代表者名 板垣 和仁
活動地域 帯広市内
活動目的 今では少なくなった都市部の天然湿地林である「大山緑地や若葉の森」の自然環境保全活動、そして自然と地域住民や隣接する小中学校の児童生徒との共生・調和である。
活動内容 最近、緑地の乾燥化が著しく、この30年間で水位が1メートル以上も低下し、ササの進入などを許している。この自然を維持する為、水位の変化に目を向けた帯広畜産大学の研究室や帯広第八中学校・自然観察少年団などの調査・研究を参考に、乾燥化に歯止めをかける為の活動を模索している。また、行政が作成した環境アセスメントの動植物に関する目録をさらに充実させるための調査を専門家などと共に行い、この緑地の自然の貴重さをさらにアピールしたい。今後も行政と連携しながら「ゴミ拾い、間伐作業、緑地周辺の草刈、枯葉の掃除」などを継続し、会員以外の多くの住民や子ども達と共に歩んで行きたい。
会員数 20人
会費 なし
入会条件 特定の価値観に固執せず、自然を愛し、地道な活動に労力を惜しまない方なら、どなたでも結構です。
団体PR まず難しいことはさて置き「ゴミ拾いから」をモットーに、周辺の子供たちやお年寄りが住みやすい環境づくりを目指します。平成24年度、帯広市・第八中学校地域支援本部と共に作成した自然観察ハンドブックを参考に、今まで行ってきた、あるいは今後の活動や成果をいずれ一冊の本にまとめ、「大山緑地や若葉の森」の素晴らしさを後世の人々に伝えていければと考えております。そんな我々のボランティア活動に是非支援のほど宜しくお願いします。
担当者 柴多 浩一
所在地 〒080-2469 帯広市西19条南5丁目12-9
電話番号 0155-38-5205(090-1649-0024)
FAX 0155-35-0281
Eメール papiyon@octv.ne.jp
団体HP http://tech.obihiro.ac.jp/~ooyama/
- - -

駆け込みシェルターとかち

写真なし

団体PR

配偶者間の暴力は重大な人権侵害であり、人間の尊厳に関わる問題です。 ひとりで悩まず、一緒に解決しましょう!
項目
内容
代表者名 -
活動地域 道内全域
活動目的 夫等から精神的、肉体的暴力による被害をうけた女性が、自己の尊厳と自信を回復するために再出発する決意をした際に、DV防止法の定めにおいて支援することを目的とする。
活動内容

・パートナーからの暴力に悩む方の無料相談(平日14:00〜17:00)

・避難施設の提供(利用料なし)

・DV被害者の自立支援

・DV防止のための啓発事業
会員数 95人
会費 年5,000円(賛助会員 1口1,000円)
入会条件 会の趣旨に賛同し、その目的遂行に協力するもの。
団体PR 配偶者間の暴力は重大な人権侵害であり、人間の尊厳に関わる問題です。もし、あなたが暴力を受けていたら、勇気を出して助けを求めて下さい。あなたが悪いのではありません。ひとりで悩まず、一緒に解決しましょう。相談員はあなたの味方です。
担当者 -
所在地 -
電話番号 0155-23-9911
FAX -
Eメール -
団体HP -
- - -

帯広市青少年育成者連絡協議会

 地域リーダー宿泊研修会

団体PR

「子どもを愛するまちおびひろ」をスローガンに、地域の子どもたちの健全育成のために子どもたちの様々な体験活動や、地域ぐるみでの子育てを推進・支援する取り組みなどを行っています。
項目
内容
代表者名 会長 細岡  和幸
活動地域 帯広市内
活動目的

帯広市青少年育成者連絡協議会(青連協)は、市の青少年育成運動に呼応して、青少年

の健全育成に強い関心を持つ市民有志の方々の努力で、昭和36年7月10日に発足し、

平成23年に設立50周年を迎えた市民組織です。

「子どもを愛するまちおびひろ」をスローガンに、地域の子どもたちの健全育成のため

に子どもたちの様々な体験活動や、地域ぐるみでの子育てを推進・支援することを目的

としています。

活動内容

・青少年健全育成にかかわる関係機関・団体との連携強化を図るために、意見交換会等

を実施

・地域青少年育成フォーラムの開催促進など、地域とともに青少年育成活動を図る

取り組みを推進

・広報誌「青連協だより」を年3回(6月・10月・3月)発行し、子どもたちの行事や

地域活動を紹介

・「十勝子ども雪合戦」の開催

・地域子ども会リーダー宿泊研修会(春・秋)、ジュニアリーダー養成講座

「あすかの会」で、地域の小学生への体験活動の機会の提供や、子どもたちの健全育成

活動への取り組み

会員数 66人
会費 -
入会条件 -
団体PR

子ども会リーダー養成、青少年活動のリーダー「あるふあの会」など若い指導者育成に

力をいれています。

担当者 帯広市こども未来部青少年課
所在地 -
電話番号 0155-65-4162
FAX 0155-23-0155
Eメール -
団体HP Facebookページ:https://www.facebook.com/seirenkyou.obihiro
子ども王国 あすかの会キャンプ 十勝子ども雪合戦

あるふあの会

 あるふあの会

団体PR

中1(12歳)〜高3(18歳)で構成されるジュニアリーダーの会です。

自主・自立の会として活動しています。

異学校・異学年の友達ができる楽しい会です!未来の帯広を担うリーダーになろう!

項目
内容
代表者名 会長 小南  莉来
活動地域 帯広市内
活動目的

会員がお互いに信頼しうるメンバーとなり、有意義な青春を過ごすとともに、

常に自ら"思考する・創造する・行動する"青年となり、帯広市をになう構成員として、

友愛・責任・奉仕の精神を養い、健全なる人格を育成するものである。

活動内容

(1)会独自の活動

 ア 合宿、キャンプ

 イ 他の地域リーダーとの交流会・合同研修会

 ウ 上記ア、イにかかる打合せ・準備作業

 エ キャンプ指導等の練習

(2)青連協の各種事業への参加(指導・運営補助)

 ア 帯広市地域子ども会リーダー宿泊研修

 イ 「あすかの会」行事

 ウ プラザまつり「子ども王国」、十勝子ども雪合戦等のイベント

普段の活動は主にとかちプラザを拠点に活動しており、

土日を中心とした月1〜2回の定例会や行事(宿泊研修会等)の準備・打ち合わせ

などのために行事前の数日放課後を中心に会議等を行っています。

会員数 48人
会費 -
入会条件 中1(12歳)〜高3(18)
団体PR

帯広市ジュニアリーダー"あるふあ"の会は、自主・自立の会として活動しています。

中1(12歳)〜高3(18歳)であれば誰でも加入できます。

異学校・異学年の友達ができる楽しい会ですので興味のある方はご連絡ください。

担当者 帯広市こども未来部青少年課
所在地
電話番号 0155-65-4162
FAX -
Eメール -
団体HP -
あすか研修会の指導 あすかキャンプの指導 小樽との交流

帯広BBS会

 交流ピザづくり1

団体PR

非行に走ってしまった少年少女達に、同世代のいわば兄や姉のような存在として、一緒に悩み、一緒に学び、一緒に楽しむ事を目的としたボランティア活動をしています。会員を随時募集中です!
項目
内容
代表者名 会長  鳴海  亮
活動地域 帯広市内
活動目的 少年少女達に同世代のいわば兄や姉のような存在として、一緒に悩み、一緒に学び、一緒に楽しむ事を目的としたボランティア活動。
活動内容

・定例会 毎月第1、3金曜日 グリーンプラザ 19時〜

・帯広少年院訪問 随時検討

・グループワーク 年4回程度

(ピザ作り、パークゴルフ、ミニバレー、ゴミ拾いなど)

・各種研修会など参加

(BBS研修会、帯広ボランティア連絡協議会行事、社会福祉協議会行事など)

会員数 4人(20代以上 男3人、女1人)
会費 年会費2,000円
入会条件 -
団体PR 会員を随時募集中です!一緒に楽しく活動しましょう♪気軽にご連絡下さい☆
担当者 鳴海 亮(事務局)
所在地 -
電話番号 090-8705-9722
FAX -
Eメール -
団体HP ブログ:ameblo.jp/bbs-obihiro/
交流ピザづくり2 交流バドミントン グループワーク(クリスマス会)

帯広ロボットプロジェクト

写真なし

団体PR

十勝帯広でロボットをテーマに独自の活動を展開していきますので、ご興味のある方のご参加をお待ちしております!
項目
内容
代表者名 佐藤 賢一
活動地域 帯広市と近郊町村
活動目的 ロボット体験ワークショップやロボットイベントを通して、科学技術に触れる機会を増やし興味関心を広げてもらうことを目的として活動しています。
活動内容 ロボットイベントの企画や運営を行っています。2012年度は帯広発明協会のこども発明教室にて、ロボット教材を用いたロボットプログラミングのワークショップを開催しました。
また、2012年より社会人チームでETロボコンへ参加しています。新人技術者の育成や指導者側人材の育成にも力を入れています。2013年度は親子工場見学などを企画しております。 
会員数 25人
会費 無料
入会条件 ロボットに興味のある方、どなたでも入会できます。中学生以下は保護者の承認が必要です。
団体PR ロボットのワークショップ等のイベントへ参加したい人は「メンバー」、ワークショップなどを企画運営する「スタッフ」、そして役務や資金的に活動をサポートする「スポンサー」と、3つの参加方法があります。※メンバー、スタッフは登録無料。
十勝帯広でロボットをテーマに独自の活動を展開していきますので、ご興味のある方のご参加をお待ちしております。
担当者 -
所在地 〒080-0812 帯広市西2条南10丁目10番地
電話番号 0155-29-3914
FAX 0155-29-3914
Eメール info@pro-mo.jp
団体HP http://www.facebook.com/RobotProject
- - -

石王緑地をまもる会

写真なし

団体PR

雑草・ミヤコグサを根気良く取除く事に依り、オオバナノエンレイソウ・エゾエンゴサク・オオウバユリ等が一面に咲きだしました!
項目
内容
代表者名 会長  成瀬 昇
活動地域 帯広市内
活動目的 自然を維持管理、治安・防犯・交通安全
活動内容 雑草・枝上・枯損木・小径木処理作業(5月・7月・9月)、緑地内の清掃作業
樹名板・巣箱の取付(4から5年に取替)、調査、子供達・高齢者との散策、草花の鑑賞  他
会員数 36人
会費 年300円(連町(広陵)年10,000円協賛金 拍南緑町内会 年20,000円協賛金)
入会条件 近隣町内対象、ボランティア参加希望者
団体PR 雑草・ミヤコグサを根気良く取除く事に依り、オオバナノエンレイソウ・エゾエンゴサク・オオウバユリ等が一面に咲きだしました。嬉しいです。
担当者 藤井 敏男
所在地 〒080-0028 帯広市西18条南4丁目34-11
電話番号 0155-36-2236
FAX -
Eメール -
団体HP -
- - -

NPO法人 フラワーセラピー研究会 帯広地区

ワイルドフラワー

団体PR

合い言葉は「花でコミュニケーション」
マスコットフラワーであるオーストラリアのワイルドフラワーを使い、それぞれの個性を表現した作品作りを通して、楽しみながらゆっくりとした時間を過ごしてみませんか。フラワーセラピー研究会は、そんな時間のお手伝いをさせていただきます!
項目
内容
代表者名 代表 北守 光子
活動地域 帯広市内
活動目的 「花でコミュニケーション」を合い言葉に、花(植物)の力を借りて、人と人との関わりを大切にしながら、高齢者も障がいのある人も全ての人が、心豊かに自分らしく活き活きと過ごせる地域社会を築く一助になる活動をすること。
活動内容 ◎フラワーセラピー体験講座 : 地域コミュニティ講座・町内会・PTA・家庭教育学級などで、ワイルドフラワーを使った作品作りを通して、癒され楽しみながら自己表現をし、自分自身を再発見するというようなわくわくする時間を過ごしていただく。
◎フラワーボランティア活動 : 高齢者施設や障がい者施設で、花の福祉レクリェーションとして、コミュニケーションを大切に作品作りをいっしょに楽しんでいただく。
会員数 10人
会費 年9,300円(ボランティア保険300円含む)
本部7,300円、帯広地区2,000円)
入会条件 特定非営利活動法人フラワーセラピー研究会の指定する「フラワーボランティア講座」を修了した者
団体PR

合い言葉は「花でコミュニケーション」

マスコットフラワーであるオーストラリアのワイルドフラワーを使い、それぞれの個性を表現した作品作りを通して、楽しみながらゆっくりとした時間を過ごしてみませんか。フラワーセラピー研究会は、そんな時間のお手伝いをさせていただきます。
一般の方のところへも、福祉施設の方のところへも伺います。
担当者 北守 光子
所在地 〒080-0809 帯広市東9条南1丁目2-15
電話番号 0155-21-8888
FAX 0155-21-8888
Eメール -
団体HP -
花コミュニケーションとかちのミニ体験会 グループホームでのフラワーボランティア フラワーボランティア講座 

とかち絵手紙の会

noimage

団体PR

「ヘタでいい、ヘタがいい」の言葉をキャッチフレーズにして、書いて楽しく送って喜ばれる絵手紙、ご一緒に始めてみませんか。
あなたの心の優しさを絵手紙に表現して、大切な人に届けて下さい!
項目
内容
代表者名 代表  津島 民子
活動地域 道内全域
活動目的 絵手紙を通じて互いに交流の輪を広めるとともに、絵手紙の表現力の向上に努めることを目的とする。
活動内容 (1)「絵手紙たなばた祭り」の企画・開催
(2)市町村サークル活動への協力(情報提供、展示会への友情出品など)
(3)道内外の行事への参加計画、呼びかけ
(4)指導者の育成
(5)会報「わわわ」の発行
(6)会の発展、会員相互の仲間作りの為に必要なイベント計画、実施
会員数 90人
会費 年3,000円
入会条件 絵手紙を愛する人ならどなたでも参加できます。
男・女・子ども・高齢者
団体PR 「ヘタでいい、ヘタがいい」の言葉をキャッチフレーズにして、書いて楽しく送って喜ばれる絵手紙、ご一緒に始めてみませんか。
あなたの心の優しさを絵手紙に表現して、大切な人に届けて下さい。
担当者 津島 民子
所在地 〒080-2473 帯広市西23条南4-36-10
電話番号 0155-36-1444
FAX 0155-36-1444
Eメール shimaat60@gmail.com
団体HP -
- -

おりがみサークル パピロフレンズ

noimage

団体PR

子供から高齢者まで各年代に合わせた折り紙を教えます!
また「折り紙」を「まちづくり」につなげられるよう日々がんばっています!
項目
内容
代表者名 代表  三浦 将宏
活動地域 道内全域
活動目的 折り紙のやさしさ、楽しさを伝える事を中心に活動しています。
活動内容

主に帯広、十勝を中心に折り紙の指導や作品展示、各種イベント参加しています。また折り紙の創作や研究も行っています。

帯広市社会福祉協議会の「ボランティアセンター」で折り紙教室を月1回不定期13:30から14:30に開催しています(実費負担300円)。開催日については気軽にお問い合わせください!
会員数 6人
会費 なし
入会条件 折り紙が好きである方なら誰でもOKです!
団体PR 子供から高齢者まで各年代に合わせた折り紙を教えます!
また「折り紙」を「まちづくり」につなげられるよう日々がんばっています!
色々な地域や方々とつながって行ければと思いますので、宜しくお願いします。
担当者 三浦 将宏
所在地 〒080-2469 帯広市西19条南3丁目16-1
電話番号 090-2876-5481
FAX -
Eメール -
団体HP -
- -

NPO法人 緑ヶ丘スポーツクラブ

緑ヶ丘SC集合写真

団体PR

サッカーを中心としたスポーツ活動の中で、スポーツ本来の持つ楽しさを地域社会のスポーツ愛好家や青少年へ様々な交流の中から伝え、誰でも手軽に継続していける活動を目指しています。
項目
内容
代表者名 代表  下川原 久
活動地域 道内全域
活動目的 十勝・帯広地域のスポーツ愛好家に対して、誰もが参加しやすく関わりやすい各種スポーツに関する事業を行い、青少年の健全な成長と育成及び技術の向上を担い、健康と福祉の増進に寄与することを目的としている。
活動内容 ・スポーツ活動推進と、生涯スポーツに関する普及啓発事業 ・スポーツ教室及びサークルの企画・運営 ・スポーツ指導者の養成
会員数 60人
会費 年5,000円
(カーリング)月1,500~2,500円
(サッカー) 月3,000~3,500円
入会条件 入会へ条件定めなし
団体PR サッカーを中心としたスポーツ活動の中で、スポーツ本来の持つ楽しさを地域社会のスポーツ愛好家や青少年へ様々な交流の中から伝え、誰でも手軽に継続していける活動を目指しています。
担当者 下川原 久
所在地 〒080-0026 帯広市西16条南4丁目13-3
電話番号 080-5594-9227
FAX 0155-33-1016
Eメール
団体HP http://midorigaokasc.web.fc2.com/index.html
ジュニアカーリングスクール 練習風景

WEWとかち

WEWとかち1

団体PR

おばさん、おじさんからのメッセージ「今のままでいいんだよ^^」
項目
内容
代表者名 代表 若菜 順
活動地域 帯広市と近郊町村
活動目的  近年子どもや若者を取り巻く状況は、社会の中で希望を見出すことがさらに難しく深刻な社会問題になっています。
  私たちは2008年に若者の相談支援をスタートさせ、その後不登校の保護者支援、若者の居場所作り、子どもの学習支援活動を帯広市を中心に続けてきまし た。これらの活動を通して私たちは人は環境が整うと一生懸命がんばる存在であるという「自己実現の人間観」を確信しました。
 『子どもが子どもら しさをすごす「ゆっくりとした時間が尊重され、おとなが明日への活力を培い、文化的な素養を高め、子どもを愛することができる「再生産の時間」が、当たり 前のこととして保証され(大阪大学大学院教授小野田正利氏)」る環境を、地域の子どもや若者、そして大人の方々と協力して創っていきたいと考えています。
活動内容 1.不登校を語る親の会「時熟(ときじゅく)」(市教育委員会の後援) 1〜2ヶ月に1回例会
2.学習支援の居場所「歩歩(ぽぽ)」 毎週水曜日
3.フリースクール&フリースペース「くるみの森」 当面の間は毎週木曜日
4.若者の居場所支援「群々かふぇ」 月に1回土曜か日曜
5.イベント事業 適宜
会員数 会員 50人  ボランティア 8人
会費 それぞれの活動により違います。お問い合わせください。
入会条件 なし
団体PR  不登校、若年無業者、ひきこもり等の社会問題に関する国の施策は大きな枠組みでは進んでいますが、一人ひとりの違いを理解し、心情の理解に努め、迅速にきめ細かに行き届いたサービスを提供するには地域住民参加型の市民活動に大きな期待が寄せられています。
 私たちは、これまでの活動を継続発展させるとともに、新たにつくるフリースクールも含め地域で子どもを育てる環境とネットワークを構築し、活力ある社会の実現に寄与していきたいと思います。
担当者 代表 若菜 順
所在地 〒080-2471 帯広市西21条南3丁目15-26
電話番号 -
FAX -
Eメール
団体HP

http://wewtokachi.sakura.ne.jp/
Facebook「不登校を語る親の会」「群々かふぇ

WEWとかち2 WEWとかち WEWとかち4 WEWとかち5 

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

日本ノマド・エデュケーション協会

日本ノマドエデュケーション協会1

団体PR

【モットー】教育をもっと楽しく、もっと自由に!
項目
内容
代表者名 事務局長 藤本 研一
活動地域 道内全域
活動目的  「ノマド」=遊牧民のように場所を超えて、「エジュケーション」=教育的関係を作っていく。私たちの団体名には、いつでも・どこでも、時間・場所・年齢を超え、学びたい人がつながり合い、学び合うことを思いとして込めています。
活動内容 ・十勝地域の若者を対象とした勉強会「オビゼミ」の開催・・・「発信力のある若者になろう」をテーマにファシリテーション(講座)を毎月実施。
・日本の思想を研究する「読書会@札幌・帯広」の開催・・・日本の思想を知り、今後の社会について議論する読書会を毎月開催。札幌とSkypeでつなぎ、より多様な視点で学習を深めている。
・各種イベント・・・教育に関するイベントを不定期開催。
会員数 会員数 10人 ボランティア 10人
会費 1回500円~1,000円
入会条件 理念に賛同いただける方
団体PR  団体理念として「より多様な教育的関係の樹立」「より新たな教育的価値の創造」「より上質な教育の場の提供」を掲げています。人々が自由に学び、自由に生きていけるよう、「楽しい学びの場」「気付きがある場」を作っています。
担当者 事務局長 藤本 研一
所在地 -
電話番号 090-5046-2446
FAX -
Eメール nomad.education.japan@gmail.com
団体HP http://nomad-edu.net/
日本ノマドエデュケーション協会2 日本ノマドエデュケーション協会3

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

公益財団法人 全国友の会振興財団 帯広友の会

帯広友の会1

団体PR

健全な家庭から良い社会を希って、生活の様々の事を学び合っています。
項目
内容
代表者名 総リーダー 小森 千景
活動地域 十勝管内
活動目的  友の会は、日本で初の女性新聞記者となった羽仁とも子を中心に、雑誌「婦人之友」の愛読者によって創られました。
 よい家庭からよい社会を目指して、家庭生活の健全な発達に力を尽くし、社会の文化向上を寄与することを目的とする。
活動内容

 会員同士、良い交わりの中に健全な家庭生活を目指して、励み、それをもとに講習会等を開いて私たちの望む良い社会の実現に努めています。
 子育て講習会、家事家計講習会、料理、洗たく、洋裁などの各種講習会、地域の福祉活動の協力他

会員数 248人
会費 月750円 入会金200円
入会条件 女性に限る
団体PR

 友の会は2015年で創立85年、雑誌「婦人之友」は創刊113年をむかえます。
 シンプルでていねいな気持ちのよい生活を目指して、合理的な家事や時間の使い方、家計や子どもの事を学び合っています。
 どなたでも入会できますので、ご一緒になさいませんか?

担当者 子育て講習会実務リーダー 山田 君江
所在地 〒080-0019 帯広市西9条南10丁目2-11 メゾン陸奥206
電話番号 0155-24-1516
FAX 0155-24-1516
Eメール
団体HP http://www.octv.ne.jp/%7Eobitomo/
帯広友の会2 帯広友の会3

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

帯広宣隊 ジバサンダー委員会

ジバプロフ

団体PR

身近に会えるローカルヒーロー、ジバサンダー!!
項目
内容
代表者名 代表 岩田 博樹
活動地域 道内全域
活動目的

・帯広市における、ゆるキャラに次ぐ新たなヒーローキャラクター創出によるまちおこし活動。

・ヒーロー像という、ゆるキャラとは違ったアプローチによる食育の推進や、治安維持、いじめ撲滅などキャラクターの性格を活用した地域活性化活動を通じた他町村との交流や観光資源の発信活動。

・名称は、「地場産品を推進」から「ジバサンダー」と命名しました。

活動内容

 食育○×クイズショーの開催や、帯広警察署との防犯啓蒙活動、帯広市の「Motto おび広がる プロジェクト」の支援を受けた食育やいじめ撲滅をテーマとしたポスター製作など。

会員数 会員数 5人 ボランティア 4人
会費 なし
入会条件 地域活性化活動に意欲のある方。紹介制。
団体PR

 テレビでお馴染みのヒーローを地元に特化したローカルヒーロー(ご当地ヒーロー)として身近に触れ合い、感じることができます。
 ヒーローは子どもたちの憧れの存在として、抜群の求心力を発揮します。プレゼンターやサプライズゲストとしての活用が期待できます。

担当者 代表 岩田 博樹
所在地 -
電話番号 -
FAX -
Eメール
団体HP http://zibathunder.wixsite.com/zibathunder
ジバ警察
 ジバクイズ ジバショー

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

帯広の森コミセンレコードボランティアの会

れこ

団体PR

よく知っている懐かしいレコードを聴き、少し歌い、楽しみませんか!
項目
内容
代表者名 会長 垣谷 欣一
活動地域 帯広市と近郊町村
活動目的

レコード音楽愛好者を中心に、一般向けレコードコンサートを開催し、福祉施設や学校等へ出前講座も行っています。

参加者の皆さんが楽しめるよう、音楽活動を通して、大空・南の森地域の活性化とまちおこしに微力ながら努めたいと考えています。
活動内容

・月に1回程度、一般向けや会員向けのレコードコンサートを無料で開催。

・ 「歌う集いブルースカイ」とともに施設慰問や地域団体、学校への出前コンサート開催。

・寄贈レコードの整理。

レコードは、購入したものではなく愛好者から無償で寄贈を受けています。収蔵品のレコードで、参加者がリラックスして聴いたり歌ったりして楽しめる集いを実践しています。

 

会員数

会員数 52人 ボランティア 52人

うち事務局スタッフ4人
会費 500円/年
入会条件 なし
団体PR よく知っている懐かしいレコードを聴き、少し歌い、楽しみませんか!
担当者 垣谷 欣一
所在地 帯広市大空町2丁目10-4
電話番号 0155-47-1170
FAX -
Eメール -
団体HP -

  れこ
れこ

 

星槎国際高等学校 帯広学習センター ボランティア部

写真なし

団体PR

「人を認める、人を排除しない、仲間を作る」を大切に活動します
項目 内容
代表者名 センター長 松山さとみ
活動地域 帯広市内
活動目的 さまざまな背景のある子どもたちに学びの場を提供し、街全体を学びの場として、
共感理解教育の実践、共に創り、共に育みあう場として開設しました。
活動内容 高校生への教育活動、小中学生のフリースクール、大学スクーリングなど、
さまざまな活動を通じて地域の教育の一端を担っています。
ボランティア部は、子育てNPOや障がい者団体などのイベントのお手伝いなどに
幅広く参加しています。
会員数 140名(生徒数)
会費 -
入会条件 -
団体PR 星槎国際高校では、生徒の個性を生かしながらボランティア活動に取り組んでいます。
若さで地域を元気にします。
担当者 副センター長 高橋知行
所在地 〒080-0015 帯広市西5条南10丁目37番地
電話番号 0155-22-3830
FAX 0155-22-3835
Eメール t_takahashi@seisa.ed.jp
団体HP http://www.seisa.ed.jp/obi/
- - -

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

団体紹介のお申し込み・更新・修正について

 日頃の活動を紹介していただける団体を募集しています。
 また、現在紹介している情報の更新・修正のご連絡もお待ちしています。

新たに団体紹介を希望する場合

現在紹介している情報の更新・修正・廃止を希望する場合

 修正内容が分かるものを郵送・FAX・Eメール・ご持参のいずれかの方法で下記問合せ先までご連絡ください。
 活動写真も3枚まで掲載・追加・更新できます。

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民活動部市民活動推進課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4130 
  • FAX:0155-23-0156

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • ドッグフードの神様
  • 株式会社 新生
  • 広告を募集しています