ごみの出し方が変わりました!スプレー缶・カセットボンベの穴あけが不要になりました!「資源ごみの日」に他の缶類とは別の袋で出します

スプレー缶類の穴あけ時の事故を防止するため、平成29年7月からスプレー缶類のごみの出し方が変わりました。
平成30年12月16日夜、札幌市で爆発事故が起きました。
屋内でスプレー缶・カセットボンベの処理処理はしないでください。

 

1)資源ごみ「Sの日」(無料)に出してください。

ポイント 出す日は変わりません。

 

2)中身を使い切って、穴を開けずに他の缶類とは別々にして、透明・半透明の袋に入れて排出してください。

スプレー缶・カセットボンベの分別

ポイント 屋内でのスプレー缶・カセットボンベの処理は大変危険です。

ポイント 使い切れずに処理する場合は、必ず、火気のない、風通しの良い屋外で中身のガスがなくなるまで噴射して下さい。

ポイント  処理できない場合は、清掃事業課(0155-2-37-2311)までご相談下さい。

 

3)資源集団回収には出せません!

ポイント スプレー缶類は安全確保のため資源集団回収には出せなくなりました。
※飲料や缶詰などの缶類は従来どおり資源集団回収に出せます。

ごみ収集車の火災スプレー缶・カセットボンベは収集車の火災やくりりんセンター爆発事故の原因になりますので、スプレー缶・カセットボンベは「燃やさないごみ」(青色の指定ごみ袋)には絶対に出さないでください!!

わけぞうイラストスプレー缶とは缶の中に液体と噴射剤を封じ込め、霧状に噴出させる仕組みのものです。(ヘアスプレー・殺虫剤・塗料スプレー等)「中身が使い切れない」という時は、清掃事業課までご相談ください。

【問い合わせ先】
帯広市清掃事業課 ごみ減量係 帯広市西24条北4丁目1
電話:0155-37-2311 FAX:0155-37-2313
Eメールアドレス:clean@city.obihiro.hokkaido.jp

※詳細はPDFでも紹介しています。
 スプレー缶、カセットボンベのごみの出し方が変わりました (330KB)
 屋内でスプレー缶・カセットボンベの処理を行うことは大変危険です!! (5782KB)

 

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民環境部清掃事業課

  • 所在:〒080-2464 帯広市西24条北4丁目1
  • 電話:0155-37-2311(直通)
  • FAX:0155-37-2313

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • ドッグフードの神様
  • 株式会社 新生
  • 広告を募集しています