新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険料の減免について

 新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少する見込みの世帯や、主たる生計維持者が新型コロナウイルス感染症により死亡または重篤な傷病を負った世帯に対し、国民健康保険料が減免される制度があります。

減免の対象となる世帯 

 世帯の主たる生計維持者が以下のいずれかに該当する場合、減免の対象になります。

 1.世帯の主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った場合

  ※重篤な傷病とは、1カ月以上の治療が必要であると認められるなど、新型コロナウイルス感染症の症状が著しく重い場

   合です。

 2.世帯の主たる生計維持者の事業収入等(事業収入・給与収入・不動産収入・山林収入)の減少が見込まれ、以下のすべ

   てに該当する場合

  ・令和2年中の事業収入等のいずれかが、令和元年中と比較して3割以上減少する見込みであること(保険金や損害賠償等

   により補填されるべき金額がある場合は、減少額から控除。国・道・市から支給される各種給付金は収入に含まない)

  ・主たる生計維持者の令和元年中の合計所得金額が1,000万円以下であること

  ・主たる生計維持者の減少が見込まれる事業収入等の所得以外の令和元年中の所得の合計額が400万円以下であること

  ※会社都合により離職した場合には、本減免ではなく、非自発的失業者にかかる保険料軽減制度を適用いたします。

  (ただし、給与収入以外の収入について上記に該当する場合は、減免についても対象となります。)

 

 新型コロナ減免判定フローチャートより減免に該当するかどうかの確認をすることができます。

 

減免の対象となる保険料

 ・令和元年度 普通徴収の場合は9期・10期、特別徴収の場合は令和2年2月の年金から差し引かれた分

 ・令和2年度 全期間

 ※国民健康保険の加入手続きが遅れたことなどにより、令和2年1月分以前の保険料の納期限が令和2年2月以降に設定さ 

  れている場合は、令和2年2月分以降の保険料が減免の対象となります。

 

減免額

 1.の場合

   全額

 2.の場合

   前年の所得に応じて、保険料を減免

   減免保険料額:A×(B/C)×D

   A:世帯の被保険者全員について算定した保険料

   B:主たる生計維持者の減少が見込まれる収入に係る前年の所得金額

   C:世帯主および被保険者全員の前年の合計所得金額

   D:減免割合(下表のとおり)

主たる生計維持者の令和元年中の合計所得金額  減免割合 
300万円以下
全部(10分の10) 
300万円を超え400万円以下 10分の8
400万円を超え550万円以下 10分の6
550万円を超え750万円以下 10分の4
750万円を超え1,000万円以下 10分の2

 

   ※主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合には、主たる生計維持者の令和元年中の合計所得金額にかかわらず、

    対象保険料額の全部を免除します。

 

 申請書類

 減免申請書に必要事項を記載し、以下の必要書類を添付のうえ、帯広市役所国保課に申請してください。

 なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、郵送での申請にご協力願います。

 

 1.の場合に必要な書類

  ・減免申請書

  ・死亡診断書または医師の診断書の写し、もしくは、新型コロナウイルス感染症に感染したことが証明された書類の写し

 2.の場合に必要な書類

  ・減免申請書

  ・収入申告書

  ・令和2年1月以降の収入がわかる資料の写し(帳簿、給与明細など)

  ・廃業や失業の場合は、廃業届や離職票などの写し

  ・損害保険等により補填されるべき金額がある場合には、その金額がわかる書類の写し

  ※その他の資料を求める場合があります。(令和元年中の収入がわかる資料として、収支内訳書、帳簿、源泉徴収票、給   

   与明細書の写しなど)

 

 減免申請書は以下によりダウンロードできます。

 ※ダウンロードが困難な場合につきましては、国保課より送付いたしますので、下記問い合わせ先まで電話にてご連絡願い

  ます。

  減免申請書 (326KB)

  収入申告書 (367KB)

  減免申請書記入例 (390KB)

  収入申告書記入例 (402KB)

 ※郵送の際は任意の封筒でかまいません。

 ※添付書類について、原本を送付された場合、お返しすることができません。必ず写し(コピー)をお送りください。

 

郵送申請先

 〒080-8670

 帯広市西5条南7丁目1番地

 帯広市役所 国保課 保険料係

 

申請期限

 令和3年3月31日まで

 

減免申請後について

 多数の申請が予想されるため、減免の審査や決定(更正)通知書発付には時間を要することが見込まれます。そのため、申請されてから審査を経て減免を承認し、減免後の保険料額の決定(更正)通知書等を送付するまでに2カ月以上かかることがあります。

 保険料が口座引落しの場合、減免の審査中は保険料額が変更されないため、承認されるまでの間は、減免前の金額が口座引落しされます。減免承認後、納めすぎとなった金額については還付(充当)通知が送付されます。

 納付書払いとなっている方は、承認されるまでの間は、減免前の金額について納付書が送付されます。

 保険料の未納がある方については、その分の督促状・催告書などが送付される場合があります。

 

お問い合わせ

 ご不明なことがありましたら、お手数をおかけいたしますが、お電話にて問い合わせ願います。

  帯広市役所 国保課 保険料係  電話 65-4140、65-4139

 

 

 

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民福祉部健康保険室国保課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4139,0155-65-4140
  • FAX:0155-23-0152

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • ドッグフードの神様
  • ホンダカーズ帯広
  • フージャースコーポレーション
  • 株式会社 新生(コロナ)
  • 広告を募集しています