河川敷地内で発生する流木等を木質バイオマス燃料として使用する事業者を募集します(帯広市河川敷地内流木等資源化推進事業)

 河川敷地内で発生する流木や支障木をバイオマス燃料等として利活用することで、低炭素づくり及び地域の経済活性化に寄与することを目的とし、事業者を募集します。

募集内容

  • 参加要件  
     (1)市内に本社があり、法人格を有すること
     (2)提供する流木等を一括して譲渡を受けられること
     (3)提供する流木等を市内にある自己所有施設で燃料(ボイラー等の燃料)として使用すること。ただし、燃料と 
        して使用できない部分については、市内の畜産農家等で敷料または堆肥として有効活用できること   
     (4)廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)に基づく中間処理業及び施設の許可を有する
        か、又は許可を有する事業者との共同事業であること
     (5)帯広市税の滞納がないこと
     (6)帯広市暴力団排除条例(平成25年条例第29号)第2条第1号に規定する暴力団、同条第2号に規定する暴力団
        員又は同条第3号に規定する暴力団関係事業者でないこと
     (7)政治及び宗教活動を主たる目的とする者ではないこと

 

  • 選定方法
     以下の評価基準により総合的に審査し、選定基準点の合計が最も高い者を事業者として選定します。 
     また、選定された事業者は帯広市と協定を締結します。
     評価基準


  • 支援の方法について
     北海道開発局帯広開発建設部から帯広市が一括譲渡を受けた、河川から発生する流木や支障木を、選定した事業者に全て無償譲渡します。

 

  • 譲渡予定数量
     年間約2,200t程度の予定ですが、国の事業内容等により大幅に増減することも考えられます。

  • 協定期間 
     2019年4月1日から2020年3月31日 
     ※双方からの申し出が無い場合は満1箇年延長継続され、以降も同様となります。
      ただし、協定期間は最長で5年間となります。
  • 実績報告
      事業年度終了後速やかに使用実績等を取りまとめ、帯広市へ報告するものとします。
     報告内容は下記の項目を予定しています。
     1.木質バイオマス燃料としての使用実績
     2.木質バイオマス燃料以外での使途・実績

  • 申し込み方法
     募集期間内に申込書(様式第1号)および申込書に記載の添付書類を、環境都市推進課までご提出ください。
     帯広市河川敷地内流木等資源化推進事業実施要綱
     申込書(様式第1号)申込書(様式第1号)
     (資料1)事業の概要
     (資料2)事業の概要(詳細版)
     
  • 提出場所・お問合せ先
     帯広市 市民環境部 環境都市推進課 (〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地 市庁舎8階)
     電話 0155-65-4135(直通)
     E-mail  environment@city.obihiro.hokkaido.jp

  • 今後のスケジュール     
     募集期間:平成31年3月8日(金)から3月22日(金)まで(最終受付は最終日の17:30)
     選考:3月下旬
        ※選定の結果は、別途通知いたします。
  •  

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 帯広泌尿器科
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • ドッグフードの神様
  • 株式会社 新生
  • 広告を募集しています