犬の登録と狂犬病予防注射

 犬を飼い始めたときは、一生に一度の『登録』と、一年に一度の『狂犬病予防注射』の接種が義務付けられています。

犬を飼い始めたら 「登録」 をしましょう!

 犬を飼い始めたときは「登録」をすることが義務付けられています。             
 この登録により人間でいう戸籍にあたるものがつくられます。
 登録してあなたの家族の一員にしてください。

・登録手続きをすると、「鑑札」と「門標」が交付されます。

・鑑札は首輪につけ、門標は家の入口等の見やすい場所に貼ってください。
・登録手数料は3,000円です。
・対象となる犬…生後3カ月(91日)以上の犬 
犬の登録ができる施設等一覧 (95KB)

かわいい犬の写真

次の場合は、届出が必要です。

(1)犬の飼い主が変わったとき (家族間でも)
(2)飼い主の住所が変わったとき(帯広市内のみ)
(3)犬が死亡したとき
(4)市外に引っ越ししたとき(転出先の市町村に転入届)

犬の登録事項変更届 (114KB)

犬の死亡届 (85KB)


狂犬病予防注射を必ず受けましょう!

 登録と同じく、生後3カ月を過ぎた犬は、年に1度「狂犬病予防注射」を接種しなければなりません。
 狂犬病とは、現在、日本国内での発生はありませんが、発症するとほぼ100パーセント死に至る恐ろしい人獣共通の伝染病です。

帯広市における狂犬病予防注射

 最寄りの動物病院か、年に1回公共施設等で実施する「集合注射」で受けてください。
・動物病院:通年実施しています。休診日や時間、料金等は、各動物病院に問い合わせください。
・集合注射:各地区の市施設・農協支店などで日時を決めて開催しています。お近くの会場をご利用ください。

・接種後、「狂犬病予防注射済証」(紙)と「狂犬病予防注射済票」(プレート)が交付されます。

・狂犬病予防注射済票は、首輪につけてください。

・動物病院で狂犬病予防注射済票が交付されなかった場合は、狂犬病予防注射済証を持って帯広市役所環境都市推進課にお越しください。

・狂犬病予防注射済票交付手数料は550円です。

狂犬病予防集合注射(平成31年度実施分) ※今年度は終了しました。

・市街地は4月14日(日)、川西・大正地区は5月14日(火)〜5月17日(金)に実施します。
・なお、悪天候の場合は集合注射を中止することがあります。


 詳細は次の案内をご覧ください。

平成31年度狂犬病予防集合注射のご案内(396KB)

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民環境部環境都市推進課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4136
  • FAX:0155-23-0161

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • ドッグフードの神様
  • 株式会社 新生
  • ECCジュニア
  • 広告を募集しています