令和2年度市政執行方針

はじめに

 令和2年第1回帯広市議会定例会の開会に当たり、市政執行に対する所信を申し上げ、市議会議員の皆様、並びに市民の皆さんにご理解とご協力をお願いするものであります。

 私は、市長就任以来、十勝・帯広の自立的な発展をめざし、フードバレーとかちを旗印に、圏域の結びつきの強さを活かしたまちづくりを進めてまいりました。

 この10年で、管内の一体感が強まり、地域経済の活性化や生活環境の充実につながってきています。

 人やまちの活力が向上し、この地の将来に対する明るい展望が生まれる中で、十勝のまとまりが持つ力への自信や、主体的な行動の機運が高まり、域外の共感も広がっています。

 私は、「夢かなうまちおびひろ」へのエネルギーを感じているところであります。

 これから先、従来の経験が通用しない時代においても、私たちは、未来に希望を抱き続けられる地域社会の実現に向け、力強く歩んでいかなければなりません。

 複雑化する社会環境の中で、様々な分野や人材を組み合わせ、政策の総合性を高めながら、課題への探求を続けていくことが求められています。

 私は、この地が大切にしてきたものや、将来のビジョンを幅広い人々と共有し、力を合わせながら、地域に根差した価値の創出と、生活環境の充実をはかり、人生の豊かさを享受できる「選択肢としての十勝・帯広」を築いていく決意であります。

 こうした考えに基づき、令和2年度においては、以下の三つを 重点に、市政執行に当たってまいる考えであります。

【持続的に発展する地域経済をつくる】

 一つ目は、「持続的に発展する地域経済をつくる」であります。

 十勝・帯広では、農業の生産基盤の強化や先進技術の導入等により、生産力が向上したほか、と畜場や長いも選果場の整備などが進み、農協取扱高は10年前と比べ1千億円以上増加しました。

 また、とかち・イノベーション・プログラムなどの取り組みを通し、創業・起業の機運が高まり、新設会社数が増加傾向で推移しているほか、国内外へのプロモーションにより、観光客や空港の乗降客も、過去最高を更新してきています。

 管内経済の活力が高まり、将来発展の可能性が広がる一方で、人材不足や競争環境の激化等の様々な課題が顕在化しています。

 時代の変化を乗り越え、持続的に発展する地域経済をつくるためには、農業を中心に関連産業の結びつきを強めながら、食・農などの資源を活かした新たな価値の創出をはかり、域外からの所得を増やしていくことが重要です。

 さらに、その所得を域内で循環させ、経済活動の活性化や魅力ある仕事づくりにつなげるため、地域経済の基盤をなす中小企業の振興に取り組む必要があります。

 こうした考えを基本に、先進農業の普及や6次産業化、域内外の人材の触発による事業創発を進めるほか、体験・滞在型観光の推進や、企業立地の促進などに取り組みます。

 また、人材の確保・育成や生産性の向上、ものづくりの支援などを通し、中小企業の経営基盤の強化をはかります。

【新たな時代を切り拓くひとをつくる】

 二つ目は、「新たな時代を切り拓くひとをつくる」であります。

 高度情報化の進展、超長寿社会の到来、人々の価値観やライフスタイルの多様化など、社会は大きな転換期を迎えています。

 移り変わっていく環境の中で、「ふるさと」の風土や歴史などに学び、自らの基礎を深く知るとともに、主体的に考え、行動する力や、他者と協働する力を身につけることが求められています。

 こうした力を育み、明るい未来を切り拓く人づくりにつなげるには、この地の特性を活かしながら、ライフステージに応じた学びの環境を充実していく必要があります。

 このため、幼児教育・保育の機会確保や質の向上に取り組むほか、地域における支え合いや子どもの成長に応じたきめ細かな相談対応など、子育て支援を進めます。

 学校教育では、教育環境の整備・充実や、学校・家庭・地域の連携を進めるとともに、義務教育9年間を見通した教育活動により、これからの時代に求められる資質・能力の育成や、十勝・帯広への理解促進に取り組みます。

 また、社会教育施設等の機能を活かし、魅力の向上をはかりながら、地域の自然や歴史、知識・教養、文化・スポーツなどの幅広い生涯学習の機会を提供するほか、世代を超えた交流を促進します。

【安心して暮らし続けられるまちをつくる】

 三つ目は、「安心して暮らし続けられるまちをつくる」であります。

 帯広市は、自然環境の保全や都市基盤の整備、福祉サービスの 充実などを通し、誰もが暮らしやすいまちづくりを進めてまいりました。

 ゆとりと潤いにあふれた、快適で利便性の高い生活環境が広がり、ここに住みたい、住み続けたいと思える、魅力あるまちが形成されてきていると感じています。

 一方で、地球温暖化の進行や自然災害の多発、社会保障費の増加、公共施設やインフラの老朽化など、安全・安心な日常生活に影響を及ぼす様々な課題が生じています。

 今後、安心して暮らし続けられる地域社会を実現するためには、公共施設等の整備、人と人との支え合いの充実など、ハード・ソフトの両面から、生活基盤の強化をはかっていく必要があります。

 このため、市営住宅や公園・緑地の整備、公共施設等の長寿命化のほか、環境モデル都市の取り組みなどを通し、持続可能で住み良い環境づくりを進めます。

 また、生涯にわたる健康づくりの支援や、社会保障制度の持続的な運営のほか、高齢者、障害のある人、子育て世帯などを地域全体で支える仕組みづくりに取り組みます。

 さらに、地域防災力の向上をはかるため、避難所等の環境整備や情報発信の充実など、災害時における即応態勢の強化のほか、耐震化の推進や、身近な地域における防災体制の充実に取り組みます。

 なお、新型コロナウイルスについては、事態の推移を踏まえ、適切かつ迅速な対応をはかってまいります。

主要な施策の推進

 次に、主要な施策について申し上げます。

 令和2年度予算については、第七期帯広市総合計画及び各分野計画の着実な推進に向け、三つの重点に基づき、令和元年度補正予算との一体的な編成に努めたところであります。

 以下、総合計画の体系に沿って申し上げます。

【ともに支え合い、子どもも大人も健やかに暮らせるまち】

 はじめに、【ともに支え合い、子どもも大人も健やかに暮らせるまち】について申し上げます。

 健康づくりについては、乳幼児を対象とした定期予防接種の拡充や、企業等と連携した健康マイレージ事業の実施のほか、生活習慣病の予防やがん対策などに取り組みます。

 子育て支援については、認定こども園における低年齢児の保育定員や児童保育センターの受け入れ枠を拡大するほか、家庭生活支援員の派遣を受けられるひとり親家庭の対象範囲の拡大など、仕事と子育ての両立支援を進めます。

 また、へき地保育所の認可化及び民間移管のほか、関係団体等と連携し、青少年の健全育成などに取り組みます。

 福祉については、育児と介護を同時に担う「ダブルケア」や、ひきこもりの高齢化に伴う「8050問題」をはじめ、複合的な課題を抱える方々などへの包括的な支援の仕組みについて検討を進めます。

 また、大手乳業メーカーと連携した介護予防の取り組みや、介護保険施設等の整備支援のほか、障害のある人を地域全体で支える体制づくりなどに取り組みます。

 医療については、看護師の養成や二次救急医療体制の確保に向け、関係団体との協議を進めます。

 社会保障については、国民健康保険や介護保険等の持続的な 運営に努めるほか、生活保護受給者を対象とした健康管理の支援などに取り組みます。

【活力とにぎわいと挑戦があるまち】

 次に、【活力とにぎわいと挑戦があるまち】について申し上げます。

 農林業については、生産基盤の整備や、先進農業の普及促進のほか、農業・農村の多面的機能の維持・発揮をはかるため、農地や農村環境等の保全活動に対する支援を拡充します。

 また、林道の災害復旧工事や私有林の整備支援のほか、農村集落の活性化に向け、川西・大正地区の道路整備や農業センターの修繕などを行います。

 ばんえい競馬については、公正確保や生産者支援のほか、勝馬投票券の発売体制の強化、厩舎等の整備支援などを進めます。

 地域産業については、首都圏からのUIJターンや先進設備の導入の促進などを通し、中小企業を支援するほか、地域の食・農を活かし、新商品の開発や大都市圏への販路拡大、収益性の高い新たな地産地消の取り組みを進めます。

 また、工業団地の造成・販売や補助制度の拡充などを通し、企業立地を促進するほか、創業・起業の支援や、フードバレーとかちのプロモーションに取り組みます。

 観光については、アウトドアのブランド化の取り組みや、外国人観光客の誘客のほか、観光振興の新たな財源に関する検討を進めます。

 広域交通については、北海道内7空港の一括運営委託の取り組みや、滑走路等の改良工事を進めます。

【ともに学び、輝く人を育むまち】

 次に、【ともに学び、輝く人を育むまち】について申し上げます。

 学校教育については、ふるさとへの誇りや愛着、地域社会への参画意識を育む「おびひろ市民学」を新たに実施するほか、小中一貫教育の推進や、コミュニティ・スクールの実施校の拡充をはかります。

 また、教育環境の充実に向け、老朽化した施設・設備の改修のほか、大型提示装置・実物投影機の設置やタブレット端末の導入、大空地区における義務教育学校の整備などを進めます。

 学習活動については、人生100年時代の到来を見据えた学習機会の提供や、帯広市図書館開館100周年記念事業、百年記念館における企画展の実施のほか、おびひろ動物園の魅力アップに向け、プロモーション動画の制作・発信などを行います。

 また、北海道内3国立大学の経営統合と連動をはかりながら、高等教育機能の充実に向けた取り組みを進めます。

 文化芸術については、市民主体の活動の促進や民間事業者と連携した鑑賞機会の提供、文化財の普及啓発などに取り組みます。

 スポーツについては、「よつ葉アリーナ十勝」を拠点とする新たな総合型地域スポーツクラブの開設を支援するほか、オリンピック・パラリンピックの開催に伴うイベントの実施、パラリンピック参加国の合宿受け入れなどを行います。

【安全・安心で快適に暮らせるまち】

 次に、【安全・安心で快適に暮らせるまち】について申し上げます。

 環境保全については、一般家庭への再生可能エネルギー機器の導入支援や、一部事務組合等と連携した新中間処理施設の検討のほか、関係町村と協力し、日高山脈襟裳国定公園の国立公園化に向けた取り組みを推進します。

 防災・減災については、自主防災組織の育成や、災害時要援護者避難計画の作成支援のほか、指定避難所等の暖房や水道の整備、備蓄資材の充実、携帯電話などを持たない市民向けの緊急情報一斉伝達システムの導入を進めます。

 また、事前防災・減災と迅速な復旧復興に資する施策を総合的かつ計画的に推進するため、国土強靱化地域計画を策定します。

 消防・救急については、柏林台出張所の運用開始や、車両の更新のほか、管内各消防署をつなぐネットワークシステムを構築し、組織体制の強化をはかります。

 安全な生活環境については、交通安全・防犯の意識啓発や、歩道の再整備を行うほか、成年年齢の引き下げを見据え、若年者への消費者教育に取り組みます。

 上下水道については、配水場等の耐震化に向けた取り組みや備蓄資器材の充実のほか、配水管の更新や下水道の長寿命化、帯広川下水終末処理場の施設改修などを行います。

 また、都市部と農村部の上下水道事業の一元的な運用を開始し、サービスの安定供給と業務の効率化をはかるほか、今後の収支を見定めながら、水道料金・下水道使用料体系の検証を進めます。

 都市基盤については、中心市街地活性化に向けた新たな事業者の発掘・育成や、市街地再開発事業の推進のほか、道路の計画的な補修や橋梁の長寿命化、幹線道路や生活道路の整備に取り組みます。

 また、子育て世帯向け公的賃貸住宅の整備支援や、市営住宅の建て替え等を進めるほか、空き家の適正管理や未利用地への住宅新築などを促進します。

 公園・緑地については、街区公園や中島緑地の整備、木製遊具の更新、トイレ・園路の整備のほか、通学路に隣接する公園などを優先しながら、樹木の点検・伐採等を計画的に進めます。

【市民主体のまちづくり・自治体経営】

 最後に、市民主体のまちづくりと自治体経営について申し上げます。

 市民活動については、市民からの提案による協働のまちづくり活動の促進や、コミュニティ施設の効果的な管理運営の検討を行います。

 また、アイヌ民族の歴史・文化への理解促進については、伝統舞踊の演舞機会の拡大や観光コンテンツ化などに取り組みます。

 自治体経営については、市政に関する分かりやすい情報発信や市民意見の把握に努めるほか、火葬場の長寿命化など公共施設マネジメントの推進、ICTを活用した業務効率化等の行財政改革に取り組みます。

 広域行政については、十勝定住自立圏共生ビジョン等に基づき、バイオマスの利活用などの取り組みを進めます。

 以上、令和2年度の主要施策について申し上げました。

むすび

 「人がそれを見つめて 大聖堂を思い描いた瞬間 石はただの石ではなくなる」

 未来を思い描くことが、行動への力を生むことを、フランスの作家、サン=テグジュペリは、こう表現しています。

 かつて、十勝・帯広の先人たちも同じように、未開の原野に、広大な農地を重ね合わせていたのかもしれません。

 この地には、今、大きな可能性が広がってきています。

 希望に満ちた人々の明るさ、力強さが、その可能性を伸ばし、十勝・帯広の未来を拓いていく兆しを感じています。

 あおあお ひろびろ いきいき 未来を信じる 帯広

 誰もが、夢を持ち、前向きに行動する地域社会をめざし、市民の皆さんと一緒に、まちづくりを進めてまいる考えであります。

 市議会議員の皆様をはじめ、市民の皆さんの一層のご理解とご協力を、心からお願い申し上げ、市政執行方針といたします。

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市政策推進部企画室企画課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4105
  • FAX:0155-23-0151

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • ドッグフードの神様
  • ホンダカーズ帯広
  • 株式会社 新生(コロナ)
  • 広告を募集しています