サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金2021)の公募を実施しています(2021年11月24日)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1008682  更新日 2021年11月24日

印刷大きな文字で印刷

経済産業省では、IT導入支援事業(IT導入補助金2021)の公募を実施しています。
本補助金は、生産性向上に資する方策として、IT導入支援事業者が登録するITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入する事業者に対し、導入費用の一部について補助するものです。

制度の概要

対象事業者

国内で事業を行う中小企業、小規模事業者等

 ※飲食、宿泊、小売・卸、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象

対象事業

事務局に登録されたITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入する事業(クラウド利用費や専門家経費等を含む)

※特別枠には、上記且つ、非対面化に資するITツールとその活用に不可欠なハードウェア(レンタル品)の導入に取り組む事業

※遡及申請について(特別枠のみ)
 公募開始前であっても遡及申請可能期間(2021年1月8日以降)中にITツール導入についての契約を実施し、その後、補助対象事業者による交付申請までの間に当該ITツールとそれを提供するIT導入支援事業者が事務局に登録された場合、補助対象事業となる。

申請類型及び補助率・補助額

ITツールは、ソフトウェア・オプション・役務に分類され、導入するソフトウェアが保有するプロセス(機能)の数等により申請類型を分類

 

<通常枠>

〇A類型:

 補助率:1/2以内、補助額:30~150万円未満、業務プロセス数:1以上

〇B類型:

 補助率:1/2以内、補助額:150~450万円、業務プロセス数:4以上

 

<特別枠>※非対面化に資するITツールであることが必要

〇C類型(低感染リスク型ビジネス類型):異なるプロセス間で連携を行うことで、業務を非対面化するITツール

 補助率:2/3以内、補助額:30~450万円、業務プロセス数:2以上

〇D類型(テレワーク対応類型):テレワーク環境の整備に寄与するクラウド型のITツール

 補助率:2/3以内、補助額:30~150万円、業務プロセス数:2以上

 ※類型区分により、一部事業者については、事業計画期間(3年)内に「給与支給総額が年率平均1.5%以上増加」、「事業場内最低賃金が地域別最低賃金+30円以上」を満たすことが申請要件となります。

 ※いずれか1つの類型で交付決定を受けた事業者は、IT導入補助金2021において、再度申請を行うことはできません。

交付申請期間

2021年4月7日(水曜日)~

 5次締切:12月22日(水曜日)17時00分

 ※交付申請期間中に複数回の締切りを設け、交付決定を行う予定

事業詳細等

事業の詳細等は、以下のウェブサイトをご覧ください。

申請方法

申請はjGrants(電子申請)での受付となり、「GビズIDプライムアカウント」の取得が必要です。取得の手続きは、以下をご確認下さい。

※GビズIDプライムアカウント取得方法

 (1)ウェブサイトから「gBizIDプライム作成」をクリックし、申請書を入手

 (2)必要事項を入力し、申請書と印鑑証明書をGビズID運用センターに郵送

 (3)申請が承認されるとメールが到着

 (4)メールに記載されたURL をクリックし、パスワードを設定(手続き完了)

このページに関するご意見・お問い合わせ

経済部経済室経済企画課
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4163 ファクス:0155-23-0172
ご意見・お問い合わせフォーム