生命保険料控除の変更

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002592  更新日 2020年12月14日

印刷大きな文字で印刷

平成25年度から生命保険料控除が変わります。

1.生命保険料控除の変更について

平成24年1月1日以後に生命保険会社などと契約した保険は、「新契約」となります。

2.控除額の変更について

今までの「一般生命保険料控除」「個人年金保険料」に加え、新たに「介護医療保険料」が設けられました。

新契約に係るそれぞれの保険料控除額の適用限度額がそれぞれ2万8000円になりました。(3つの合計適用限度額はこれまでと同じ7万円です。)各保険料の計算方法は「個人住民税の計算方法 」を参照

平成23年12月31日以前に契約した保険(旧契約)は、これまでの制度の適用限度額(それぞれ上限3万5000円)となります。支払保険料が新契約と旧契約の両方に係る場合、控除額の計算はそれぞれの計算方法で行いますが、各控除の適用限度額は2万8000円です。

このページに関するご意見・お問い合わせ

政策推進部税務室市民税課市民税係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4120 ファクス:0155-23-0154
ご意見・お問い合わせフォーム