新型コロナウイルスの影響により住宅を失った方への市営住宅の提供について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1003141  更新日 2021年1月26日

印刷大きな文字で印刷

雇用先からの解雇等に伴い、居住している住宅からの退去を余儀なくされる方(離職退去者)を対象に、一時的に市営住宅を提供致します。提供にあたっては条件がありますので、詳しくはご相談ください。

このほか、随時募集の市営住宅も利用可能です。(収入や世帯構成など条件が有ります)

対象者

  • 社員寮や会社などの雇用先が賃貸していた住宅から退去を余儀なくされる方
  • 住宅手当等により居住可能だった住宅から退去を余儀なくされる方
  • 解雇等により離職したが、失業給付を受給することができず、現に居住している住宅から退去を余儀なくされる方 など

対象の住宅

定期募集で応募の無かった住宅のうち市が指定する住宅
※詳しくは住宅営繕課までご確認ください。

入居条件

  • 年齢や収入などの条件はありません。※未成年のみでは入居できません
  • 最長1年までの入居となります。
  • 使用料は申し込み時点の収入に応じ、市営住宅の家賃に準じます。

必要書類

  • 収入がわかる書類(例:給与明細、源泉徴収票、所得証明書、給与支払証明書など ※収入のある方全員)
  • 退去しなければならないことがわかる書類(例:解雇通知、退去通知、賃貸住宅の契約書、退職証明書など)
  • 各種入居申請書類(住宅営繕課の窓口にてお渡しします)
  • 世帯全員の住民票(入居が決まってからご用意願います)
  • その他(障がい者手帳の写しなど)

受付

随時受付しています

このページに関するご意見・お問い合わせ

都市環境部都市建築室住宅営繕課市営住宅係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4190、0155-65-4191 ファクス:0155-23-0158
ご意見・お問い合わせフォーム