すまい給付金

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1003056  更新日 2020年12月14日

印刷大きな文字で印刷

内容

消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創設した制度です。消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は775万円以下の方を対象に最大50万円給付するものです。

対象者の主な要件

  • 住宅の所有者(不動産登記上の持分保有者)
  • 住宅の居住者
  • 収入が一定以下の者
    • 8%時:収入額の目安が510万円以下
    • 10%時:収入額の目安が775万円以下

(住宅ローンを利用しない場合のみ年齢が50歳以上で消費税率10%時の収入額の目安が650万円以下の者)

対象住宅の主な要件

  • 引上げ後の消費税率が適用されていること
  • 床面積が50平方メートル以上あること
  • 第三者機関の検査を受けた住宅であること 等

※新築住宅/中古再販住宅、住宅ローンの有無で要件が異なります。

給付額

収入額(都道府県民税の所得割額)によって給付基礎額が決まり、給付基礎額に登記上の持分割合を乗じた額が給付されます。

消費税率8%の場合

収入額の目安 都道府県民税の所得割額 給付基礎額
425万円以下 6.89万円以下 30万円
425万円超475万円以下 6.89万円超8.39万円以下 20万円
475万円超510万円以下 8.39万円超9.38万円以下 10万円

消費税率10%:住宅ローンを利用する場合

 収入額の目安   都道府県民税の所得割額   給付基礎額
450万円以下 7.60万円以下   50万円
450万円超525万円以下 7.60万円超9.79万円以下  40万円
525万円超600万円以下 9.79万円超11.90万円以下   30万円
600万円超675万円以下 11.90万円超14.06万円以下  20万円
675万円超775万円以下 14.06万円超17.26万円以下  10万円

消費税率10%:住宅ローンを利用しない場合

 収入額の目安   都道府県民税の所得割額  給付基礎額 
450万円以下 7.60万円以下  50万円
450万円超525万円以下 7.60万円超9.79万円以下 40万円
525万円超600万円以下 9.79万円超11.90万円以下  30万円
600万円超650万円以下 11.90万円超13.30万円以下 20万円

実施期間

平成26年4月以降に引渡された住宅から、令和3年12月までに引渡された、入居が完了した住宅を対象に実施する予定。

申請方法

申請は、取得した住宅に入居した後可能となります。すまい給付金事務局に郵送もしくは、全国に開設するすまい給付金申請窓口にて申請が可能です。

すまい給付金申請窓口

  • 帯広建築工業協同組合
    帯広市公園東町3丁目11-6
    電話:0155-22-1960
  • TOTO北海道販売株式会社帯広支店
    帯広市西16条南4丁目37-10
    電話:0155-33-1499
  • 株式会社カネマツ 本社
    帯広市西11条南2丁目12-8
    電話:0155-36-6428
  • 株式会社クワザワ道東支店帯広営業所
    帯広市西20条北2丁目28-1
    電話:0155-34-0027

問い合わせ

すまい給付金事務局
電話:0570-064-186
受付時間:9時から17時

このページに関するご意見・お問い合わせ

都市環境部都市建築室建築開発課住まい宅地係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4179 ファクス:0155-23-0159
ご意見・お問い合わせフォーム