未熟児養育医療給付事業

未熟児養育医療給付事業とは

 入院医療を必要とする未熟児を対象に、指定養育医療機関において必要な医療の給付を行う制度です。

対象となる方

 帯広市内に住んでいる満1歳未満の未熟児で、医師が入院治療を必要と認めた、以下の1または2に該当される方です。

  1. 出生時の体重が2,000グラム以下のもの
  2. 生活力が特に薄弱であって、次に掲げるいずれかの症状を示すもの
一般状態 運動不安、けいれんがあるもの
運動が異常に少ないもの
体温 体温が摂氏34度以下のもの
呼吸器・
循環器系
強度のチアノーゼが持続するもの
チアノーゼ発作が繰り返すもの
呼吸数が毎分50を超えて増加の傾向にあるか、または毎分30以下のもの
出血傾向の強いもの
消化器系 生後24時間以上排便のないもの
生後48時間以上嘔吐が持続しているもの
血性吐物、血性便のあるもの
黄疸 生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸のあるもの

公費負担の内容

 保険診療と入院食事療養費の自己負担分について、指定養育医療機関で医療を受けた場合に公費負担が適用されます。世帯の課税状況に応じて自己負担額が決定されます。
 ただし、帯広市の医療費助成制度(乳幼児等医療費助成制度、ひとり親家庭等医療費助成制度、重度心身障害者医療費助成制度)の対象となる場合は、養育医療の自己負担額は原則として全額公費負担となります。

申請の方法

次の書類をそろえて帯広市こども課に提出してください。

  1. 養育医療給付申請書
  2. 世帯調書
  3. 委任状
  4. 養育医療意見書
  5. 健康保険証の写し
  6. 所得課税証明書 ※下記に該当する場合のみ

※1.〜3. 保護者の方が記入してください
※4. 担当の医師に記入してもらってください
※6. その年(1月から6月までは前年)の1月1日現在、帯広市外にお住まいの方のみ提出が必要です

 

申請後は

 書類審査後、承認されますと養育医療券を申請者あてに送付いたします。

※ 認定されなかった場合は、医療給付不承認通知書を送付します。
※ 養育医療券は、申請から約1か月以内に申請者あてに送付いたします。

留意事項

  • 医療給付は養育医療券に記載された有効期間までですが、症状が改善した場合は、医師の総合的な判断に基づき、養育医療券の有効期間内であっても終了となります。
  • 治療期間を延長する場合は、別途申請が必要となりますので、すみやかに、帯広市こども課までご連絡ください。
  • 退院後の申請は認められません。

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民福祉部こども福祉室こども課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4160
  • FAX:0155-23-0155

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • ドッグフードの神様
  • ホンダカーズ帯広
  • フージャースコーポレーション
  • 株式会社 新生(コロナ)
  • 広告を募集しています