高額介護サービス費の算定について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1011488  更新日 2022年5月2日

印刷大きな文字で印刷

概要

介護保険では、介護サービス利用者の1カ月当たりの自己負担額(食費・居住費は除く)の合計額が一定の上限額を超えた場合、その超えた額を高額介護サービス費として給付する制度がありますが、帯広市の介護保険システム基本パッケージの開発元より、その高額介護サービス費算定の一部にシステム誤りが確認されたと報告があったことを受け調査した結果、過少支給が判明いたしました。

対応等

開発元から提供された調査ツールを使用し対象者を抽出し、高額介護サービス費を再計算。

追加支給対象者に連絡の上、追加支給。(4月28日振込)

開発元によるパッケージ本体の改修。

影響額

算定誤りを把握した令和3年12月から時効2年間(令和元年12月~令和4年1月サービス利用分)

対象世帯 26世帯(29人)

延支給件数 247件

影響額(支給不足額) 265,308円

高額介護医療合算サービス費等その他の影響は無し。

再発防止に向けて

当該サービスに係るシステム改修の可能な限り早期な対応に向け開発元と協議を進める。

今後のシステム改修に当たって変更点の分析などの確認を更に徹底を図る。

このページに関するご意見・お問い合わせ

市民福祉部福祉支援室介護高齢福祉課介護認定給付係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4151、0155-65-4152 ファクス:0155-23-0163
ご意見・お問い合わせフォーム