障害者福祉・高齢者福祉・介護保険

障害者生活支援センターについて

 障害者生活支援センターは、帯広市が運営する地域活動支援センターです。
 在宅身体障害者を対象とする事業(書道、陶芸、卓球、革工芸、体力向上トレーニング事業)と、障害を持っているすべての市民を対象とする事業を実施しています。

 

事業名 内容 詳細
基礎的事業 書道、陶芸、卓球、革工芸

下部「基礎的事業」をご覧ください

機能強化事業 体力向上トレーニング

下部「機能強化事業」をご覧ください

その他の事業 創作活動や講義など 毎回、広報おびひろなどで参加者を募集します。

このページでは実施した様子を紹介しています。

 

基礎的事業(書道・陶芸・卓球・革工芸教室)

  • 身体障害者の身体機能の維持・回復を図り、また、交流や社会参加の促進など生きがいつくりを目的として実施しています。
  • 前期(4月から9月)と後期(10月から3月)において、おおむね毎週行われています。

基礎的事業の内容

講 座  曜日・時間 定員 自己負担
(材料費等)
準備していただくもの
書 道
(ペン字) 
火曜日
10時から12時
15名 自己負担なし 半紙・墨汁・筆、すずり・文鎮などの書道道具
陶 芸 火曜日
13時半から15時半
15名 2ヶ月ごとに500円 エプロン・粘土を包むタオル
卓 球 水曜日
10時から12時
20名 半年で600円
(保険料含む)
ラケット・室内用運動靴
革工芸 水曜日
13時半から15時半
15名 毎月1,000円 エプロン・お手拭き

基礎的事業の対象者

18歳以上の帯広市民の方で、次のいずれかに該当される方

  • 身体障害者手帳の交付を受けている方
  • 障害者総合支援法の対象疾病または指定難病の認定を受けている方

※常時介護、医療が必要な方はお断るする場合があります。詳しくはお問い合わせください。

基礎的事業の募集期間及び申込み方法

  • 前期については広報おびひろ3月号、後期については広報おびひろ9月号において、募集期間をお知らせします。
    また、OCTV市役所だよりや本庁窓口等においても募集内容を掲示しております。
  • 初めて申し込む方は事前に見学をお願いしております。募集前から見学が可能ですので、お申し出ください。
  • 申込書に必要事項を記入のうえ、市役所障害福祉課に提出してください。
    ※障害者生活支援センターでも、申込書の提出のみ受け付けております。(電話は受け付けておりません)
  • 申込書は市役所障害福祉課及び障害者生活支援センターの窓口での配布のほか、こちらから申請書をダウンロードできます。[PDF] (80KB)

 

機能強化事業(体力向上トレーニング事業)

 在宅で過ごす身体障害者の方の地域生活の支援及び地域活動の促進を図ることを目的としたトレーニング事業です。
 それぞれの身体や障害の状態にあわせてトレーニングを実施できます。お気軽にご相談ください。

機能強化事業の内容

(1)定例トレーニング(月曜・木曜の午前と午後、火曜の午後、金曜の午前)
 トレーニングマシンを使用したり、広いフロアで筋肉や体力をつけたり姿勢や体の動きを良くするためのトレーニングを行います。
 午前は10時〜11時30分、午後は13時30分〜15時まで実施しています。

(2)栄養実習(年2回)
 栄養を中心としたテーマで管理栄養士が講義および実習形式で行います。
 ※材料費は利用者負担となります。

(3)課外研修(年2回)
 社会参加の拡大に向けて、バスで移動し、さまざまな施設の見学や体験を行います。
 ※昼食代、施設見学料及び傷害保険料は利用者負担となります。

▼日程の詳細は、次の資料をご覧ください。
【平成30年度】機能強化事業カレンダー (79KB)

機能強化事業の対象者

18歳以上の帯広市民の方で、次のいずれかに該当される方

  • 身体障害者手帳の交付を受けている方
  • 障害者総合支援法の対象疾病または指定難病の認定を受けている方

※就労などが困難な方を対象とした事業です。また、常時介護、医療が必要な方はお断りする場合があります。詳しくはお問い合わせください。

機能強化事業の定員

 事業を安全に実施するため、各回(曜日・時間)に定員があります。
 定員に空きがない場合は、新規利用希望者は待機していただきます。
 現在の利用状況(定員の余裕の有無)についてはお問い合わせください。

(参考)利用状況 平成30年8月1日現在

 
午前
空きあり
空きあり
空きあり
午後
空きあり
空きあり
空きあり

機能強化事業の利用方法

  1. 新しく利用を希望される方はお問い合わせください。定員に対する利用者数の状況確認、事前見学の日程を調整します。
  2. 利用申請前に、事前見学をしていただきます。
  3. 利用申請をしていただきます(事前見学と同時に申請することも可)。
  4. 利用の可否を判断するため、職員と面談し、身体状況を確認します。
  5. 必要時、利用の可否について、医師に確認していただきます(所定の様式を提出していただきます)。
  6. 必要な確認が完了した後、利用決定(却下)について郵送等で通知します。
  7. 事業の利用を開始します。初回利用時に、注意事項等について職員が説明します。

 

その他の事業

ここでは基礎的事業、機能強化事業以外に障害者生活支援センターで実施した事業の様子を紹介します。
各講座の画像をクリックするとPDFファイルをご覧いただけます。
各講座の参加者募集については、広報おびひろなどに掲載しています。

 

お楽しみクリスマス会を実施しました

 実施日:平成30年12月1日(土)
 場 所:保健福祉センター
 

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市保健福祉部障害福祉課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4147
  • FAX:0155-23-0163

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 帯広泌尿器科
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • 株式会社 新生
  • 広告を募集しています